鈴鹿サーキットレーシングスクール
鈴鹿サーキットレーシングスクール  > 鈴鹿サーキットレーシングスクール SRS-Moto
鈴鹿サーキットレーシングスクール SRS-Moto
モーターサイクルで世界を目指せ!

『鈴鹿サーキット・レーシングスクール・モト(SRS-Moto)』9歳から入校可能なこのスクールは三段階で構成しています。
『SRS-Motoベーシック』ではコースを走行する上で必要なルールやマナーを学び、少しずつレベルを上げていきます。
操縦技術が身に付いたら、いよいよ本格的な走行に入り、スライド感覚を養うフラットトラックの走行などを経て、最終的には南コースでの実践形式の練習走行を行ないます。
一定の条件を満たした当該年度ベーシック修了生は『SRS-Motoアドバンス』へステップアップし、国際レーシングコースでの練習を積み、公式戦へ参加します。
一年を通して優秀な成績を納めた生徒には、次年度公式戦へ参加するスカラシップが与えられます。
※スカラシップは該当者のない場合もあります。

SRS-Motoベーシック概要
◆スクール名称
SRS-Motoベーシック
◆対象・年齢
9歳〜20歳
◆定員
15名 ※入校希望者が定員を超える場合には選考
◆開校期間
3月〜12月・26日間/年
◆受講料
年間620,000円(消費税別)
※車両貸与・メンテナンス・宿泊・食事・SMSC入会金・年会費・MS共済会費含む
◆入校申込
入校説明会へのご参加が必要となります(要予約)
毎年11月〜12月に開催(予定)
◆スクール車両
オンロード CBR250R・CBR150・NSF100(体格技能により選択)
フラットトラック CRF70・100(体格技能により選択)
◆カリキュラム
ルールとマナー(モータースポーツの基礎知識)
ブレーキング(中速〜高速)
スラローム(パイロン含む)
レーシング走行の基本と応用(安全にスムーズに走る〜走り込み、タイム計測)
模擬レース(スクール内での競技)
スライドコントロール
基礎体力作り
外部専門講師講話
◆講 師
校長:岡田忠之
主任講師:田村 圭二
主任講師補佐:菊池 寛幸
専任講師:野田 弘樹・上田 昇・宮崎 祥司
玉田 誠・亀谷 長純・高橋 裕紀・丹羽 充・丹羽 侑 ほか
特別講師:中野 真矢
>>SRS 講師紹介
◆会員特典
>>詳しくはこちらをご覧ください。(PDF:615KB)
SRS-Moto ベーシック

SRS-Motoアドバンス概要
◆スクール名称
SRS-Motoアドバンス
◆対象
SRS-Motoベーシック卒業生
◆定員
5名
◆開校期間
3月〜12月・26日間程度/年
◆受講料
年間860,000円(消費税別)
◆スクール車両
レンタル車両(NSF250R)、ただしフラットトラックはCRF100をレンタル
◆カリキュラム
国際レーシングコースでの基本と応用(安全に速く走る〜走り込み)
スライドコントロール
レベルにより鈴鹿サンデーロードレースへの参戦
◆お問い合わせ
鈴鹿サーキット テクニカルセンター
〒510-0295 三重県鈴鹿市稲生町7992
TEL:059-378-1617(直通)
お問い合わせはこちらから
SRS-Moto アドバンス

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ