第1回 MOTO自慢 presented by 2りんかん

決勝リザルト発表

8月7日(日)、鈴鹿8耐と同時開催された「第1回 MOTO自慢 presented by 2りんかん」決勝リザルトを発表いたします。総合優勝は491票を集めたUZKさんのzephyr20XXとなりました。その他の入賞者は下記PDFからご覧ください。
市販車No.1マシンを決める「第1回 MOTO自慢」は、ナンバー付きの2輪車をお持ちなら誰でもエントリーいただけるイベントです。本大会は、イベントタイトルスポンサーに、株式会社2りんかんイエローハット(埼玉県和光市・代表取締役社長 石渡淳)が決定し、「第1回MOTO自慢 presented by 2りんかん」の名称で開催されます。

アプリ「イベコミ」をインストールし、ナンバー付きの公道走行可能な2輪車をお持ちの方なら9カテゴリーにエントリーいただけます。また、投票はエントリーの有無、免許の有無に関わらず、どなたでもご参加いただけます。

大会アンバサダーに伊藤真一さん、レイザーラモンRGさん、チュートリアル福田充徳さん、梅本まどかさん、Rurikoさんが就任

今回「MOTO自慢」の大会アンバサダーとして伊藤真一さん(元世界GPライダーで現在Astemo Honda Dream SI Racing監督)、月刊『オートバイ』の取材で来場されるレイザーラモンRGさん、チュートリアル福田充徳さん、そしてオートバイ女子部の梅本まどかさん、Rurikoさんをお迎えして大会を盛り上げていただきます。

「第1回MOTO自慢」参加&投票方法

アプリ「イベコミ」をインストールし、最初にプロフィールを作成ください。「MOTO自慢」にエントリー希望の方は、マシンのプロフィールから愛車画像(6枚)と共にアピールポイントなどの詳細を入力するだけで、エントリーが完了します。エントリーの有無に関わらず、アプリユーザーであればどなたでも投票可能です。お気に入りのマシンを見つけたら、ぜひ投票ください。予選は最大10台、決勝は最大20台までに投票が可能です(1台1回限り有効) 。
 

■予選入賞者賞典

9カテゴリー×入賞5位迄(合計45台)のマシンは鈴鹿サーキット特別パレードを開催いたします。また、8月6日(土)・7日(日)には、交通教育センター特別ブースに"リアル展示"いたします。

■決勝入賞者賞典

8月7日(日)は、鈴鹿8耐同様に8時間(11:30〜19:30)で投票を競い、全投票数で1番多かった総合優勝者には完全オリジナル「JBLヘッドホンヘルメット」を贈呈。鈴鹿サーキットより各カテゴリー3位入賞者にはMotoGP™日本グランプリ観戦チケット(9月開催予定)を、1位にはスズシカトロフィーを贈呈します。また、各9カテゴリー入賞の皆様には協賛企業様のe☆イヤホンより、1位:AKRACING Overture Gaming Chair、2位:SONY LinkBuds S、3位:JBL FLIP6、4位:Razer BlackShark V2 X、5位:LOOP experience イヤープロテクターなど総額100万円相当の賞品が贈呈されます。この他にも、各種特別賞は決定次第、順次発表いたします。合わせて全入賞者の車両画像を、鈴鹿8耐公式ウェブサイトに掲載いたします。
協賛企業特別賞一覧はこちら

「第1回MOTO自慢 presented by 2りんかん」総合優勝賞品「JBLヘッドホンヘルメット」カブトF-17に決定。さらに「#JBLカブト」ツイートで抽選で1名様にプレゼント。

「第1回MOTO自慢」の総合優勝者に贈られる非売品「JBLヘッドホンヘルメット」が、Kabuto独自の最新空力技術を採用した、リアルレーシング・エアロダイナミクスモデルF-17に決定しました(協賛:オージーケーカブト)。この総合優勝者に贈られる「JBLヘッドホンヘルメット」(ペイントbyピーズファクトリー様)を、第1回大会を記念して「#JBLカブト」を付けてツイート頂いた方の中から抽選で1名様にプレゼント。締め切りは8月7日(日)、当選者にはDMをお送りし、サイズを確認の上、制作いたします。詳しくはこちら(外部サイト)
 

「第1回MOTO自慢」にライダー・関係者が参戦決定

  • 長島哲太

    初開催のMOTO自慢にエントリーさせていただきます!沢山の方々がどんなバイクを見せてくれるのかを楽しみにしてます!自分も自信はないですが、エントリーするので皆さんと一緒に楽しんでいきたいです!よろしくお願いします。
  • 加賀山就臣

    自分でカスタムして、こだわり抜いた車両を選びました。みなさんに見てもらうのが楽しみだぜ!本当は内緒で、一般エントリーしてみようかな...
  • 渡辺一馬

    初開催のMOTO自慢にエントリーさせていただけて光栄です。この企画を聞いた時からどのバイクでエントリーするか迷ってます(笑)又、皆さんがどんなバイクを出すのかも楽しみです!MOTO自慢と共に3年振りの鈴鹿8耐に向けて一緒に盛り上がっていきましょう!僕もレースも投票も上位を目指すので応援宜しくお願いします!
  • 渡辺一樹

    MFDさんでゲットした、再生回数100万回超えの、どノーマルバイク!ノーマル車としては日本一有名なはず(笑)バージョンアップしてもっと有名にします!
  • レイザーラモンRG

    ドレミコレクションさん製のCB1100改のCB1100Rレプリカです!学生の頃に憧れて手が届かないに決まっている絶版名車を、現行モデルの性能と信頼性で乗れるんです!出来が良すぎて、そんなレプリカ、本物じゃないよ、なんて言う人もほぼいないんです!
  • チュートリアル福田充徳

    ベースは70年代のR100RS、46WORKSでカフェレーサー化してもらったカスタムバイクです。穏やかなエンジンにFCRキャブを組んであって、前後サスも現代風にリプレイスしています。スーパースポーツ大好きですが、空冷ボクサーツインも素晴らしいよー!
  • 梅本まどか

    ハンドルくらいしか交換していませんけど、本当に乗りやすいんですよ!他のバイクもカッコイイなって思うこともありますけど、今のCBは絶対に手放しませんよ!
  • Ruriko

    隼が楽しすぎて納車3ヶ月で1万キロ走りました!
    オリジナルで車体に合わせた紺色のラインをラッピングで入れています。シュッとしてスポーティでかっこいいんです。
    オンリーワンのデザインなので、全国どこでも声かけて貰えます!
  • Team de"LIGHT 片岡誉

    自分が歳を取って乗るんだったらこんな車両がいいかな〜・・・と思って作った車両です。
    排気量もそんなに無くてもいいかな・・・車体は軽いくて、楽な方がいいよな…あんまり乗るのに準備や、仰々しくなるのも嫌だし・・・でも皆に見てもらいたいし、かっこいい方がいいし・・・古い感じが好きだけど、壊れるのも嫌で安心して乗りたいし・・・フレームを切ったり溶接したりすると、売る時買取価格が安くなるし・・・そんな思いをすべて解決したいと思って作った車両です。
    エンジンや車体は現行車両で安心!外装まわりはすべて車体側を加工せずに、クラシックバイクに見間違えるほどのクラシカルな雰囲気で作りました。
  • 藤原克昭

    愛車ZX-14Rでエントリーします!
    年式は、、、2013年だったかな。
    現役時代、川崎重工業様からプレゼントいただきました!

    フルチタン、バックステップ、カウルなど、ちょいちょいカスタムしてます。

    今は、全国13拠点でバイク店舗を展開している株式会社ワースワイル(MFD)の部長執行役員です!バイクをお求めの方、克昭まで(笑)

「#CB750Fエントリーで当たる」のハッシュタグ投稿で、Honda CB750Fをプレゼント

「第1回 MOTO自慢 presented by 2りんかん」を開催するアプリ「イベコミ」を運営するBINGO SPORTS(株式会社BH AUCTION)が所有するHonda CB750F(1981年式/RC04/走行距離25,000km)を、第1回MOTO自慢にエントリーいただいた方の中から抽選で1名にプレゼントいたします。応募方法は「第1回MOTO自慢」エントリー後に、Twitterで「#CB750Fエントリーで当たる」をつけてツイート下さい。当選者には、8月15日(月)に、DMにてご連絡いたします。※当選の際にアプリユニークIDの確認が必要となります。詳しくはこちら(外部サイト)

8耐特別仕様ほりにし(非売品)を先着1,000名様にプレゼント

8耐ほりにし(非売品)
8耐ほりにし(非売品)
大人気アウトドアスパイス「ほりにし」とコラボした「8耐ほりにし(非売品)」をMOTO自慢にエントリーいただき、かつ鈴鹿8耐観戦にお越しの方、先着1,000名様にプレゼントいたします(配布場所:GPスクエア内「ほりにしブース」)。提供:Orange
「MOTO自慢」に参加するためのアプリ「イベコミ」の詳細はこちら
「MOTO自慢」に参加するためのアプリ「イベコミ」の詳細はこちら

アプリダウンロードはこちら

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。