18TH JAF GRND PRIX SUZUKA

WTCR初代ドライバーズチャンピオン獲得。BRCヒュンダイ

WTCR チーム&ドライバー (1)
photo
ヒュンダイi30 N TCRはWTCRに計4台が参戦している
Photo : Hyundai

 FIAが2018年にスタートさせ、2019年でシリーズ発足2年目を迎えているWTCR世界ツーリングカー・カップ。今回はシリーズを戦っているチームやドライバーを紹介していく連載第1弾として、2018年シリーズチャンピオンを生み出したヒュンダイi30 N TCRユーザーをご紹介しよう。

 2019年シーズンはBRCヒュンダイNルクオイル・レーシング・チーム、BRCヒュンダイNスクアドラ・コルセの2チームが計4台を投入しているi30 N TCRは、ヒュンダイが市販するハッチバック、ヒュンダイi30をベースにドイツ・アルツェナウに拠点を構えるヒュンダイ・モータースポーツが開発した1台だ。同社はTCRマシンのほかにWRC世界ラリー選手権を戦うヒュンダイi20クーペWRCも開発するなど、ヒュンダイブランドのモータースポーツ活動を担っている。

photo
ヒュンダイのワークスカラースキームをまとうi30 N TCR
Photo : Hyundai

 i30 N TCRはWTCR初年度に13回の勝利と30回以上の表彰台を獲得するなど、ライバルを圧倒。そのほかのTCRシリーズでも高いパフォーマンスを発揮している強力マシンだ。WTCRを戦う2チームのi30 N TCRは、ヒュンダイのワークスチームカラーをまとっており、実質的なワークスチームと言えるだろう。

photo
ガブリエル・タルキーニ(左)とノルベルト・ミケリス(右)
Photo : Hyundai

 起用ドライバーはBRCヒュンダイNスクアドラ・コルセがガブリエル・タルキーニとノルベルト・ミケリス、BRCヒュンダイNルクオイル・レーシング・チームがニッキー・キャッツバーグ、アウグスト・ファーフスだ。

 2018年もi30 N TCRをドライブして初代王者に輝いたタルキーニは現在57歳の大ベテラン。WTCRの前身であるWTCC世界ツーリングカー選手権に2005年から参戦しており、セアトやホンダ、ラーダなどをドライブ、2009年にはシリーズチャンピオンも獲得している。2018年のWTCRでは通算5勝を挙げ、上述のとおり初代チャンピオンとなった。

 チームメイトのミケリスも2010年からWTCCを戦っていたドライバーで、2018年のWTCRでは1勝、ドライバーズランキング4位に食い込み、BRCレーシング・チームのチームタイトル獲得に貢献したドライバーだ。

photo
ニッキー・キャッツバーグ(左)とアウグスト・ファーフス(右)
Photo : Hyundai

 BRCヒュンダイNルクオイルから参戦しているキャッツバーグ、ファーフスもWTCC経験者。キャッツバーグは2018年のル・マン24時間レースやスパ24時間耐久レースにも参戦するなど、GTカーレースを主戦場としてきた。

 そしてファーフスは2009年までWTCCにフル参戦したあと、ニュルブルクリンク24時間耐久レースやドバイ24時間といった耐久レースを経て、2012年から2018年まではBMWのワークスドライバーとしてDTMドイツ・ツーリングカー選手権に参戦してきた。

 2018年にマカオで行われたFIA GTワールドカップでも、BMWワークスドライバーとしてBMW M6 GT3を操って優勝するなど、同社のトップワークスドライバーとして活躍してきたが、2019年からはBMWを離れ、ヒュンダイ勢の一員として戦っている。

 ヒュンダイ陣営は、2019年シーズン第6大会/18レースを終えた時点でミケリスがドライバーズランキング2位、BRCヒュンダイNスクアドラ・コルセがチームランキング3位につけており、王座防衛に向けて着実なポジションにつけている。

TeamNo.DriverCar
BRCヒュンダイNスクアドラ・
コルセ
1ガブリエル・タルキーニヒュンダイi30 N TCR
5ノルベルト・ミケリスヒュンダイi30 N TCR
BRCヒュンダイNルクオイル・
レーシング・チーム
8アウグスト・ファーフスヒュンダイi30 N TCR
88ニッキー・キャッツバーグヒュンダイi30 N TCR

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ