18TH JAF GRND PRIX SUZUKA

ワークス参戦禁止!? WTCRに参戦しているチーム、ドライバーは?

photo

 FIAが2018年にスタートさせ、2019年でシリーズ発足2年目を迎えているWTCR世界ツーリングカー・カップ。これまでシリーズの成り立ちや参戦しているマシンを紹介してきたが、今回は参戦しているチームやドライバーについて触れていこう。

 シリーズの前身であるWTCC世界ツーリングカー選手権が終焉を迎えたのは2017年のこと。Hondaやシトロエン、ボルボといった自動車メーカーが参戦してきた同シリーズだが、シリーズ末期はコスト高騰などもから、参戦メーカー、台数が減少傾向にあった。

photo
2017年、日本での最後の開催となったWTCCのスタートシーン。ツーリングカー世界戦はこの翌年、WTCRとして生まれ変わることになる

 この教訓もあり、WTCRでは自動車メーカーによるワークス参戦は禁止されている。ワークス契約を結ぶドライバーの投入など、メーカーによる支援は行われているが、参戦しているのはいずれも独立系チームだ。使用されるマシンもカスタマー向けに広く販売され、ホモロゲーションされたTCR車両であり、開発コストも抑制されている。

 また、この2019年シーズンからは参戦車種のバランスを保つため、参戦可能台数が1車種最大4台に制限された。各チームは最大2台でエントリーできるため、同一車種を使用できるのは2チームまでということになる。

photo
WTCRはメーカーのワークス参戦は禁止されている。世界中の様々なメーカーの車種が使われているが、チームはいずれも独立系だ
Photo : FIA WTCR

 シリーズに参戦しているチームは、WTCCにも参戦していたSLR(セバスチャン・ローブ・レーシング)やシアンレーシング、ミュニッヒ・モータースポーツのほか、各地域で行われているTCR選手権などを主戦場としてきたPWRレーシング、Comtoyouレーシング、日本でもおなじみのKCMGなどが名を連ねている。

photo
2018年Race of Japan Race3表彰台の様子。優勝したのは大ベテラン、元F1ドライバーでもあるガブリエル・タルキーニで、なんと56歳でWTCR初代チャンピオンに輝いた。

 ドライバーについても、ガブリエル・タルキーニやイバン・ミューラー、テッド・ビョークといったWTCCチャンピオンドライバーのほか、ティアゴ・モンテイロ、ノルベルト・ミケリスなど、WTCC参戦経験者が多く顔をそろえる。そのほか、BMWからDTMドイツ・ツーリングカー選手権に参戦していたニッキー・キャッツバーグ、2014年のSUPER GTに参戦したジャン・カール・ベルネイなども参戦中だ。

 2019年のWTCRには、こういったさまざまなフィールドで経験を積んできた13のチーム、26名のドライバーがシーズンエントリーし、シリーズを戦っている。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ