18TH JAF GRND PRIX SUZUKA

3度目のタイトル獲得へ。山本尚貴

「頑張ってくれているチームのためにもチャンピオンを獲得して、チームと喜び合いたい」
photo
2019年シーズン最終戦鈴鹿を残して、ドライバーズランキング首位に返り咲いた山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
Photo : Takashi Ogasawara

 2018年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権でチャンピオンに輝き、スーパーフォーミュラで自身2度目のタイトルを手にした山本尚貴。この年は並行して参戦していたSUPER GT GT500クラスでもシリーズチャンピオンに輝き、Hondaのエースとして大活躍の1年となった。

 その山本は今年、スーパーフォーミュラで長年所属していたTEAM MUGENからDOCOMO TEAM DADELION RACINGへ移籍した。チャンピオンの移籍には多くのファンの方々も驚いただろうが、まずはそんな2019年シーズンを、山本は次のように振り返った(インタビューは第5戦ツインリンクもてぎ大会後に行ったもの)。

「(最終戦)鈴鹿までにまだ1戦(第6戦岡山)を残している状況で、例年どおりシーズン序盤は(調子が)いいけれど、中盤は失速する展開になってしまっています。(こういう状況を)望んでいるわけでも、描いているわけでもないんですけどね。最後の鈴鹿までチャンピオン争いのなかにいることが大事なので、最低限のことはできているのかなと思います」

 今年はこのスーパーフォーミュラにダラーラ社製の新シャシー『SF19』が導入され、スーパーフォーミュラの歴史における新時代のはじまりともいえるシーズンだ。山本はSF19の印象について、こう語った。

photo
SF19デビューシーズンとなる2019の山本は、浮き沈みが激しいながらも要所で高ポイントを獲得し総合ランキングトップにつけている

「タイヤが幅広になったことで当然コンパウンドと構造も変わっているので、そういったところがラップタイムの向上に繋がっています。ただ本来の目的とされている"オーバーテイクのしやすさ"という点ではいまだに少し課題が残るところですが、概ねコースレコードも更新していますし、いいクルマとタイヤなのかなと思っています」

 そう話すとおり、山本は第3戦スポーツランドSUGOの予選において1分3秒953というコースレコードを記録している。
 山本は今シーズン、開幕戦鈴鹿と第2戦オートポリスで2位表彰台を獲得し、SUGOではポール・トゥ・ウィンで今季初優勝を挙げた。ところが第4戦富士スピードウェイと第5戦ツインリンクもてぎでは、まさかの2戦連続ノーポイントに終わってしまった。

 また、もてぎ大会まではドライバーズランキングにおいてトップを維持していたものの、ここでニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM'S)にランキングトップの座を明け渡した。山本は昨年もこのもてぎ大会でキャシディに逆転を許しており、まさに同じ状況を迎えた。

「ニックに関しては昨年もチャンピオン争いをしていますし、コメントするまでもなく彼の実力は一番よく知っている身なので、また手強いライバルとチャンピオンシップを争えるということに非常にワクワクしています」

 そして今シーズンは、チャンピオン獲得の可能性を持っているルーキードライバーがいる。ウエットコンディションで行われた富士でポール・トゥ・ウィンを飾ったアレックス・パロウ(TCS NAKAJIMA RACING)だ。

photo
非常にレベルが高いことで知られるSFのデビューシーズンでランキング3位につけた状態で最終戦に挑むアレックス・パロウ。デビューシーズンでチャンピオンという快挙もあり得る

「アレックスについても、デビューイヤーとはいえあの難しいコンディションでの優勝(ウエットコンディションで行われた第4戦富士でポール・トゥ・ウィン)があるし、安定した成績を収めているからこそチャンピオンシップに絡んできていると思います。チャンピオンシップを争ううえで、申し分ない実力者のふたりがタイトルをかけて最終戦に臨むという状況ですね」

 このインタビュー後に行われた第6戦岡山国際サーキットで、山本は7位に入賞し、キャシディが10位に終わったことで、ふたたび山本がランキングのトップに躍り出た。昨年はランキング2位という追う立場で最終戦を迎えた山本だが、今年はチャンピオンに最も近い位置で得意としている鈴鹿に臨むことになる。

photo
得意の鈴鹿を残し、ランキングトップで最終戦へ。しかしポイントは拮抗しており、チャンピオン争いがどうなるかは最後まで目が離せない状況だ

「プレッシャーがないレースなんてひとつもないし、鈴鹿は得意だからといってプレッシャーがあるわけでも、ないわけでもない。今までにいいレースをしたことがあるとはいえ、今年の展開とクルマと自分の実力がどう噛み合うのかというのは、その時になってみないとわかりません。いずれにせよ、その力を発揮しなければならないタイミングで、自分の力とチームの力を100%発揮できるようなレース展開に自分が持ち込めたらいいなと思います。
 幸いなことに、僕が移籍1年目でも勝ち星を挙げてチャンピオンシップに絡むことができている理由には、チームの力というのがあります。チームのサポートがあったからこの成績を収められているので、そんなチームで走ることができている喜びを感じています。頑張ってくれているチームのためにも今年もチャンピオンを獲得して、チームと喜び合いたいなと思います」

 タイトル獲得にむけて、残るレースはいよいよ最終戦JAF鈴鹿グランプリのみ。山本は、得意の鈴鹿でスーパーフォーミュラの2連覇を達成することができるだろうか。JAF鈴鹿グランプリは、10月25(金)〜27日(日)に開催される。ぜひ会場に足を運んで、スーパーフォーミュラ新時代のチャンピオンが決まる瞬間を見届けてほしい。

スーパーフォーミュラ最終戦 JAF鈴鹿グランプリ 前売観戦券は大人 4,100円で販売中!

JAF会員ならなんと3,400円!

詳しくはこちら

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ