2019 AUTOBACS SUPER GT Round3 SUZUKA GT300km RACE

4コマ漫画で分かるSUZUKA GT 300kmの見どころ

4月某日、東京都内のオシャレなカフェ。2人の女の子たちが、週末に旅行に行こうと計画している模様。今流行りの「女子旅」ってやつですね。よくよく内容を聞いてみると、行き先は…鈴鹿サーキット? SUZUKA 300kmレースを観に行く?? ちょっと詳しくみてみましょう

300kmだからこそ見られるスプリントバトルに注目!

第4話

300kmだからこそ見られるスプリントバトルに注目!

  • いよいよ今週末に開幕するSUPER GT第3戦鈴鹿!以前までの1000kmレースではなくなったため「面白くなくなった……」と思う人もいるかもしれませんが、そんなことは全くありません!

    開催時期が5月に移り、よりタイムが出やすいコンディションになったこともあり、昨年は驚異的なタイムが連発。両クラスでコースレコードが塗り替えられました。今年はGT500、GT300ともにさらに進化しているため、前年を上回るタイムが飛び出す可能性は十分にあります!

    さらに、レース距離が300kmになったことで、予選でのポジションがより重要だと考えるチームが多い様子で、Q1から激しいタイムアタック合戦が展開されるのではないかと思います。つまり、決勝日だけではなく、予選日からも目が離せません!

    普段は、GT500クラスに注目の目がいきがちですが、GT300クラスも今年はアツい!アストンマーティン ヴァンテージGT3やマクラーレン720S GT3などが集結。GT3車両に加えてJAF-GTやマザーシャシー車両も合わせてGT300クラスのバトルにも注目です。

    以前まであった5時間以上にわたる1000kmレースとは違い、約2時間弱で終わってしまう300kmのレースですが、だからこそのドラマと感動、興奮が生まれます。

    今週末は、そのアツいレースを鈴鹿サーキットで堪能してください!

まさに女子会に最適!鈴鹿サーキットはグルメも充実!

第3話

まさに女子会に最適!鈴鹿サーキットはグルメも充実!

  • 鈴鹿サーキットでは、レース開催時はグルメにも力を入れています!特にグランドスタンド裏のGPスクエアには、地元の名産品で作られたグルメを堪能できますし、その種類も非常に豊富。特にレース観戦の際は移動が多いため、どうしても小腹が空きがちですが、そういった時に欲しくなる軽食なども取り揃えてあります。

    さらにホテルエリアまで足を伸ばすと、大人気のビュッフェレストラン「ナチュラルビュッフェ"そら・たべよ"」があります。ここのランチビュッフェは、特に家族連れや女性の間で大人気で、普段は近隣の方々も、ランチを楽しむためにここを利用するくらい!

    もちろんデザートも種類が豊富なため、レース観戦には来ているんだけども、"そら・たべよで女子会をする"ことがメインイベントになる女性ファンも多いとのこと!

    さらにディナーも楽しめるレストランが充実しているのも、鈴鹿サーキットの特徴です。「エンターテイメントグリル&バー"SHUN"」では、最上級の黒毛和牛と海の恵みをふんだんに使った料理を楽しむことができます。

    レース観戦とは打って変わり"オトナの時間"を楽しむことができます。お友達や恋人のお誕生日など記念日をお祝いしたいという時などに最適な場所です!

レースの合間は遊園地で楽しんじゃおう!

第2話

レースの合間は遊園地で楽しんじゃおう!

  • 鈴鹿サーキットの魅力のひとつといえば、何と言ってもゆうえんち「モートピア」が併設されていること!ここ最近は新しいアトラクションもどんどんオープンし、家族連れだけでなく、カップルや女性ファンの方も楽しめるようなアトラクションが増えています。

    その中でも、オススメなのが今年3月にオープンした新バイクアトラクション!実際のサーキット同様に緊張感漂うなかでタイムトライアルを行う「モトファイター」やモトクロスのような悪路での走行体験ができる「アクロバイク」は子どものみならず、大人の方も必見のアトラクションです。

    このSUPER GT第3戦では観戦チケットにゆうえんちの1日遊び放題券「モートピアパスポート」が付いているので、ゆうえんちエリアも利用し放題なんです。ぜひ、レースの合間に利用してみてください!

    そして、ぜひ体験してほしいのがコース近くにある観覧車「サーキットホイール」です。鈴鹿サーキットの半分以上を見渡すことができるため、レースの時間帯に合わせて乗車すると、いつもとは違う角度からのレース観戦が楽しめますよ!

新名神高速道路が開通!鈴鹿サーキットへのアクセスがさらに便利に!

第1話

新名神高速道路が開通!鈴鹿サーキットへのアクセスがさらに便利に!

  • 電車をはじめ公共交通機関でのアクセスも便利な鈴鹿サーキットですが、自家用車でのアクセスも便利になりました!

    今年3月に、新名神高速道路の新四日市JCT〜亀山西JCT間が開通。この区間内にある鈴鹿パーキングエリア内にスマートICが併設されているため、ここを利用することで特に西日本からのアクセスが便利になりました。

    今までは鈴鹿IC(東名阪道)が最寄りのインターチェンジだったということもあり、ここを起点に渋滞することも少なくなかったのですが、新名神の開通により、渋滞も緩和されることが期待されています。

    さらに鈴鹿パーキングエリアには、「PIT SUZUKA」と題してモータースポーツエリアが設けられており、レーシングカーが常設展示!専用のモニターには映像も流れているため、サーキットでの興奮を味わえるスポットとして人気を集めています。さらにショップエリアには鈴鹿サーキットのお土産品なども多数揃えているため、うっかりサーキットでお土産を買い忘れてしまった!という方も、十分に間に合いますよ!

登場人物
作者プロフィール
  • 名前:大山美保
    三重県出身の元レースクイーン。
    現在はモデル活動をしながらイラストレーターとしても活動中。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ