スーパー耐久

特集記事

スーパー耐久 開幕戦プレビュー

2019年も鈴鹿で幕を開けるスーパー耐久。昨年からドライバーラインアップに変化があれば、新チームの参入、話題のニューマシンの登場と、未知なる要素が山ほどある。その要素を紹介しながら、開幕戦の展開を予想していこう。

スーパー耐久 開幕戦プレビュー

予測の難しい2019年シーズン開幕戦を様々な要素から分析してみよう

開幕ラウンドは全クラス混走で、50台以上のマシンが一斉にコースを疾走する。スーパー耐久シリーズはクラスごとに速さが異なり、いたるところで抜きつ抜かれつのバトルが繰り広げられる。レース時間は「スーパー耐久」の名の通り5時間にも及ぶが、それだけの長丁場であっても決して見飽きることはないはずだ。

鈴鹿サーキットでは、さまざまな観戦スポットがある。またSUZUKA “S耐”春の陣は5時間という長さを有効に活かして1カ所に留まって観戦するのではなく、いくつかのスポットに移動してみることをオススメしたい。きっと、いつもとは違ったレース観戦を過ごせることだろう。 なおSUZUKA “S耐”春の陣はVIPスイート・プレミアムやホスピタリティラウンジなど一部を除き、グランドスタンド含め観戦席は基本的に全て自由席となっているため、好きな場所で観戦ができる。もちろん西コース方面でも観戦は可能だ。

耐久レースだからと言って
”耐える”だけでは勝てない!

耐久レースだからと言って”耐える”だけでは勝てない!

2018年開幕戦、5時間のレースでコンマ5秒差の勝利というドラマを演じたmuta Racing ADVICS IS350 TWS

耐久レースといえば、「久しく耐える」の文字通り、以前なら単純な速度よりもマシンやパーツをいたわったり、燃費を考慮したりするペース配分が重要とされていたが、現在のスーパー耐久においては消極策を取っていては勝利には辿りつくことはできない。ドライバーの技術と共に近年のマシンの性能向上は著しく、終始ハイスピードで積極的に攻めていかざるを得なくなっているのだ。この辺りは8時間もの耐久レースでありながら、スプリントレース並みの平均速度が要求されることから”スプリント耐久”などと称されることもある『鈴鹿8耐』にも通じる所と言えるだろう。

実際、2018年に総合優勝を飾った浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗組のY’s distraction GTNET GT-Rは、昨シーズンに導入されたばかりのFCY(フルコースイエロー)をうまく活用。FCY中に認められているピットストップを行ってマージンを稼いだことで一時トップに浮上したものの、後続車両の追突によって順位を落としてしまう。従来なら万事休すと言った所だが、Y’s distraction GTNET GT-Rはそこから諦めずハイペースで挽回し、最終的に逆転勝利を果たしている。

また、ST-3クラスでは、堀田誠/阪口良平組のmuta Racing ADVICS IS350 TWSが、チェッカー間際の後続車両による追撃を、実にコンマ5秒差で退ける圧巻の走りを見せたが、これも最初のピットでタイヤを左側の2本だけ、次に4本交換、最後は無交換とする徹底的なピット作業時間の短縮を行い、最終的にこの作戦が功を奏して逃げ切った形だ。

こうしたピット戦略も勝敗を大きく左右する要素になっている。誤ったタイミングでのピットインや、ピット作業でのもたつきがあると、折角のコース上のバトルで稼いだアドバンテージもあっという間に失われてしまうのだ。トップチームほどしっかりと勝利のために計算されたタイミングでピットインを行い、ピット作業も洗練されている。その流れるように行われる各作業、素早いドライバー交代は芸術の域にも達しているので、是非とも注目してみてほしい。

勝負の鍵を握るのは”ドライバーの平均点の高さ”と”タイヤの使い方”!?

勝負の鍵を握るのは”ドライバーの平均点の高さ”と”タイヤの使い方”!?

ピレリタイヤとなって2年目となる2019年シーズン。初年度は適応に苦慮したチームも立て直してくるはず

2018年の「SUZUKA S耐 春の陣」のリザルトを振り返ってみると、ポール・トゥ・ウインを飾ったのは、7クラス中2クラスだけだった。

スーパー耐久は、AドライバーとBドライバーのタイム合算で決勝レースのグリッドを決める、独自の予選システムを採っているため、1人が絶対的に速くとも、ポールポジションが獲れるとは限らない。むしろ、ふたりともトップではないのに、ポールポジションが獲れることもある。だから予選と決勝のリザルトが直結しにくいともいえるが、上位陣の実力は、それだけ伯仲しているという見方が正しいだろう。

その一方で、開幕戦の全クラスのウイナーが2018年のクラスチャンピオンに輝いているというデータもある。最後までハイペースを維持できる体制をいち早く築き、なおかつ2018年から統一タイヤとなったピレリタイヤの、従来のタイヤとは異なる特性を完璧に把握できていた強みが、シーズンを通して活かされた、という見方が出来るだろう。

しかしピレリタイヤへの適応は、チャンピオンチーム以外も1シーズン通しての活動によって、かなり進んだに違いない。もちろんスタートダッシュがタイトル争いの大きなアドバンテージになることは間違いないだろうが、さすがに2019年シーズンも開幕戦全クラスのウイナーが、そのままチャンピオンとなる可能性はそう高くはないのではないかと推測される。

開幕戦でスタートダッシュを決めるのはどのチームか!?ST-X & ST-2編

開幕戦でスタートダッシュを決めるのはどのチームか!?ST-X & ST-2編

現在ST-2クラスでは圧倒的強さを誇るDAMD MOTUL ED WRX STI。記録更新なるか

そのスタートダッシュを決めるのは、どのチームだろうか?まだ開幕戦のエントリーは確定していないが、ST-Xクラスに関しては、Y’s distraction GTNET GT-Rが体制不動での参戦が濃厚。鈴鹿の相性はチームのみならず、とりわけ星野に関してずば抜けて高く、スーパー耐久鈴鹿戦では2年連続で優勝を飾っているため、このチーム中心の優勝争いになると予想される。ここに新規参戦チームがどのような戦いを見せるか、要注目だ。

また同じく不動での継続参戦が濃厚な、ST-2クラスでDAMD MOTUL ED WRX STIを走らせるTOWAINTEC Racingには、記録更新をかけたシーズンの初戦ともなる。ST-1クラスとST-Xクラスをまたいで連覇の記録は、2008年から13年までのPETRONAS SYNTIUM TEAMが6連覇をしているが、昨年ですでに連勝記録は並んでおり、同一クラスでは記録を更新。7連覇となれば、前代未聞の快挙達成となる。

鈴鹿初のST-Z(FIA-GT4)クラスに注目!

鈴鹿初のST-Z(FIA-GT4)クラスに注目!

SUZUKA Race of Asia 2018 ブランパンGTシリーズアジアのGT4クラスのバトルシーン。

鈴鹿では初成立となる、ST-Zクラスにも注目したい。ST-ZクラスはFIA-GT3規格の弟分に当るGT4車両で争われるクラス。GT4車両はコストとパフォーマンスのバランスが優れており、今後さらにST-Zクラスのエントリーが増えていく可能性があるとは見られていたが、スーパー耐久では導入がはじまったばかりで、2018年に成立したレースは3戦だけ、いずれもDIAMANGO ポルシェ・ケイマン・GT4の孤軍奮闘となっていた。

しかし、KTM X-BOWでの参戦を表明したケーズフロンティア・Syntium・KTM、東京オートサロンでメルセデスAMG GT4を展示したENDLESS SPORTSなど、2019年の暫定年間エントリーリストには5チームが名を連ねており、遂に本格的な競争がスタートすることになった。これにより、恐らく開幕戦でも随所でバトルの発生が予想されるのが嬉しいところ。競い合う中で見せる、GT4クラス各チームの本当の戦闘力を楽しみにしたいものだ。

各クラスの特徴

各クラスの特徴

日本の“参加型モータースポーツ”の頂点に立つシリーズとして、その確固たる地位を築いている『ピレリスーパー耐久シリーズ』は、1991年にスタートした『N1耐久』というカテゴリーが起源だ。始まった当初のルールでは市販車に多少の改造を加える程度しか認められていなかったが、チューニングカーで用いられるパーツの装着が認められるようになるなど、世界的なモータースポーツの潮流に合わせて徐々に変化を繰り返してきた。いまやその人気は日本のみならず、アジア各国からも熱い視線を集めるに至っている。

このシリーズは多種多様なクルマを幅広く受け入れるために、一つのレースでも細かくクラス分けがされているのが大きな特徴だ。憧れのスーパースポーツカーのクラスから、街中で良く見る身近なクルマのクラスまで非常にバラエティに富んでおり、これが同時に走るのがピレリスーパー耐久シリーズの大きな魅力の一つとなっている

ここではその各クラスの特徴を紹介しよう。これを把握しておけば、2019年の開幕戦である『SUZUKA S耐〜春の陣〜』をさらに楽しめるはずだ!

ST-Xクラス
FIA-GT3規定のスーパー耐久
トップカテゴリー

2018年優勝チーム決勝
ベストラップタイム:2'03.865

【ST-Xクラス】代表車種:日産GT-R NISMO GT3

【ST-Xクラス】代表車種:日産GT-R NISMO GT3

日本の誇るスーパースポーツカー、日産GT-Rの骨格・エンジンを使い、世界に通用するレーシングカーとして製作された。FIA-GT3規定のマシンとしては初の日本車ながら、年々改良が繰り返され現在でも第一級の戦闘力を誇っており、ヨーロッパのレースでチャンピオンを獲得した実績もある。

最高峰であるST-Xクラスは『FIA-GT3』規定のためのクラス。このFIA-GT3はもともとヨーロッパにおいて、高いレベルでレースを楽しみたいジェントルマンドライバー(契約金を貰って走るプロドライバーではなく、チームへのスポンサードなどを行いながらレース活動を行うアマチュアドライバー)のために生まれたGTカーのカテゴリー。元々各メーカーが誇る高性能なスーパースポーツカーをベースに、操縦アシスト用の電子デバイスが装備されており、高いパフォーマンスと扱いやすさとを兼ね備えている。2018年からスタートしたSUZUKA 10 HOURSや、国内で絶大な人気を誇るSUPER GTのGT300クラスでもこの規格が用いられており、現在の世界的なGTカーの標準規格と言っても良いだろう。

なおFIA-GT3カーは前述の通り各メーカーがフラッグシップモデルをベースにラインナップしているが、ある程度(とは言っても車両だけで数千万円だが)資金力があればこのカテゴリーへの参加も可能だ。

主な車種は、日産GT-R NISMO GT3やアウディR8 LMS、メルセデスAMG GT3、ポルシェ911 GT3 R、フェラーリ488 GT3など。今季はさらに、日本未導入の車種の参戦も噂されており、一層注目度が高まっている。

ST-TCRクラス
ツーリングカーレースの世界基準

2018年優勝チーム決勝
ベストラップタイム:2'17.229

【ST-TCRクラス】代表車種:Honda シビック・Type R TCR

【ST-TCRクラス】代表車種:Honda シビック・Type R TCR

TCRカテゴリーが生まれた当初から、FK2型のシビック・Type Rを投入してカテゴリーの盛り上げに寄与していたHondaが、満を持して投入したのがこの最新のFK型のシビック・Type R。ピレリスーパー耐久シリーズにはデビューした2018年にST-TCRクラスでランキング1-2を独占した。

近年ツーリングカーレースには大多数を占める統一規定というものがなかったため、WTCC世界ツーリングカー選手権の経営に参画していた関係者によって、2014年に新たなツーリングカーの統一規格が作られた。それが『TCR』だ。

TCRはジェントルマンドライバーにも操りやすく、ツーリングカーレースならではの戦いを楽しめるのが特徴で、さらにTCRでは当時すでに世界的に流行していたFIA-GT3で用いられていた性能調整システムをうまく使い、各メーカーが製作した競技車両を購入するシステムを採用した。これで車両コストが安くなり、参入しやすくなったことでシリーズが軌道に乗ると、またたくまに世界中でTCRを使ったレースが生まれた。

ピレリスーパー耐久シリーズでも、このTCR規格のクラスを2017年からST-TCRクラスとして新たに採用。なお2018年にはこのクラスの世界戦WTCR(ワールドツーリングカーカップ)が鈴鹿サーキットでも開催されたほか、2019年からはこのクラスの国内シリーズ「TCRジャパンシリーズ」も開催されることが決定し、現在のレースシーンでもかなり勢いのあるカテゴリとなっている。

世界的に参入メーカーも増えており、代表的な車種としてはHonda シビック・Type R TCR、フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR、アウディRS3 LMS TCRなどがある。

ST-Zクラス
FIA-GT3の弟分、急成長する『FIA-GT4』のクラス

【ST-Zクラス】代表車種:ポルシェ・718ケイマン・GT4クラブスポーツ

【ST-Zクラス】代表車種:ポルシェ・718ケイマン・GT4クラブスポーツ

世界中のアマチュアドライバーを虜にするポルシェが、GT4カテゴリーに向けて送り出したのが718ケイマン。最初のモデルは“クラブスポーツMR”という名がつけられていたが、2019年からリリースされる新車は車名も変更され、GT4の名を冠することになった。

近年FIA-GT3は人気が高まるにつれ競争が激しくなり、スピードが増すと同時にコストも高騰し、参入が難しくなる傾向がある。その代わりに、ここ2〜3年で盛り上がりをみせているのがGT3の“ひとつ下”のカテゴリーとして生まれたFIA-GT4規格。スーパー耐久でもST-Zクラスとして採用された。GT3カーと同じベース車が使われることも多いが、コストと速さが抑えられ、よりドライブしやすくなっている。

世界的に台数が増え、今季ST-ZクラスにはすでにメルセデスAMG GT4やKTMクロスボウ GT4などの参加が表明されており、ピレリスーパー耐久2019年シリーズでも注目のクラスとなっている。

主な車種としては上記のメルセデス、KTMのほか、アウディR8 LMS GT4、ポルシェ・718ケイマン・GT4クラブスポーツ、BMW M4 GT4、ジネッタG55 GT4などがある。

ST-1クラス
かつてのメインカテゴリー、
ST-Xに匹敵する速さを見せることも

2018年優勝チーム決勝
ベストラップタイム:2'10.396

【ST-1クラス】代表車種:ポルシェ911 GT3 Cup

【ST-1クラス】代表車種:ポルシェ911 GT3 Cup

世界各国で展開されているポルシェ カレラカップの専用車種。世界共通の規定であるため、流通している台数が多く車両のパフォーマンスも安定しているのが魅力。ポルシェ・カレラカップは競争も激しいためこのシリーズで活躍できればプロドライバー並みと言っても過言ではない。

排気量3,501cc以上のカテゴリで、かつてはスーパー耐久のメインカテゴリーであったが、時代とともにその姿を変え、今ではアマチュアドライバーにも参加しやすい、ハイパフォーマンスをもつワンメイクカップカーのためのカテゴリーとなっている。

鈴鹿サーキットでも開催されたポルシェ カレラカップ ジャパンやランボルギーニ・スーパートロフェオ、フェラーリ・チャレンジといったスーパースポーツカーのワンメイクレースに出場するマシンをこのカテゴリーで走らせることができる。なおワンメイクカップカーといえどGT3規格の一つなので、時にそのスピードはST-Xクラスにも迫り、総合順位で上位に食い込むことも。

主な車種は、ポルシェ911 GT3 Cup、フェラーリ488チャレンジ、ランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオ・エボなど。

ST-2クラス
日本を代表する四駆マシンのクラスに
FFディーゼルターボが参戦

2018年優勝チーム決勝
ベストラップタイム:2'20.446

【ST-2クラス】代表車種:スバルWRX STI

【ST-2クラス】代表車種:スバルWRX STI

長年スーパー耐久に挑戦を続けるTOWAINTEC Racingが送り出すマシンは、最新のWRX STIをDAMD製のエアロ等で武装。ドライバーラインアップも充実しており、近年ST-2クラスでは圧倒的な強さをみせつけている。

排気量2000ccから3500ccの四輪駆動車、または前輪駆動車のためのクラス。かつては四駆のみのカテゴリであり、三菱ランサー・エボリューションシリーズとスバル・インプレッサWRX STIという日本を代表する四駆スポーツカー同士の激しい戦いが展開され、スーパー耐久にとっても花形カテゴリーだったが、ランサー・エボリューションの販売が終了してからは、スバルWRX STIが圧倒的な強さを誇っている。なお2018年から前輪駆動車もこのクラスに参入可能となり、TEAM NOPROが高燃費を誇るディーゼルターボエンジンのマツダ・アクセラSKYACTIV-Dを投入し、新たな時代に突入している。

主な車種はスバルWRX STI、三菱ランサー・エボリューションX、マツダ・アクセラSKYACTIV-D。

ST-3クラス
FRマシンの集う激戦区クラス

2018年優勝チーム決勝
ベストラップタイム:2'17.932

【ST-3クラス】代表車種:レクサスRC350

【ST-3クラス】代表車種:レクサスRC350

レクサスRCには、SUPER GTでもベース車両となっている最上位グレードのRC Fがあるが、ST-3クラスで用いられるのはRC350。TRACY SPORTSがレーシングモデルを販売するなど台数も増えており、ST-3の主役の一台となっている。

排気量2000ccから3500ccの後輪駆動車のためのクラスがST-3。近年のスーパー耐久では最も激戦区のカテゴリーとも言えるクラスとなっている。それというのもベースとなる車両が多いためで、2018年もレクサスRC350、トヨタ・マークX、日産・フェアレディZなど多彩な車種が参戦。またドライバーも服部尚貴選手や阪口良平選手、山下健太選手などSUPER GTなどで活躍するプロの有名選手がこぞって参戦した。

それもあってか、ここ数年チャンピオン争いは激戦に。2019年も熱いカテゴリーなのは間違いないだろう。

ST-4クラス
1500〜2000ccの
ライトウェイトスポーツクラス

2018年優勝チーム決勝
ベストラップタイム:2'24.490

【ST-4クラス】代表車種:トヨタ86

【ST-4クラス】代表車種:トヨタ86

スバルBRZとともに開発されたトヨタのスポーツカーだが、モータースポーツ界ではこのスーパー耐久をはじめGAZOO Racing 86/BRZ Raceなど、あらゆるカテゴリーで活用されている。近年はプロドライバーが乗り込むことも多く、身近なスポーツカーをプロが操るテクニックは必見だ。

排気量1501ccから2000ccの車両のためのクラスがST-4。2000ccまでということで、若者にも人気のライトウェイトスポーツカーベースのマシンが多数参戦している。かつてはST-4までしかなかったため入門カテゴリーだったのだが、近年は参戦しやすさから台数も増えかなりの激戦区となってきている。2018年はトヨタ86が主役だったが、Honda S2000やインテグラ TypeRもまだまだ現役。さらにマツダ・ロードスターもその運動性能を活かし、見逃せない存在となっている。

ST-5クラス
高燃費コンパクトカーも活躍する
1500cc以下クラス

2018年優勝チーム決勝
ベストラップタイム:2'34.451

【ST-5クラス】代表車種:Honda フィット

【ST-5クラス】代表車種:Honda フィット

メジャーなコンパクトカーのフィットだが、競争の激しいスーパー耐久を戦うにあたっては数多くの苦労があった。J'S RACINGをはじめ導入に向けて多くの努力を重ねてきたチームの手により、現在では高い戦闘力を誇るようになっている。

排気量1500cc以下の車両のためのクラス。必然的に、街中で多く見るコンパクトカーが主役となるが、車両は各チームによってスーパー耐久仕様に仕上げられており、高い安全性とパフォーマンスを持っている。基本構造は市販車そのままのHonda フィットやトヨタ・ヴィッツ、マツダ・デミオ等のお馴染みのクルマが、その見た目からは想像もつかない速さでサーキットを駆け抜けていく様は必見だ。ベース車両のコストがあまりかからないことから最初の本格レースシリーズのエントリーには最適なクラスで、近年は台数も増えている。ちなみに、トップカテゴリーであるST-Xとのタイム差はさすがに大きいものの、それら上位クラスのマシンにうまく“抜かさせる”ことで有利に戦うのがこのクラスで戦うドライバーたちの重要なテクニック。ぜひご注目を。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ