18TH JAF GRND PRIX SUZUKA

どうなるWTCR鈴鹿ラウンドの東コース開催。
WTCC時代には見られなかったバトル勃発!?

photo

 10月25〜27日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されるWTCR世界ツーリングカーカップ。全日本スーパーフォーミュラ選手権との併催イベントとなるレースだが、今回はなんと東コースでレースが行われることになった。いったいどんなレースになるだろうか……!?

 WTCR世界ツーリングカーカップは、2017年までのWTCC世界ツーリングカー選手権からTCR車両に変更され、舞台がふたたび鈴鹿サーキットに戻った。初年度となる2018年も、SFと併催されフルコースで非常に見応えがあるツーリングカーらしいバトルが展開されてきたが、2019年はその舞台が東コースとなった。

 かつてWTCC時代にも鈴鹿で東コースのみのレースが開催されていたが、その際にはコース長の短さから、ひんぱんにメインストレートにマシンが戻ってきていたものの、オーバーテイクがやや少ない印象があった。しかし、TCR規定になってこの心配は減るかもしれない。

 というのも、かつてのWTCC車両はツーリングカーのなかでも車両制作費が高額で、かつレースは日曜の2レースのみ。途中短いリペアタイムを挟むのみで、いったんマシンを壊してしまうとリスクが大きかったからだ。

 ただTCR規定になってからは、WTCRは週末に3レースが開催される予定で、1レース目と2レース目の間はひと晩かけてリペアすることができる。また、マシンのコスト自体も下がっており、「ぶつけてもいい」とは言わないまでも、接触によるリスクは減っているのだ。

 また、抜きどころとしては最終コーナー(東ショートカット近辺)も考えられるが、最大のオーバーテイクポイントはやはり1〜2コーナー。こちらは2017年にランオフエリアが改修されており、近年のヨーロッパのトレンドを見ると、このアスファルトのランオフを使ってのオーバーテイクが多数勃発するかもしれない。ここで並んでS字まで並走、イン側のショートカット抑制のタイヤバリアに当たりながらバトル……というシーンも多そうだ。

 もちろん、ふだん西コースをメインに観戦しているファンには申し訳ないところだが、最終コーナースタンドからメインスタンド、1〜2コーナースタンド、S字スタンドとどこにいてもバトルが楽しめる“劇場”と化すことも東コース開催の魅力。まずは土曜の1レース目で様子を見ながら、バトルが多そうなスタンドに移動してみるのも手かもしれない。

 WTCC時代の東コース開催、WTCRになってからのフルコース開催とはまた違った楽しみができそうなWTCRの2019年日本ラウンド。もちろん、併催のTCRジャパンシリーズはフルコースなので、西でのTCRの走りを観ることもできる。見逃せないレースになりそうだ。

[autosport web]

photo

スーパーフォーミュラ最終戦 JAF鈴鹿グランプリ 前売観戦券は大人 4,100円で販売中!

JAF会員ならなんと3,400円!

詳しくはこちら

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ