18TH JAF GRND PRIX SUZUKA

WTCR初開催の2018年大会をプレイバック

コース全域で接触含みのバトルが展開
photo
WTCR初開催となった2018年の鈴鹿大会
Photo : FIA WTCR

 10月25〜27日に鈴鹿サーキットで行われる『JAFグランプリ鈴鹿』内で開催されるWTCR世界ツーリングカー・カップの日本ラウンド。ここではシリーズ初開催となった2018年大会をふり返る。

 WTCC世界ツーリングカー選手権が生まれ変わる形で誕生したWTCR。新規定採用後、初の日本開催となった鈴鹿ラウンドは2018年10月26〜28日に、全日本スーパーフォーミュラ選手権最終戦と併催される形で行われた。

 走行初日の26日(金)は2回のフリープラクティスと2回の予選が行われ、盛りだくさんの1日に。ただプラクティスや予選ではコースアウトや接触、S字や日立オートモティブシステムズシケインに置かれたタイヤバリアへの接触などが多く、赤旗が複数回出される展開となった。

 そんなフリープラクティス1回目ではシーズン後半に速さを発揮していたプジョー勢の1台、マット・ホモラ(プジョー308 TCR)がトップにつける。フリープラクティス2回目にはHonda・シビック・タイプR TCRを駆っていたヤン・エルラシェールが最速だった。

photo
予選を控えたピットの様子
Photo : FIA WTCR

 レース1のグリッドを決める計時形式の予選1ではオーレリアン・コンテ(プジョー308 TCR)が2分11秒536でポールポジションを奪うと、2番手にケビン・チェコン(アルファロメオ・ジュリエッタ・TCR)が続き、3番手にエステバン・グエリエリ(Honda・シビック・タイプR TCR)、4番手にエルラシェールとHonda勢が続くことになった。

 スーパーフォーミュラのフリー走行を挟んで行われたノックアウト形式の予選2では、夕暮れのなか行われたQ3で、ケビン・チェコン(アルファロメオ・ジュリエッタ・TCR)が2分10秒742までタイムを縮めてポールポジションを奪った。Q2トップ10のリバースグリッドとなるレース2ではペペ・オリオラ(セアト・クプラTCR)が先頭スタートを切ることに。

 翌27日に行われたレース1では、ポールシッターのコンテが好スタートを切ると、その後方にはレース3のポールシッターであるチェコンが2番手に浮上。この2台は接近戦を繰り広げると、130Rからシケインの飛び込みでチェコンがオーバーテイク、トップへおどり出た。

photo
レース1でクラッシュしたテッド・ビョーク(ヒュンダイi30 N TCR)
Photo : FIA WTCR

 11周の決勝レースでは途中、テッド・ビョーク(ヒュンダイi30 N TCR)が日立オートモティブシステムズシケインでタイヤバリアにクラッシュしたほか、エルラシェールが130Rでコースアウトする場面があり、セーフティカーが2度出動する展開に。

photo
WTCR鈴鹿レース1を制したケビン・チェコン。アルファロメオ陣営にとってはこれがWTCR初勝利となった
Photo : FIA WTCR

 しかし、セーフティカーラン終了からのリスタートでも、チェコンはポジションを守りトップチェッカー。アルファロメオ・ジュリエッタTCRにWTCR初優勝をもたらした。

photo
レース2スタート直後に首位争いを繰り広げたロブ・ハフ(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)とペペ・オリオラ(セアト・クプラTCR)
Photo : FIA WTCR

 スーパーフォーミュラの決勝レースが行われた28日、11時5分にスタートしたレース2では、フロントロウスタートのロブ・ハフ(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)が1コーナーで首位オリオラを交わしてトップに浮上する。

 その後方の中団争いではグエリエリがコースオフ、スポンジバリアにクラッシュしたため、スタート早々にセーフティカーが導入された。

 車両回収を終えて、3周目にレースが再開されると、引き続きトップはハフとオリオラが争う格好に。両者はレース終盤の8周目までバトルを繰り広げた。

 しかし、この8周目、オリオラはタイヤのグリップレベルが下がってきたのか、130Rでわずかにコースアウトし、今度は3番手ノルベルト・ミケリス(ヒュンダイi30 N TCR)に追われる展開となる。

 結局、最後まで上位陣のポジションに変動はなく、ハフが優勝してシーズン2勝目を達成。ミケリスの攻撃を防ぎきったオリオラが2位、ミケリスが3位で続いた。

 マシンを修復するリペアタイムを挟み、レース3は12時30分にスタート。このスタートではフロントロウにつけていたガブリエル・タルキーニ(ヒュンダイi30 N TCR)が1コーナーでチェコンを交わしてトップに浮上。2番手チェコン、3番手エルラシェールというオーダーとなる。

 すると、2番手を走るチェコンにはスタート時のグリッド停止位置に違反があったとして5秒のタイムペナルティが課されてしまう。これで少なくともタルキーニの前に出て、リードを広げなければチェコンは勝利を手にできない状況に追い込まれる。

 チェコンはタルキーニをかわしにかかる一方で、チェコンのペナルティに気付いたタルキーニは、無理せずチェコンを先行させた。

 これで見た目上の順位はチェコン、タルキーニというオーダー。3番手エルラシェールは右フロントにトラブルが出てしまいスローダウンを余儀なくされ、代わってコンテがポジションを上げていった。

photo
レース3を制したガブリエル・タルキーニ(ヒュンダイi30 N TCR)。この後シリーズ初代チャンピオンにも輝いた
Photo : FIA WTCR

 先行するチェコンはリードを広げようと試みたものの、ここではランキングリーダーの大ベテランで2018年のシリーズチャンピオンに輝いたタルキーニが逃げを許さず、僅差のままチェッカー。5秒ペナルティの結果、タルキーニが優勝、2位にコンテ、3位にチェコンが入った。

photo
総勢25台のマシンが一斉に1コーナーへ飛び込む様子は圧巻の一言
Photo : FIA WTCR

 WTCR初開催となった2018年大会は、総勢25台のマシンが鈴鹿サーキット各所で接触含みのバトルを繰り広げ、その激しさに釘付けとなったファンも多かったはず。2019年のWTCR日本ラウンドは、昨年以上に迫力あるバトルが繰り広げられるだろう。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ