SUZUKA Sound of ENGINE 2019

SPECIAL GUESTS

SPECIAL GUESTS

  • Wayne Rainey

    ウェイン・レイニー氏

     1977年にダートトラックでレースキャリアをスタートさせたウェイン・レイニー。1983年にHondaマシンを駆りAMAスーパーバイクチャンピオンを獲得すると、翌年に世界グランプリの250ccクラスに参戦。その後AMAスーパーバイクに復帰して1987年にHondaのマシンでチャンピオンを獲得した。翌1988年、世界グランプリの500ccクラスにYAMAHAからフル参戦を開始すると、1990年から3連覇を達成。SUZUKIのケビン・シュワンツとの戦いではいくつもの名勝負を残したが、先行逃げ切りの"レイニーパターン"は、シュワンツとの戦いで確立された。

    <<ウェイン・レイニー氏について>>

  • Eddie Lawson

    Eddie Lawson

    エディー・ローソン氏

     攻めるとき、守るときを的確に捉えたそのライディングから"ステディ・エディ"と呼ばれたエディー・ローソン。ダートトラック出身で、1980年にはKawasakiのライダーとして鈴鹿8耐に参戦。1981年、82年にはAMAスーパーバイクでチャンピオンを獲得した。1983年にYAMAHAから世界グランプリの500ccクラスに参戦すると、翌84年、参戦2年目にしてチャンピオンを獲得。その後も1986年、88年、そしてHondaに移籍後の89年もチャンピオンを獲得し、91年の鈴鹿8耐ではYAMAHAに戻り平忠彦とのペアで優勝している。

    <<エディー・ローソン氏について>>

  • Kenny Roberts

    Kenny Roberts

    ケニー・ロバーツ氏

     "キング・ケニー"ことケニー・ロバーツは1965年、14歳でアマチュアレースにデビューし、1978年から世界グランプリの500ccクラスに参戦を開始すると、いきなり3連覇を達成。リアタイヤを滑らせるスライド走法、そしてハングオンスタイルを確立させたロバーツは多くのファンを魅了した。1983年には、Hondaの新鋭フレディ・スペンサーと歴史に残る激しいチャンピオン争いをしたが、その戦いに敗れたロバーツはこの年を最後に世界グランプリから引退した。

    <<ケニー・ロバーツ氏について>>

  • Pier Luigi Martini

    Pier Luigi Martini

    ピエルルイジ・マルティニ氏

     1984年にトールマンからスポット参戦の形でF1にデビュー。翌年ミナルディでフル参戦を果たした。2年のF1参戦休止の後1988年の第6戦アメリカGPで復帰、いきなり自身初、そしてミナルディチーム初となる6位入賞を果たし、改めてレギュラードライバーの座を手にした。1995年の引退までに119戦に参戦し、10回の入賞と1回のファステストラップを記録。その後はFIA GTやALMS、ル・マン24時間レースなどに参戦し、1999年にはル・マン24時間レースでBMW V12 LMRに乗り、総合優勝を飾っている。

    <<ピエルルイジ・マルティニ氏について>>

  • ※内容は予告なく変更となる場合がございます。
  • ※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ