できた!が、いっぱい。失敗したのは挑んだからだ!

誰かが言っていた。成功の反対は挑戦しないこと。
挑戦すれば失敗するけど、失敗があるから「できた!」もあるんだ。
モートピアには、子どもたちの成長に合わせた
様々な難易度のアトラクションが全30種!
安全に、真剣に、モートピアで挑戦する子どもたちの
失敗を見守ろう。ここは、失敗できるゆうえんち。

三重大学教育学部教授コラム 教えて富田先生!失敗に挑む大切さ 失敗を恐れないこと!遊びこめる機会が減っているからこそ、モートピアへ

「失敗できるゆうえんち」って、どういうこと???

失敗は、できたの母!だと思うんです。

「成功」の反対ってなんだともいますか?それは「失敗」ではありません。
成功の反対は「何もしない」こと。

子どもたちは、発達の過程で、トライアンドエラーを繰り返すことによって学んで成長していきます。逆に言えば、成功のためには、必要な挑戦には失敗が必ず伴います。むしろ、失敗こそが挑戦の証であり、「できた!」につながる証なのです。

だから、失敗はできたの母!。お子さんには、思い切ってどんどん失敗させましょう。
モートピアは「失敗できるゆうえんち」として、発達心理学的な視点からもお勧めできます。

え!?子どもに失敗させたほうがいいんですか?

上手に失敗を見守ってあげるのも親の大切な役割です。

もちろん、なんでもかんでも失敗させよう!というのは、よくありません。
子どもにとって、ちょっと挑戦すればできるようなちょうどいい課題があるのが大事なところ。

実はいま、家庭や教育現場で失敗を過度に恐れるあまり、子どもたちが挑戦する機会が少なくなっていると言われています。
これは、親の考え方だけでなく、外でボール遊びがしづらくなってきたり、子どもだけで遊びに行きづらくなっていたり、世の中の環境の変化の影響もあります。
だからこそ、親の役目として、子どもが積極的に失敗ができる環境を用意したり、子どもだけで夢中になって挑戦する機会を作ってあげたりして、挑戦を見守ってあげることを意識すると良いでしょう。

普段は、失敗をさせないようにケアしてあげていたけど・・・
ダメだったのかしら???

すぐにあきらめない、挑戦する気持ちのある子どもになって欲しいですよね。

もちろんダメではありません。
ただ、あまりにも親に守られていたり、親の価値観だけで「良い悪い」を判断してしまうのも、発達的には良くないのでは?

子どもはもともと成長してく力をもっているものです。
親ができるのは、そのチカラを信じて伸ばしてあげることだと思います。
でも、子どものころに失敗を乗り越える経験をしていなかったり、親の価値観だけで育てられていると、子どもの自主性が失われていってしまうのが心配です。
自尊心が低い子どもや、すぐにあきらめてしまう子どもになる可能性があります。

子どもの成長にイイこと満載!コラムの続きはこちら

教育心理学の視点で、モートピアのいいところを、教えてください!

子どもが真剣になって、何度でも挑戦できる環境がモートピアにはあります。

モートピアの乗り物の良いところは、環境と自分の行動に関わりがあるところ。
すべての乗り物に「操作」する機能が備わっているため、自分の挑戦によって結果が変わります。

例えば、新しくできたバイクアトラクションでは、アクセルを握らなければスタートすらしません。
これは受動的に体験するだけのアトラクションとは大きな違いです。
もちろん、最初はうまくいかないことも多いと思いますが、だからこそ失敗を経て「できた!」時の達成感は大きく、自ら挑戦する子どものマインドが育つと考えられえます。
親に言われたからではなく、自らの意思でチャレンジできる「失敗を恐れない子ども」に育ってくれるといいですよね。
そういった経験をした子どもたちは、自尊心が高くなり、より難しい課題に対しても積極的に挑戦する姿勢が育ってくると言われています。

一人の親として、子どもの真剣な姿にグッときました。

これは教育心理学者としての意見というよりは、一人の親としての意見なのですが、親から離れて真剣に挑戦する子どもの姿を見ることができるのも、モートピアの魅力だと思います。
親同伴の遊びが増えているからこそ、子どもが一人で夢中になって挑戦できるのは貴重な機会だと思います。

例えば、キッズバイクでは、子どもだけバイクを運転します。
列に並びながら説明のボードを読み、ヘルメットやグローブを着けながらスタッフの方からレクチャーを受け、いざコースに出るときには、ニコニコしていた子どもの顔は真剣そのもの。
普段なかなか見ることができない、我が子のちょっと大人びた表情が見れて、グッときてしまいました。

こうした子どもの本気を引き出すコミュニケーション設計ができているのも、モートピアのしかけの一つだと感心しました。

バイクって、転んだり怖くないですか?

安全に失敗できる乗り物がたくさん。

モートピアのもう一つの良いところは、様々な難易度の乗り物があり、さらにその安全性が確認されていることです。
子どもが、何度も失敗しながら、でも達成感を味わえるレベルの乗り物が、かならず見つかります。
そしてテーマパークだからこそ、安全性もしっかり配慮されています。
転んでも痛くない、怪我をしにくい工夫があるからこそ、安心して失敗を見守ることができます。

挑戦できる遊園地で思いっきり遊んで「失敗を楽しんでほしい」

何度でも夢中になって挑戦できる。しかも安全に楽しく!
そういう環境は、ずいぶん珍しくなってきてしまいました。
だから、モートピアのようなテーマパークで思いっきり失敗を楽しむ経験を何度も何度も繰り返すことは、成長にとって非常に良いことだと思います。

子どもたちには、失敗を思い切り楽しんでチャレンジする子どもに育ってもらいたいです。
そうして得た「できた!」という経験値は、人生の強い武器になっていくと思います。

モートピアエントランス「ウェルカムひろば」に巨大カプセルトイMISSIONカプセルBOXが登場!

挑戦や失敗をたくさんして「できた!」ステッカーをGETしよう!

アトラクションを乗りこなせたらもらえる
ライセンスカードを集めると

”できた!”ステッカー入りの
カプセルBOXが回せる!

詳細はこちら

新登場バイクアトラクションを体験したモートピアママ部のみなさんの声

#できたがいっぱい

#我が子が成長中

我が子の成長を投稿しよう!

  • mya.i137
  • rina0927rn
  • makiko.721
  • niconicotomo
  • ____pir.y.o
  • mocchi_1126
  • yuuukko321
  • akane123mama

できた!が、いっぱい。失敗したのは挑んだからだ!

誰かが言っていた。成功の反対は挑戦しないこと。
挑戦すれば失敗するけど、失敗があるから「できた!」もあるんだ。
モートピアには、子どもたちの成長に合わせた
様々な難易度のアトラクションが全30種!
安全に、真剣に、モートピアで挑戦する子どもたちの失敗を見守ろう。ここは、失敗できるゆうえんち。

三重大学教育学部教授コラム 教えて富田先生!失敗に挑む大切さ 失敗を恐れないこと!遊びこめる機会が減っているからこそ、モートピアへ

「失敗できるゆうえんち」って、どういうこと???

失敗は、できたの母!だと思うんです。

「成功」の反対ってなんだともいますか?それは「失敗」ではありません。
成功の反対は「何もしない」こと。

子どもたちは、発達の過程で、トライアンドエラーを繰り返すことによって学んで成長していきます。逆に言えば、成功のためには、必要な挑戦には失敗が必ず伴います。むしろ、失敗こそが挑戦の証であり、「できた!」につながる証なのです。

だから、失敗はできたの母!。お子さんには、思い切ってどんどん失敗させましょう。
モートピアは「失敗できるゆうえんち」として、発達心理学的な視点からもお勧めできます。

え!?子どもに失敗させたほうがいいんですか?

上手に失敗を見守ってあげるのも親の大切な役割です。

もちろん、なんでもかんでも失敗させよう!というのは、よくありません。
子どもにとって、ちょっと挑戦すればできるようなちょうどいい課題があるのが大事なところ。

実はいま、家庭や教育現場で失敗を過度に恐れるあまり、子どもたちが挑戦する機会が少なくなっていると言われています。
これは、親の考え方だけでなく、外でボール遊びがしづらくなってきたり、子どもだけで遊びに行きづらくなっていたり、世の中の環境の変化の影響もあります。
だからこそ、親の役目として、子どもが積極的に失敗ができる環境を用意したり、子どもだけで夢中になって挑戦する機会を作ってあげたりして、挑戦を見守ってあげることを意識すると良いでしょう。

普段は、失敗をさせないようにケアしてあげていたけど・・・
ダメだったのかしら???

すぐにあきらめない、挑戦する気持ちのある子どもになって欲しいですよね。

もちろんダメではありません。
ただ、あまりにも親に守られていたり、親の価値観だけで「良い悪い」を判断してしまうのも、発達的には良くないのでは?

子どもはもともと成長してく力をもっているものです。
親ができるのは、そのチカラを信じて伸ばしてあげることだと思います。
でも、子どものころに失敗を乗り越える経験をしていなかったり、親の価値観だけで育てられていると、子どもの自主性が失われていってしまうのが心配です。
自尊心が低い子どもや、すぐにあきらめてしまう子どもになる可能性があります。

子どもの成長にイイこと満載!コラムの続きはこちら

教育心理学の視点で、モートピアのいいところを、教えてください!

子どもが真剣になって、何度でも挑戦できる環境がモートピアにはあります。

モートピアの乗り物の良いところは、環境と自分の行動に関わりがあるところ。
すべての乗り物に「操作」する機能が備わっているため、自分の挑戦によって結果が変わります。

例えば、新しくできたバイクアトラクションでは、アクセルを握らなければスタートすらしません。
これは受動的に体験するだけのアトラクションとは大きな違いです。
もちろん、最初はうまくいかないことも多いと思いますが、だからこそ失敗を経て「できた!」時の達成感は大きく、自ら挑戦する子どものマインドが育つと考えられえます。
親に言われたからではなく、自らの意思でチャレンジできる「失敗を恐れない子ども」に育ってくれるといいですよね。
そういった経験をした子どもたちは、自尊心が高くなり、より難しい課題に対しても積極的に挑戦する姿勢が育ってくると言われています。

一人の親として、子どもの真剣な姿にグッときました。

これは教育心理学者としての意見というよりは、一人の親としての意見なのですが、親から離れて真剣に挑戦する子どもの姿を見ることができるのも、モートピアの魅力だと思います。
親同伴の遊びが増えているからこそ、子どもが一人で夢中になって挑戦できるのは貴重な機会だと思います。

例えば、キッズバイクでは、子どもだけバイクを運転します。
列に並びながら説明のボードを読み、ヘルメットやグローブを着けながらスタッフの方からレクチャーを受け、いざコースに出るときには、ニコニコしていた子どもの顔は真剣そのもの。
普段なかなか見ることができない、我が子のちょっと大人びた表情が見れて、グッときてしまいました。

こうした子どもの本気を引き出すコミュニケーション設計ができているのも、モートピアのしかけの一つだと感心しました。

バイクって、転んだり怖くないですか?

安全に失敗できる乗り物がたくさん。

モートピアのもう一つの良いところは、様々な難易度の乗り物があり、さらにその安全性が確認されていることです。
子どもが、何度も失敗しながら、でも達成感を味わえるレベルの乗り物が、かならず見つかります。
そしてテーマパークだからこそ、安全性もしっかり配慮されています。
転んでも痛くない、怪我をしにくい工夫があるからこそ、安心して失敗を見守ることができます。

挑戦できる遊園地で思いっきり遊んで「失敗を楽しんでほしい」

何度でも夢中になって挑戦できる。しかも安全に楽しく!
そういう環境は、ずいぶん珍しくなってきてしまいました。
だから、モートピアのようなテーマパークで思いっきり失敗を楽しむ経験を何度も何度も繰り返すことは、成長にとって非常に良いことだと思います。

子どもたちには、失敗を思い切り楽しんでチャレンジする子どもに育ってもらいたいです。
そうして得た「できた!」という経験値は、人生の強い武器になっていくと思います。

モートピアエントランス「ウェルカムひろば」に巨大カプセルトイMISSIONカプセルBOXが登場!

挑戦や失敗をたくさんして「できた!」ステッカーをGETしよう!

アトラクションを乗りこなせたらもらえるライセンスカードを集めると

”できた!”ステッカー入りの
カプセルBOXが回せる!

詳細はこちら

新登場バイクアトラクションを体験したモートピアママ部のみなさんの声

#できたがいっぱい

#我が子が成長中

我が子の成長を投稿しよう!

  • mya.i137
  • rina0927rn
  • makiko.721
  • niconicotomo
  • ____pir.y.o
  • mocchi_1126
  • yuuukko321
  • akane123mama
もっと見る

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ