2022年SUPER GT 第3戦鈴鹿 レースレビュー

Photo :T.Ogasawara
 5月29日、2022年シーズンのSUPER GT第3戦『たかのこのホテル SUZUKA GT 300km RACE』の決勝レースが鈴鹿サーキットで行われ、GT500クラスは3番グリッドスタートのCRAFTSPORTS MOTUL Z(千代勝正/高星明誠)が、前戦富士でのクラッシュを乗り越えて優勝。ふたりのドライバーにとってはこれがGT500初優勝であり、今季デビューを果たしたニッサンZ・GT500にとって初優勝となった。
Photo :T.Ogasawara
 快晴のもと、気温は30度、路面温度は50度にも達する夏日のなか、第3戦決勝はスタートを迎えた。ポールポジションスタートのWedsSport ADVAN GR Supra国本雄資が1コーナーのホールショットを守る一方、3番手スタートのCRAFTSPORTS MOTUL Z千代が、フロントロウスタートのKeePer TOM'S GR Supraサッシャ・フェネストラズを2コーナーでオーバーテイクし2番手に浮上。ミシュランタイヤを履くCRAFTSPORTSはウォームアップ性能の良さを活かし、さらにトップの国本の背後に迫ると、130R進入でイン側からオーバーテイク。オープニングラップで早々に首位におどり出る。

 オープニングラップの日立Astemoシケインでは、KeePerフェネストラズがWedsSport国本を攻略し2番手に。さらに、5番手スタートのAstemo NSX-GT松下信治が、2周目の1コーナーでRed Bull MOTUL MUGEN NSX-GT笹原右京を、さらに日立AstemoシケインでWedsSport国本を捉えて3番手に浮上する。

 序盤から各所で激しいポジション争いが繰り広げられるなか、7番手スタートの12号車カルソニック IMPUL Zが逆バンクコーナーでマシンを止めたことでフルコースイエロー(FCY)が宣言される。4周目にFCY解除を迎えると、Red Bull MOTUL MUGEN笹原がWedsSport国本を攻略し、4番手の座を取り戻す。

 11周目、前日土曜日の公式練習終盤にフロントから出火し、予選出走が叶わずに徹夜の修復を経て最後尾スタートとなったZENT CERUMO GR Supraが決勝でもエキゾーストから白煙が上がり、S字でマシンを止めることに。その直前には、日立AstemoシケインでGT300クラスのUPGARAGE NSX GT3のクラッシュもあり、ここでセーフティカー(SC)が導入されることに。
Photo :T.Ogasawara
 隊列整理を経て15周目にレースが再開されると、レース距離3分の1となる17周目を迎え、各車続々とピットイン。18周目にKeePerが静止時間35.7秒で宮田莉朋へ、21周目にはAstemoが30.6秒で塚越広大へとドライバーチェンジを実施し、AstemoがKeePerの前でコース復帰を果たす。そして22周目にトップのCRAFTSPORTSが静止時間30.0秒で高星明誠にドライバーチェンジ、実質的な首位をキープしてコースに復帰する。
Photo :T.Ogasawara
 レースは折り返しを迎えた28周目、DENSO KOBELCO SARD GR Supraがピットを終えるとAstemoの前の2番手でコースに復帰を果たす。その直後、コース上の破片回収のため、このレース2度目のFCYが宣言される。DENSO、Astemo、KeePerと3台が連なるなか、続く28周目のスプーンカーブ手前でFCY解除を迎えると、Astemo塚越がDENSO中山雄一をアウト側からパスし2番手に。続いてKeePer宮田もバックストレートで中山をかわし3番手を取り戻す。

 トップのCRAFTSPORTS高星が後続を引き離すなか、入賞圏内を目指すMOTUL AUTECH ZがFCY解除のタイミングでGT300車両と接触。34周目には6番手走行中のRed Bull MOTUL MUGEN NSX-GTが2度目のピットインで再びタイヤ4本交換。39周目にも3度目のピットインを敢行し、三度のタイヤ交換を強いられることに。

 そんな40周目、S字カーブでストップしたGT300クラスマシンの回収のため3度目のFCYが宣言されるが、FCY宣言のタイミングでRed Bull MOTUL MUGEN NSX-GT大湯都史樹が、GT300クラスのHACHI-ICHI GR Supra GTに接触しクラッシュ。このアクシデントでFCYは2度目のSCに切り替えられ、各車のギャップがリセットされることに。
Photo :T.Ogasawara
 42周目の隊列整理を経てレースは残り9周で再開。大量リードを失ったCRAFTSPORTS高星は、リスタート後もスパートをかけてチェッカーまで後続を寄せ付けず。CRAFTSPORTS MOTUL Zが前戦のクラッシュからの完全復活を印象付けるトップチェッカーを受け、今季デビューを果たしたニッサンZ・GT500にとっての初優勝を飾った。

 第1スティントを担当した千代勝正は「この3週間、チームがいちから組み出したクルマなど、いろいろな思いのあるレースでした。予選前にマイナートラブルもありましたが、それ以外は本当にクルマも調子が良く、タイヤも今回はミシュランさんがこの暑い鈴鹿で高いパフォーマンスを発揮してくれました。ドライバーがどんなに頑張っても、やはりクルマがないと走れないので、今回はチームの勝利だと思います。この5年間ずっと勝てなかったのが嘘みたいなレースができたので、それは本当にチームと、車両を開発してくださった方々とタイヤメーカーさんに感謝しかないです」とコメント。

 第2スティントを担当した高星明誠は「僕的には気持ちを切り替えて鈴鹿に挑むことができたので、あまり前回のことは意識することはなかったです。ただ、いかんせんトラブルだったり、赤旗などで僕の走行時間がなく、その部分が少し不安な材料ではありましたが、こうして予選と決勝でほぼ完璧なレースができて嬉しく思っています。僕たちもいろいろと波があり難しい部分がありましたが、2カ月は余韻に浸れるということで、次の富士も第2戦と同じく450kmレースではありますが、僕たちは前戦同様にポテンシャルを示すことができると思っています。そして、応援してくれるファンの人たちに良いレースを見せられると思います」と次戦第4戦に向けた意気込みを語った。

 4.549秒差の2位にはAstemo NSX-GT、4.832秒差の3位にKeePer TOM’S GR Supraが続き、第1戦岡山、第2戦富士に続き、GT500クラスは今大会も3メーカーが表彰台を分け合う結果となった。
Photo :T.Ogasawara
 一方のGT300クラスは、ポールポジションスタートのStudie BMW M4(荒聖治/近藤翼)がポール・トゥ・ウイン。2014年からGT300クラスに参戦するBMW Team Studieが念願の初優勝を飾った。

 2022年のSUPER GT、シリーズ第4戦となる次戦は8月6・7日に富士スピードウェイ。続く8月27・28日にはシリーズ第5戦が鈴鹿サーキットで開催される。第4戦と第5戦のレース距離は450kmと、今大会よりも150km長い。それだけに作戦面での自由度が増える一方、エンジン、そしてタイヤへかかる負荷も大きくなる。それだけに第4戦富士、そして第5戦鈴鹿は今大会以上のサバイバルレースとなりそうだ。

 8月27日(土)・28日(日)開催の第5戦、夏の鈴鹿戦のチケットは6月中旬に本ページにて情報公開予定だ。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。