F1

インナートラックファンエリア

“F1パドック”に最も近いエリア

インナートラックファンエリア

※2018年 インフィールドエリアの様子(2019年とは会場レイアウトが異なります)

2018年のF1日本グランプリ30回記念の特別企画として実施した『インフィールドエリア』がリニューアル。2018年に比べ、F1関係者がパドックに入るルートとファンとの接点を拡大。より多くのファンの皆さんに、ドライバーや関係者との交流のチャンスを提供します。
※2018年に設置したマシン展示や大型のトークステージはございません。

インナートラックファンエリア前の関係者用通路に設置されるミニステージでは、通行するF1ドライバーなどの関係者にインタビューを実施。このエリアだけの、生の声をお届けします。加えて、ビジョンモニター(サーキットビジョンと同様にコース映像を放映)やベンチの設置で快適性も向上しました。

販売価格 10月10日(木)券 10,000円
※10日(木)の入場は午後のみ可能です。
※10月1日(日)以降の料金は10,500円になります。
10月11日(金)・12日(土)・13日(日)券 各日20,000円
※13日(日)の入場は午前のみ可能です。
※10月1日(日)以降の料金は20,500円になります。
対象 指定席、カメラマンエリアチケットをご購入の高校生以上の方
※中学生以下はご利用いただけません。
※指定席:V1・V2・A1・A2・B1・B2・C・D・E・I・Q1・Q2・R・S席(アウトレットシートを含みます。金曜日券は対象外となります)
販売期間 2019年5月19日(日)〜
※限定枚数に達した時点で販売終了となります
販売数 各日400枚限定
販売窓口
パス
有効日時
詳細な時刻については決定次第ご案内いたします。
備考 ・上記「対象」のチケットをお持ちでない場合、インナートラックファンエリアパスをお持ちでも、インナートラックファンエリアへの入場は出来ません。
・オプション販売のため、上記指定席券、カメラマンエリアチケットとの同時購入が必要となります。インナートラックファンエリア券単体での販売はございません。
・10月10日(木)〜13日(日)の1日単位での数量限定販売となります。

マップ

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ