F1
  • F1日本GPトップ
  • 決勝レースが終わっても、まだまだ楽しめるF1日本グランプリ!

決勝レースが終わっても、まだまだ楽しめるF1日本グランプリ!

決勝レースが終わっても、F1日本グランプリにはまだまだ楽しめるコンテンツがいっぱい!それをいくつかご紹介しよう。もちろん、次の日仕事であったり、やむを得ない事情で早く帰路につかなければならない人もいるだろうが、決勝レースの余韻に浸りつつ、できる限り長く楽しんで行っていただきたい。

決勝レース後、鈴鹿サーキット園内に留まるべき三つの理由!

1.帰宅ラッシュ
決勝レース直後は鈴鹿サーキットから帰路につく車が一斉に出発するため、周辺道路が大きく混雑する。いわゆる帰宅ラッシュである。しかし暫く鈴鹿サーキットに留まれば、帰る頃には周辺の混雑も収まり、スムーズにかつストレスフリーにお帰りいただける可能性が高まるのだ。

2.疲労
前夜は興奮のあまり十分な睡眠時間をとることなく、日曜日の決勝を迎える方も少なくないはず。決勝レースが終わり、表彰式も終わったら、一気に疲労感が襲ってくることもある。その状態で直ぐに帰路につくのはなかなかに大変だ。鈴鹿サーキットには疲れをリフレッシュできる施設があるのでそこで休息をとるのも良いだろう。

3.鈴鹿サーキットスタッフ推奨!
F1を愛する同志とは言え、大量の人の帰宅ラッシュに巻き込まれれば、どうしてもストレスを感じてしまうはず。スタッフ一同、お客様には年に一度のF1日本グランプリの最後、ストレスを抱えながら帰って欲しくない、という想いがあるのだ!休んでいこう!

という訳で、決勝レース後に楽しめるコンテンツ、疲れを癒せるポイントを紹介していこう。

1.プレイバックトークショー

プレイバックトークショー

ゲストをお招きしてGPスクエアF1ステージで開催される、決勝レースを振り返るトークショー。

詳細はこちら

2.チャリティーオークション

チャリティーオークション チャリティーオークション

決勝レース終了後、各チームより提供いただいた貴重なグッズなど、ここでしか手に入らないグッズが多数登場する「チャリティーオークション」をGPスクエアF1ステージで開催。
お宝をゲットできるチャンスだ。

詳細はこちら

3.西コースウォーク

西コースウォーク

決勝レース後のお楽しみ、激戦が繰り広げられた直後の西コースを歩ける貴重な体験ができる。ぜひF1のタイヤカスを拾って帰ろう。

詳細はこちら

4.アドバンスカート特別営業

アドバンスカート特別営業

本格的なモータースポーツ体験ができるレーシングカート「アドバンスカート」は、10月末をもって営業を終了する。このF1期間中は通常よりもお値打ちな特別料金で体験でき、また事前受付制なので、待ち時間が少なくスムーズに乗れる。このチャンスに、ぜひアドバンスカートを楽しんでいただきたい。

詳細はこちら

5.スタートシーンカード

スタートシーンカード

決勝後、モートピアの各アトラクションに乗るともらえる紙製のスタートシーンカード。これをライセンスセンター・メンキョセンターに持っていくと顔写真入りのプラスチック製記念カードが作れる。ぜひ観戦記念に作ってみよう。※翌日の月曜日も作成可能

詳細はこちら

6.観戦券でゆうえんち「モートピア」を満喫

観戦券でゆうえんち「モートピア」を満喫

大人から子どもまで、家族でも楽しめるアトラクションがあるのが「モートピア」。自ら操縦するアトラクションに乗るのも良し、サーキットホイール(観覧車)に乗って、上空から鈴鹿サーキット全体を眺めるなど、楽しみ方はたくさん。

詳細はこちら

7.天然温泉クア・ガーデン

天然温泉クア・ガーデン

気温が高いと、手に汗握る決勝レース後には結構な汗をかいているもの。一っ風呂浴びてさっぱりし、気分もリフレッシュしてから帰路につくにはもってこいの、天然温泉クア・ガーデンがおすすめだ。

詳細はこちら

8.鈴鹿サーキットホテルのレストラン「S-PLAZA」

鈴鹿サーキットホテルのレストラン「S-PLAZA」

GPスクエアから歩いて10分のホテルレストラン。地元三重の魅力的な食材を使い“贅を尽くした”渾身のビュッフェや、グリルレストランで、三重の幸鉄板焼ディナーを楽しめる。最後にちょっと贅沢な食事はいかがだろうか?

詳細はこちら

いかがだろうか。他にも紹介しきれていないポイントはたくさんあるので、時間に余裕がある方が対象とはなってしまうが、ぜひF1日本グランプリ、鈴鹿サーキットを「フル」に満喫していただきたい。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ