S

今年も全席ファミリーシート。ご家族での観戦時に助かる環境が充実

観戦ビュー

座席表の動画はこちら
■S席からの観戦イメージ

S席からの観戦イメージ

最終コーナー終盤のS席。シケインを立ち上がり、最終コーナーを駆け抜けてくるマシンの姿をほぼ真正面から観る事ができる。フェンス越しのビューになる席が多いが、迫力は抜群だ。ここは第1回大会が行われた1987年からあり、当時11歳だった佐藤琢磨選手がこの場所で初めてF1を観戦。それがきっかけとなりF1ドライバーになることを決意したというエピソードがあるスタンドなのだ。

ファミリーシート

2013年からはS席全体がファミリーシートとなり、ご家族全体でレース観戦を楽しめるようになっている。今までは小さなお子様を連れていると他のお客様の迷惑にならないよう、常に配慮しなければならない事が多かったが、周りは同じようにお子様連れのご家族しかいないため、あまり気を遣いすぎることなく観戦できるのではないかと思う。またS席専用の設備も充実しており、お子様連れのご家族にとっては便利な席になっている。

座席へのアクセス

GPスクエアから最終コーナー方面へ歩き、上り坂になってはいるが約5分程度で辿り着ける。近くに観覧車「サーキットホイール」があるので、初めてS席へいく方も目印になりやすい。最終コーナー側に行けば最終コーナーエントランスもあるため、ゆうえんちモートピアやメインゲートへのアクセスも簡単だ。

席周辺の環境

S席専用のトイレやすぐ近くに売店などがあり、小さなお子様を連れたご家族には役立つ環境となっている。またS席最大のメリットはゆうえんちモートピアの各アトラクションへのアクセスが比較的簡単だということ。観覧車「サーキットホイール」は目の前で、大人気のレーシングシアターは約2〜3分でアクセスできる。またレーシングシアター前の広場ではお子様向けのイベントも多数開催されており、ファミリーシートを利用されるご家族が楽しく過ごせる場所になっている。最終コーナーエントランスを利用すれば、GPスクエアを経由しなくても「コチラのプッチタウン」や「ピピラのモトフィールド」などにいくことができるなど、レース観戦以外の時間はゆうえんちで遊びたいというお子様連れのご家族には最適な観戦エリアだ。

座席表

View.01
各Viewをクリックすると動画が再生されます(Youtubeに移動します)

座席表

座席表 View.01 View.02 View.03 View.04 View.05

各Viewをクリックすると動画が再生されます(Youtubeに移動します)

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ