トップフォーミュラの興隆 F3000(1987年〜1995年)

1987年最終戦スーパーファイナルラウンドin鈴鹿。
それまでJAF鈴鹿GPとされていたレース。
スタートでトップに立ったのは鈴木亜久里、続いて G.リース、星野、J.ラマースだ。
Photo:SAN-EI

 日本のF3000シリーズは1987年からF2に代わってスタートした。F2 時代のHondaエンジンユーザーには国際F3000選手権で使われていたHondaRA386Eが供給され、ヤマハユーザーにはDFVヘッドを5 バルブ化したヤマハOX77が供給された。そのほかのチームはコスワースDFVを使用した。

 全日本F3000は日本の好景気や鈴鹿でF1GPが開催されたこと、中嶋悟がF1に進出したことで巻き起こったモータースポーツブームで注目を集めた。1988年からはF3000に全日本選手権のタイトルが懸けられた。エンジンも無限からMF308が安定して供給されると多くのチームが無限を採用、各国内チューナーによってメンテナンスされた。

 ビッグスポンサーによって支えられたチームも増え「勝てる」ドライバーが不足していたこともあり、即戦力としてヨーロッパから勝てるドライバーの招聘が相次いだ。F2時代から活躍するG.リースは、F3000以外にもグループCやグループAレースに出場し、毎週どこかのサーキットでステアリングを握っていた。リースのようなドライバーはその後も増え、エマニュエル・ピロ、ジョニー・ハーバート、エディ・アーバイン、ローランド・ラッツェンバーガー、ハインツ=ハラルド・フレンツェン、ミカ・サロ、トム・クリステンセン、アンドリュー・ギルバート=スコットらがステアリングを握った。後に全日本F3000からF1やル・マンで活躍するドライバーが誕生した。そのなかでもロス・チーバーは全日本F3から全日本F3000へ進出した珍しい存在だった。

90年の2&4鈴鹿。レース前の参加ドライバー30人による記念撮影。
うち10名が外国人ドライバー。
翌年以降も参戦ドライバーは増えてゆく
Photo:SAN-EI

 また当時はマーチやローラ製マシンに加え、レイナードやラルト(全てイギリスのレーシングカーコンストラクター)なども参戦し、各チームは勝利を得るためにシーズン途中でマシンを変更することも多くみられた。海外からのF3000マシン購入が相次ぐなか、童夢やムーンクラフトではオリジナルマシン開発が試みられた。童夢では1991 年よりオリジナルマシンF102を投入。1992年(第5戦)と1993年(第6戦)にはF103 で勝利を挙げることができた。そして1994年にはF104に乗るマルコ・アピチェラが全日本F3000のシリーズチャンピオンを獲得する。その後童夢はF1マシン、F105を開発したがF1への参戦には至らなかった。

 1988年には鈴木亜久里がF3000でチャンピオンを獲得し、同年の日本GPではF1にスポット参戦し、1989年からF1にフル参戦。1990年のF1日本GPでは3位表彰台を得ることができた。1991年には片山右京が全日本F3000でチャンピオンを獲得し、翌年にはラルースからF1デビューを果たす。同じ1991年にはSUGOでミハエル・シューマッハーが全日本F3000 にスポット参戦し、総合2位となり、同年のベルギーGPでF1デビューを飾った。その後も中野信治や高木虎之介が全日本F3000を経てF1へとデビューしている。 多くのF1ドライバーを輩出した全日本F3000時代の8年間、その中でもキングといえる存在だったのは、やはり星野一義だろう。星野は初年度の1987年をはじめ1990年、1993年と3度のタイトルを獲得し、それ以外のシーズンでも2位・3位とランキング上位となっている。

 次回は、日本独自のフォーミュラシリーズへと変貌を遂げる「フォーミュラ・ニッポン」についてご紹介する。

国内トップフォーミュラで最後の戴冠となった1993年。
F2000時代からF2/FP/F3000では50勝、8度の戴冠を得た。
Photo:SAN-EI
F2000時代には国産フォーミュラがシリーズを制したこともあったが、
F3000となってからは初めてシリーズを制した童夢F104。
ドライバーのM.アピチェラもチャンピオンに。
Photo:SAN-EI
フル参戦の1995年、シーズン3勝を挙げシリーズ2位となった高木虎之介。
翌年から始まるフォーミュラニッポンへ弾みをつけた。
Photo:SAN-EI

(敬称略)

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。