世界を目指すライダーや
レースを楽しむライダー集結!

鈴鹿サンデーロードレースとは…

鈴鹿サンデーロードレースに参加するライダーは、MFJが発給するフレッシュマンライセンス〜国際ライセンスを所有するライダーたち。彼らはこの鈴鹿サンデーロードレースでウデを磨き、技を競い合いながら、国内最高峰の全日本ロードレースへの昇格を目指している。鈴鹿サンデーロードレースは、全日本ロードレース選手権、さらには世界を目指すライダーの登竜門となっているのだ。

閉じる

Round

Round1
4月7日(日)西コース
Round2
6月8日(土)・9日(日)フルコース
Round3
7月14日(日)東コース
Round4
9月22日(日)東コース
Round5
11月1日(金)・2日(土)フルコース
(全日本ロードレース併催)
最終戦
11月30日(土)・12月1日(日)フルコース
(第55回 NGKスパークプラグ杯)

Information

開催クラス

・JSB1000<<8耐トライアウト>>
・鈴鹿インター JSB1000/鈴鹿・近畿ナショナル JSB1000
・鈴鹿インター ST600 /鈴鹿・近畿ナショナル ST600
・鈴鹿ST600R(Revival)
・鈴鹿インター J-GP3 /鈴鹿・近畿ナショナル J-GP3
・鈴鹿インター JP250 /鈴鹿・近畿ナショナル JP250
・CBR250R Dream Cup エキスパートクラス
・CBR250RR Dream Cup

車両解説

CBR250R Dream Cup エキスパートクラス/CBR250RR Dream Cup
Honda CBR250R/CBR250RRのワンメイクで争われるカテゴリー。
ステップアップを目指す若手ライダーや継続してレースを楽しむベテランライダーまで実に多くのライダーがエントリーする人気クラスである。
最終戦のNGK杯では各地のランキング上位者のみで争われるHRC グランドチャンピオンシップも開催され、大いに盛り上がりを見せる。
JP250
以前のST250クラスを発展させたクラス。市販車ベースのマシンで争われる。
2017年からはこのJP250で4時間耐久レースが始まった。軽量級ながら本格的な耐久レースは鈴鹿4耐〈ST600〉そして鈴鹿8耐へと続いていく鈴鹿耐久レースの入口となっており今後も注目のクラスだ。
J-GP3
小排気量クラスとして全日本ロードレース選手権から鈴鹿サンデーロードレースまで、人気の高いクラスである。
「レース専用車」が用いられている。コンパクトサイズの車両は、ベテランライダーからティーンエイジャーまで幅広い年齢のライダーから支持を受けている。
高いコーナリングスピードを維持しながらいかに速く曲がるか、小排気量クラスならではの高い技量が求められるレース。
ST600
J-GP3がレース専用車で争われるのに対し、このST600は一般公道市販車両をベースに行なわれる。主力を形成するのは国内4メーカーが早いサイクルで新規車両を投入している。
全日本への足がかりとなるハイレベルなクラス。「ST」は出荷状態を表す「STOCK(ストック)」の略称で、改造範囲が厳しく制限されているのが特徴となっている。
現在の鈴鹿4時間耐久ロードレースは、このST600、ST600Rで争われるのだ。
ST600R
世界的に人気の高い600ccのスポーツモデルはモデルチェンジのサイクルが早い。改造範囲が限られているストッククラスでは、新旧モデルの性能差が大きくなってしまうケースも多く、参加台数の多いST600では、旧モデルでの予選通過も難しくなってしまう。
そこで旧モデルだけを参加対象にしたのが、このST600R。
JSB1000
全日本ロードレース選手権の最高峰クラスであるJSB1000は鈴鹿サンデーロードレースでも開催されている。
マシンは国内外5メーカーが販売する4ストローク4気筒1000ccのスーパースポーツモデルが中心で、HondaはCBR1000RR、YAMAHAはYZF-R1、SUZUKIはGSX-R1000、KawasakiはZX-10RR、BMWはS1000RRとなっている。トップスピードはもちろん、そこで求められるライディングテクニックも鈴鹿サンデーロードレース最高峰クラスとなっている。
閉じる
  • ※内容は予告なく変更となる場合がございます。
  • ※料金は総額料金を表示しております。
  • ※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ