鈴鹿サーキット モータースポーツライブラリー

F1日本グランプリレースレポートF1日本グランプリレースレポート

2018 FIA F1世界選手権シリーズ 第17戦
Honda日本グランプリレース 鈴鹿30回記念大会

10月7日(日)決勝レースレポート

完璧なレース運びでルイス・ハミルトンが4連勝を記録し今シーズン9勝目。
バルテリ・ボッタスが続きメルセデスが1‐2フィニッシュを決める

決勝スタートシーン

決勝スタートシーン

ポールトゥウインを果たしたルイス・ハミルトンの走り

ポールトゥウインを果たしたルイス・ハミルトンの走り

表彰式の様子

表彰式の様子

 ポールポジションのルイス・ハミルトン(メルセデス)、2番手のチームメイト、バルテリ・ボッタスの完璧なスタートで第17戦日本グランプリ決勝は始まった。この2台は快調にラップを重ね、後続を引き離して行った。8番手スタートだったセバスチャン・ベッテルが早くも1周目に4位まで浮上するなど驚異的な速さを見せたものの、8周目に前を走るレッドブルのマックス・フェルスタッペンとスプーンカーブで接触してコースアウト。最後尾近くまで後退してしまった。ライコネンもシケインで他車と接触するなど荒れ模様。17周終了で早目のピットインを敢行して追い上げを図ったものの、その後は思うような走りができず5位フィニッシュがやっとだった。

 メルセデスの2人にフェルスタッペンを含めたトップ3台はその後、安定した走りを続け、最後はフェルスタッペンが2位ボッタスに迫るシーンもあったが、そのままの順でフィニッシュ。ハミルトンが今シーズン9勝目を記録。ポイントランキング2位のベッテルとの差をさらに広げ、タイトルにまた一歩近づいた。

 2台揃って予選Q3まで進んで6番手、7番手からスタートし、ダブル入賞(10位以内)も期待されたトロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレー、ピエール・ガスリーだったが、ハートレーがスタートに失敗して後退。さらに2台ともピットインのタイミングが悪く、タイヤを交換してコースに戻った時、遅いマシンに前方を塞がれる形になってしまい後退。ガスリーが11位、ハートレーは13位に終わり、ともに入賞は叶わなかった。

決勝トップ3コメント

■優勝 ルイス・ハミルトン(メルセデス)
『本当に最高のレースだった。今シーズン前半は苦戦したこともあったが後半に向けてどんどん良くなってきた。今年はこれまでのどのシーズンよりも楽しめている。優勝するたびに最高の気持ちになるよ。今は僕たちのパフォーマンスが一番だと思う。本当に素晴らしいクルマを作ってくれたチームのおかげ。みんなにありがとうと言いたいよ』

■2位 バルテリ・ボッタス(メルセデス)
『予選も決勝もこの週末はすばらしかった。ただタイヤに問題があっていたわりながら走ったよ。ルイスにおめでとうと言いたい。現在シリーズランキングは3位だけど、まだレースはあるので(タイトルは)諦めていないよ。これからももっと上のポジションを狙っていくよ』

■3位 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
『ベッテルが追い抜ける場所じゃないところに入ってきた。ライコネンとも接触したが、あれで僕が5秒のペナルティを受けたのは信じられない。運よく最後まで走り切ることはできて良かったけど、僕のクルマにも影響はあったよ。でも3位の結果はすごく良かったよ』

10月6日(土)公式予選レポート

予選はルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスのメルセデスが1‐2。
ハミルトンは今シーズン8回目、通算80回目のポールポジション獲得。

 3回目のフリー走行後の午後3時からノックアウト方式の予選が行われた。まずは18分間のQ1が行われ、休憩時間を挟んで15分間のQ2、12分間のQ3へと進み、各セッションでタイムの下位5台が脱落。Q3は上位10台による迫力のタイムアタックが展開される。

 やはり速かったのはメルセデスのルイス・ハミルトン。予選前に行われた3回目のフリー走行ではフェラーリのセバスチャン・ベッテルに迫られるシーンもあったが、きっちりとトップタイムを記録すると、予選Q1もただひとり1分28秒台に入れる1分28秒702でトップ。Q2こそチームメイトのバルテリ・ボッタスにトップを譲ったが、小雨が降りだし、それが強くなっていったQ3では圧倒的な1分27秒760。2番手ボッタスに0秒299の差をつけて、今シーズン8回目、通算80回目のポールポジションを獲得。3番手にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが入った。

 Q1ではセバスチャン・ベッテルが2番手とハミルトンに迫ったフェラーリ勢だったが、Q3ではタイヤ交換のタイミングが悪く、タイムを上げられないまま雨が強くなって万事休す。キミ・ライコネンが4番手、ベッテルは9番手に終わった。

 今季2勝しているレッドブルのダニエル・リカルドはQ2でトラブルが発生。15番手に終わった。

 HondaがニュースペックのPU(パワーユニット)を投入し注目されたトロロッソ・ホンダは2台揃ってQ3に駒を進め、小雨の降る中、ベストのタイミングでタイムアタックを行い、ブレンドン・ハートレーが6番手、ピエール・ガスリー7番手タイムをマークした。決勝はそれぞれ3列目、4列目からのスタートととなり、上位入賞の期待が高まる。

予選トップ3コメント

■ルイス・ハミルトン(メルセデス)
『予選はタイミングが全てだった。チームの動きはすばらしく完全にノーミスだった。Q1からクルマはすごく良かった。Q3は雨がひどくヘルメットのバイザーに水が溜って前が見えなくなって不安だった。今週はウェット路面では走ってないからね。でもチームはどんな状況でも慌てずに落ち着いて作業した。コミュニケーションもすばらしかった』

■バルテリ・ボッタス(メルセデス)
『今年を振り返っても今回の結果はベストだと思う。これ以上ない完ぺきなパフォーマンスだった。タイヤも良くて乗り心地も良かった。予選1-2を獲得できチームを大変誇りに思っているし、ハミルトンにも8回目のポールポジションおめでとうと言いたい』

■マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
『昨日までクルマのセットアップに満足していなかったけど、調整して今日はいい仕上がりになった。明日はトップ2について行くようなレースになると思う。彼らと戦うことは正直難しいからね。フェラーリも決勝では上がってくると思う。後方を注意しながら前にプレッシャーをかけるレースをしたい』

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ