F1
  • F1日本GPトップ
  • 山本尚貴 フリー走行1回目にトロロッソ・ホンダより出走

山本尚貴 フリー走行1回目にトロロッソ・ホンダより出走

山本尚貴 フリー走行1回目にトロロッソ・ホンダより出走

F1日本グランプリの開幕が迫る中、日本のファンに嬉しいニュースが飛び込んできた。10月11日(金)に開催されるフリー走行1回目に、山本尚貴がトロロッソ・ホンダから出走することが発表された。
2018年にはスーパーフォーミュラとSUPER GT(GT500クラス)のダブルタイトルを獲得し、今シーズンもスーパーフォーミュラではランキングトップにつける山本は、7月に開催されたドイツGPを訪れトロロッソのチームに同行している様子や、レッドブルのファクトリーを訪れシミュレーターを体験したことなどが報じられていた。
小林可夢偉が走った2014年以来5年ぶりとなる日本人ドライバーによる走行が実現するフリー走行1回目は、10月11日(金)10:00にスタートする。


■山本尚貴選手のコメント

まず、今回私にこのような素晴らしい機会をくださったScuderia Toro Rosso、Red Bullグループ、そしてHondaに感謝を申し上げます。小さいころから自分の夢だったF1マシンを、鈴鹿という特別な舞台、そして日本人のファンの皆さんの前でドライブできることを本当にうれしく思っています。ここに来るまでに、F1のレース週末にToro Rossoに帯同したり、Red Bullのファクトリーでシミュレーターに乗ったりと、いろいろな準備を重ねてきました。当日は、チームが予選と決勝でいい結果を残せるよう、有益なデータを集めることが私のメインの仕事になりますが、それと同時に自身のパフォーマンスを最大限に 発揮できるよう努めたいと思います。27年前の鈴鹿でF1を見たあの日からずっと憧れ続けてきたこの舞台で自身が走れる事に感謝をし、その夢の瞬間をファンの皆さんとともに楽しみたいと思っています。ご声援、よろしくお願いいたします。

■Scuderia Toro Rosso チーム代表 フランツ・トストのコメント

今年の日本グランプリのFP1で、山本選手が素晴らしい仕事をしてくれると確信しています。彼は昨年のSUPER GTとSUPER FORMULAでダブルタイトルを獲得した才能あるドライバーで、鈴鹿サーキットについても熟知しています。いくつかのF1のレース週末でチームに帯同し、すでにエンジニアたちともいい関係を築いていますし、シミュレーターでのドライブも経験済みですので 、FP1を走る準備はできていると思っています。今回最も大切なことは、山本選手自身がこの世界で最も素晴らしいサーキットの一つである鈴鹿でF1マシンの走りを楽しむことです。そして、スタンドを埋める日本のファンの皆さんにも、その姿を見て喜ん でいただければと思っています。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ