ファンの皆様からいただいたコメント

鈴鹿での記念すべき30回目の大会となる2018 F1日本グランプリ。これまで支えていただいたファンの皆さまへの感謝の気持ちを込めた30回記念大会にどうぞご期待ください。
ファンの皆さまから来年の「30回記念大会に期待したいこと」コメントをいただきましたので、一部をご紹介いたします。

鈴鹿への思い出は90年の時からです。初めて鈴鹿へ行ってセナの走りを初めて観て震えが止まらない程の感動からでした。あれからずっと1人で通いそして2人に…新たな生命共に来た2008年、そして3人となり鈴鹿との歴史と共に歩んで来たように思えます。
鈴鹿にはいつもスーパースターがいました。ファンは憧れその姿を見ようと鈴鹿へ集い熱狂の中毎年のレースに心震えました。いつも歴史の中に鈴鹿サーキットがあると思います。
親から子へそして孫へ伝えられる日本の誇り鈴鹿サーキットはいつも歴史の中で輝いているサーキットです。
30回記念大会も日本のファン、世界中のファンが楽しめて熱狂出来る大会を希望します。
セナが愛した鈴鹿サーキット、神が宿る鈴鹿サーキット、最高のスタッフ、最高のファン、皆んなが1つになれる大会になればいいですね。
新たな挑戦!悲しみも、喜びも、感動も、落胆も全て素直に受け止める!それがF1!それが鈴鹿の挑戦なんだ!
2018年、鈴鹿サーキットは新たな挑戦を始めると思います。これからも世界中のファンを感動させて下さい。30周年楽しみにしております。

毎回感動をもらっています。新しい世代へもこの感動を伝えて続けてほしいです。またレースから交通整理、グッズ販売、鈴鹿市全ての方に感謝を伝えたいです。ファンも関係者も一体のグランプリに期待しています。

イメージ写真

私が初めて鈴鹿へ来たのは2010年の日本グランプリでした。モータースポーツ大好きな彼に誘われて初めて見たF1マシン、サーキット場、音や匂い、ファンの方々の応援する姿…一目で虜になりました!こんな楽しいところがあったのかと感動したのを覚えています。こんなに楽しい鈴鹿が近くにあることすごいレースをたくさんしていること、もっともっと見てほしいと思います!

1年の中で1番興奮するF1日本グランプリweek!記念すべき30回目のグランプリでは、眠れなくなってしまうくらいウキウキワクワクする様な盛り上がるイベントを期待しています!!!

イメージ写真

2014年から毎年来場して、楽しんでいます。来年も是非、行きたいと思っています。F1を見始めたのは、中島悟選手が参戦した頃からです。鈴鹿にいけるようにやっとなり、今年はオーストラリアにも行きました。オーストラリアには、開幕戦としての華やかさがあり、良かったのですが、鈴鹿には、コンパクトで、様々なドライバーのトークショーがあり、楽しいです。期待したいコトは、そのドライバーのトークショーを、もっと身近にしてほしいな、と思います。そして、日本らしいお土産限定品、今年の招き猫、良かったです、是非、来年も日本らしさ、期待してます。

鈴鹿が鈴鹿であり続けることですね。ドライバーとファンとの距離感、マシンと観客席との一体感。これぞSUZUKA!

純粋にF1が好き、ミーハーにイケメンドライバーが好き、マシンオタク、遊園地大好きー、写真オタク、誰でも胸を張って楽しんで観戦できる30回大会を期待します。

イメージ写真

1998年に初めて日本グランプリに行きました。高校生時代からF1を見始め、神奈川県に住む私としては『三重県鈴鹿市』というとはとても遠く感じました。実際初めて来た時は、決して近いものではありませんでした。が、1998年か2017年まで毎年来ています。それは何故か。『鈴鹿』という町がとても素晴らしかったからです。
SUZUKAサーキットはコースも知名度は世界的にも一流です。それと同じように【鈴鹿の町、人】も素晴らしいです。鈴鹿が素晴らしいのはサーキットだけでなく、町や人、全てだよ。という事を日本、海外、全てのお客様に知ってほしいです。ぜひ、【SUZUKAグランプリ】を開催してほしいです。30回開催、おめでとうございます。

私が期待することは全車完走+多くのオーバーテイクです!近年「若者の車離れ」が言われている中でも、多くのファンが全国各地から集まってきています。そしてその中には初めて来場する方も多くいらっしゃるでしょう。その方達に「今年は来て良かった!来年も来たいな」と思って頂けきたいです。そのための要素として全車が無事にレースを終えること、そして最後まで分からないレース展開を期待します!

これからも四輪モータースポーツ最高峰のマシン、最高峰パイロットで開催する日本グランプリを期待します。応援しているみんなを感動させて下さい。

イメージ写真

小学生の頃テレビで鈴鹿をセナが駆け抜けるの観てワクワクし興奮したのを今でも覚えます。そして同時にモータースポーツに興味を持ち車好きになったのもこの頃でした。最近では車離れや車に興味を持たない若者が増えたと言われてますが、名ドライバーが数々のドラマを繰り広げた伝統の鈴鹿でのレースを見てワクワクし興味を持つ若者が増えてくれる事に期待します。

F1日本グランプリ30回記念大会は今まで以上の「お祭り」になることに期待してます!30年前から観戦してるファンも2018年から観戦のファンも、レース関係者も鈴鹿サーキットのスタッフの方々もみんなで楽しめる30回目の「F1日本グランプリ」になれば最高ですね!各回で活躍したマシンやドライバーが勢揃いなんてあれば良いかもしれません!楽しみにしてます!!

今まで幾度のバトルと感動を与えてくれた鈴鹿!私も現地で何度もチャンピオン決定を見てきました。ドライバーズサーキット鈴鹿は、30回大会も新しい伝説が生まれるような期待感もあり楽しみです。30回大会も現地に行きます。

イメージ写真

1994年に初めてF1観戦に行きました。それまで遠距離でそこまでして生で見なくてもテレビでいいと思っていましたが、親友がチケットを手に入れて、どうしても一緒に行こうと言うので行きました。そこでまず、あのエンジン音に鳥肌が立つほど感動して翌年から、いやがる嫁さんを説得して子供も連れて今まで24回(富士も含めて)、今では、家族全員大好きで毎年、チケットを手に入れる瞬間から気分は一年中F1です。来年は、30回記念(私たちも25回)と言う事でレジェンドF1(V12/V10)のデモ走行を5周くらいにして当時を知らない人にもあの迫力のエンジンサウンドを聞かせてもらいたいと思います。今後も40回、50回と続きますように心より応援いたします。私たちも身体が、この遠距離に耐えられる内は、観戦に行きます。

F1日本グランプリ30回大会、おめでとうございます!30年前私は7歳でした。きっと、F1の世界はすでに動いていたんだよね…!!気がついたらもう、鈴鹿サーキットにいた。ドライバー追っかけたり、レースみて本気で泣いたり、めちゃめちゃ感動したり…。また、気がついたら、私の子供達がおんなじ事してる笑!!何年経ってもF1の感動は引き継がれていくんだね!30回目、また誰かを感動させるんだ!私は沢山の人を笑顔にしてくれる、F1に期待します!

イメージ写真

約12年ぶりに今年鈴鹿サーキットに帰還!そこで感じた事は、サーキットからの『お帰り!』との声を掛けられているかのような、懐かしい壁や、通路、そして、なんと!大きくなったシケイン2階席や、逆バンクに抜けるトンネルの美しさに驚きながら、やっぱり鈴鹿サーキットは、いいなと、涙しそうでした!

F1日本GPといえば、「鈴鹿サーキット」というふうにF1開催を続けて頂きたいです。応援しています。

イメージ写真

初めて来たのは1998年でした。2度目の1999年からは車中泊で観戦してました。(今はホテルを利用していますが)
当時、夜中までサーキットを眺めてて、関東から憧れの地に来て、ずーっとこの景色を眺めていた興奮はまだ忘れられません。
グランプリスクエアでも夜遅くまでライブをやっていた時もありましたね。
毎年毎年興奮朝から晩まで興奮していました。来年も、【興奮冷めやまぬ】日本グランプリを楽しみにしています。今年も楽しかったです。また来年必ず来ます!!LOVE!! SUZUKA CIRCUIT.

初めて観戦しました!F1大ファンの旦那の付き添いで、そこまで乗り気ではなかったのに、終わってみれば まだ帰りたくない!ここ何年かで1番楽しかった!と思える週末でした!一気にF1ファンです
というのも、レースの迫力や内容が面白かったのはもちろん、鈴鹿サーキットのスタッフの皆さんが、遊園地の方のスタッフの方々までみんな素晴らしい まさに 神対応な接客をされていたことが大きかったです。
楽しい時間をありがとうございました!来年も是非観戦したいです!!
こんなに楽しいのに、やってることすら知らない人が多すぎるんだと思います…特に若者層。それが残念で残念で。
期待しています!ありがとうございました。

イメージ写真

私は大学2年生の時の2011年より鈴鹿サーキットへ初めて行きF1を観戦し、感動を覚え今年まで毎年欠かさずに参戦しています。可夢偉選手の表彰台には本当に感動しました。今後期待することはもっとファンドライバーと近いグランプリを希望します。毎年木曜日にはドライバーズサイン会やその他曜日でもドライバーズトークショーが行われていますが、人も多くあまりドライバーと近いイメージが個人的にはありません。その為木曜日だけでなく金曜日、土曜日、日曜日等でもサイン会の場を抽選でも良いので設け、1人でも多くのファンとドライバーとが接する時間がほしいです。また、今年行われたクラフト選手権を拝見し、ファンの皆さんの作品を拝見、感動したため、来年は私も応募したいと考えています。そのため、来年もクラフト選手権の開催を強く希望します。長くなりましたが以上です。毎年楽しいグランプリをありがとうございます。また今後も期待しています。

30回開催も8耐40回大会もすごい事だと思います。いちモータースポーツファンとして、鈴鹿は世界に誇れるサーキットであり、遊園地あり、ホテルありでファミリーでもガッツリ楽しめます!
2018はもっともっとF1を身近に感じれて、未来を背負う子供達にF1の、モータースポーツの楽しさ素晴らしさを感じてもらえるイベントが増えるといいなと思います

家族なかなか揃わない中毎年家族が揃うのはこのF1 鈴鹿の日です。いつも多忙で忙しいお父さんがすごく楽しそうにしてるのがすごく嬉しいんです。

イメージ写真

2017年の日本GPも家族で楽しまさせていただきました。30周年の2018年はレースもさることながらGPスクエアーのブースでのイベントの盛り上げに期待をしています。来年も必ず参戦します。よろしくお願いします。(^_^)v

去年F1に初めて行きました。とても迫力があり面白かったです。1番すごいと思ったのがF1のお祭り感です。あんなに楽しいのにとても観客が少ないと思いました。なので30回の記念大会にはもっと観戦客を増やして欲しいと思いました。来年も必ずいきます!!

他のサーキットには無い鈴鹿らしさを最大限に出して欲しいと思う。更に、30周年という事で次のステップに踏み出す通過点としての30年にしてほしい。あと何十年、何百年と愛されるサーキットにする為に そこに居る人達が例え車が一台も走っていない時でも時間を忘れてしまう様なそんなイベントに…
世界に誇れる鈴鹿を更に盛り上げる、そこに居た全ての人々が何年か後に「あの時の鈴鹿は凄かった!」と胸を張って言えるようなそんな時間を創り上げて下さい!

両親は鈴鹿でF1を開催されてからずっと来ています。自分も今年25歳になりましたが23回来ています。鈴鹿で開催される限りずっと来ます!鈴鹿は世界に誇れるサーキットです。マーシャル、サーキット運営の皆さんや裏方の皆さんをいつもここ誇りに思います。これからも1年でも長くF1を開催して下さい!よろしくお願いいたします!

F1日本グランプリは25年観戦してます。毎年楽しみにしています。ドライバーとファンがもう少しふれあう機会があると良いと思います。40回、50回へと繋がるよう期待しています。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ