鈴鹿サーキット リザルトトップへ
鈴鹿サーキット リザルト

鈴鹿サンデーロードレース
第43回 NGK杯 鈴鹿サンデーロードレース最終戦
ウエストチャレンジカップGP250/鈴鹿・近畿GP250 決勝正式結果表

DATE:2007-12-02 WEATHER : Fine COURSE  : Dry   国際レーシングコース

Pos. No.     Rider Type Team Laps Total Time Delay Gap Best
1 31     渡辺 一樹 ヤマハ TZ250 YSP富士吉田&富岡 10 22'54.761 152.43km/h   R 2'16.117
2 25     福山 京太 ヤマハ TZ250 TDR with T.MOTOKIDS 10 22'59.752 4.991 4.991 2'16.246
3 26     柴原  誠 ヤマハ TZ250   10 23'16.626 21.865 16.874 2'18.270
4 72     水野 那由太 ヤマハ TZ250 TEC.2&OGIYA 10 23'23.873 29.112 7.247 2'19.421
5 11     大岡 友明 ヤマハ TZ250 チーム カナヤ 10 23'26.760 31.999 2.887 2'19.084
6 1     弓場  誠 ヤマハ TZ250 チームカナヤ 10 23'27.054 32.293 0.294 2'18.371
7 43     井上 勝雄 ヤマハ TZ250 チーム モトスペース☆風見鶏 10 23'29.403 34.642 2.349 2'19.696
8 57 鈴鹿 1 齋藤 達郎 ヤマハ TZ250 磐田レーシングファミリー 10 23'30.224 35.463 0.821 R 2'19.695
9 9     大城  光 ホンダ RS250R Oshiro Racing ・ KNT KANETA 10 23'45.063 50.302 14.839 2'20.374
10 46     瀬崎 恭広 ヤマハ TZ250 カメイレーシング&Teamまんだい 10 23'47.421 52.660 2.358 2'20.875
11 33     辻林 憲一 ヤマハ TZ250 チーム モトスペース 10 23'47.489 52.728 0.068 2'21.334
12 38     久保山 正朗 ホンダ RS250R ホンダ浜友会 浜松エスカルゴ 10 23'53.588 58.827 6.099 2'22.102
13 73 鈴鹿 2 岩田 徳男 ホンダ RS250R スクーデリア オクムラ 10 24'12.508 1'17.747 18.920 2'22.359
14 17 鈴鹿 3 長谷川 雄一 ヤマハ TZ250 L・SたかはしRT☆滋賀 10 24'13.252 1'18.491 0.744 2'23.103
15 37     島村 英一郎 ヤマハ TZ250 SP-V・インプラント駒津歯科・ikbs 10 24'25.392 1'30.631 12.140 2'22.985
16 55     笠原 孝浩 ヤマハ TZ250 HOME MADE RACING&CLUB モトラボ EJ 10 24'50.909 1'56.148 25.517 2'27.309
17 18 鈴鹿 4 中野 正広 ヤマハ TZ250   10 24'51.249 1'56.488 0.340 2'27.031
18 19 鈴鹿 5 加藤 高史 ホンダ RS250R Oshiro Racing 9 23'58.102 1Lap 1Lap 2'23.763
 以上 規定周回数完走:
  810     大西  明 オリジナル SAM-26RV-R 大阪SAM'RT'YS'ファクトリー 1 2'26.883 9Laps 8Laps  

ウエストチャレンジカップの順位は総合順位と同一です。

"R"マークの車は、コースレコードを更新しました。従来のコースレコードは (WCC) 2'16.529 (鈴鹿) 2'19.787

Fastest Lap No. 31 渡辺 一樹 YSP富士吉田&富岡 2'16.117 9/10 153.95km/h

規定周回数 7

◎本大会のBATTLE FACTORY "TRY NORMAL" AWARD は、該当者無し。

戻る

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ