18TH JAF GRND PRIX SUZUKA

2年連続でシリーズチャンピオンを争うニック・キャシディ

「これまでレースでは完璧な戦いができている」
photo
Photo : Takashi Ogasawara

 2019年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権も終盤を迎え、いよいよチャンピオンシップも大詰めだ。新シャシー『SF19』が導入され、“新時代”へ突入したスーパーフォーミュラの2019年シーズンは、誰がチャンピオンに輝くのだろうか。

 第5戦ツインリンクもてぎを終えた時点でのドライバーズランキングを見ていくと、トップに立っているのはVANTELIN TEAM TOM'Sのニック・キャシディだ。

photo
2019年開幕戦のニック・キャシディの走り

 キャシディといえば、KONDO RACINGに所属していた2018年に山本尚貴(当時はTEAM MUGEN所属。2019年はDOCOMO TEAM DANDELION RACINGへ移籍)と最終戦までタイトル争いを繰り広げたことを覚えている人も多いだろう。

 キャシディは最終戦鈴鹿のファイナルラップまで山本とバトルを繰り広げたが、惜しくもわずか1ポイント差でタイトルには届かなかった。しかし、最終戦まで王座を争ったキャシディの活躍と、チームメイト山下健太の走りによって、KONDO RACINGは初のチームタイトルを手中に収めた。

photo
2018年シーズンは惜しくも2位となったが、KONDO RACINGのチーム初タイトル獲得に大きく貢献した

 そんなキャシディは今年、VANTELIN TEAM TOM'Sへ移籍。初戦となった開幕戦鈴鹿では、戦略を成功させて見事優勝を飾った。第4戦富士スピードウェイと第5戦ツインリンクもてぎでも3位表彰台を獲得したほか、ここまでの5戦すべてで入賞を重ねており、28ポイントを獲得している。

 キャシディはここまでの戦いを「今シーズン、ここまでは順調に来ていると思う。5戦を終えた段階でチャンピオンシップをリードする立場につけているからね。チームとして、いい仕事ができていると思うよ」とふり返る。

「これまで、つねにコース上でもっとも速いマシンをドライブしてきたわけではないけど、レースでは完璧な戦いができている。今年から移籍したチームとも順調に仕事ができていて、その点には満足しているけど、まだ向上させる余地は残っていると思う」

photo
第5戦のニック・キャシディの走り。山本尚貴が9位に沈む一方、しっかりと3位表彰台を獲得して暫定首位となった

 ここまでの5戦すべてでポイントを手にできている唯一のドライバーであるにもかかわらず、まだ改善の余地があると語ったキャシディ。ちなみに、そのキャシディは第5戦で3位表彰台を獲得して、それまでランキングトップだった山本から首位の座を奪った。この第5戦終了時点での逆転は、2018年のチャンピオン争いとまったく同じ状況なのだ。

「第5戦を終えた時点で僕がランキング首位、ナオキが1ポイント差の2位につけていて、構図自体は昨年と一緒だ」とキャシディ。

「ただ去年はHondaエンジンとトヨタエンジンに大きなパフォーマンス差はなかったよね。だけど、個人的に今年はHondaとトヨタのエンジンパフォーマンス差が大きくなっていると感じているから、まったく同じ状況だとは思っていない」

photo
チャンピオンシップをリードはしているが、キャシディに浮かれる様子は全くない。恐らくまた最終戦、JAF鈴鹿グランプリが王者決定戦となるだろう

「今年はHondaエンジンユーザーに大きなアドバンテージがあると思っているし、当然ナオキ(山本尚貴)もシリーズチャンピオンの座を守りたいと考えているはずだ。だから、(第5戦終了時点でランキング首位にいる理由は)僕たちが健闘しているということなんだ」

 今年は第5戦までにHonda勢が2勝、トヨタ勢がキャシディの優勝を含む3勝を挙げていて、リザルトだけ見ればパフォーマンス差はほぼないと言える。それでもキャシディは王座獲得へ気を緩めてはいない。

「ナオキは速さのあるドライバーだし、ここまでいいレースをしていると思うけど、僕たちも毎レースで負けない走りができている。去年も1点差で決着がつき、今年も僅差の争いになっているけれど、彼と対等に渡り合う自信があるよ」

 今年も残すところあと2戦。名門TEAM TOM'Sへ移籍し、現在1ポイント差でランキングトップに立つキャシディは、悲願のドライバーズタイトル獲得に向けて邁進するのみ。山本との激戦も予想されるが、対等に戦う自信を持つと明かすキャシディの戦いに注目だ。

スーパーフォーミュラ最終戦 JAF鈴鹿グランプリ 前売観戦券は大人 4,100円で販売中!

JAF会員ならなんと3,400円!

詳しくはこちら

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ