A2

時速300kmで1コーナーへ飛び込むマシンを、目の前で観戦!1コーナーゲートからすぐ!

観戦ビュー

■A2席からの観戦イメージ

A2席からの観戦イメージ

1コーナー前の席。鈴鹿の1コーナーをほぼアクセル全開で飛び込んでいく瞬間から2コーナーの出口付近までを見渡す事ができる。鈴鹿サーキットの中でも非常に難易度が高い複合コーナー。各ドライバーも、良いタイムを出す上で非常に重要なセクションと位置づけているだけに、コース幅いっぱいを使って走行する各ドライバーの“技”を実際に間近で観ることができる。上段の席であれば僅かではあるがS字コーナーの進入まで確認することが可能。A1席の隣に建てられる席だけに、ストレートでの走りを観戦する場所というイメージをお持ちの方も多いだろう。ただ実際にはコーナーが目の前にある観戦エリアになる。決勝レース時にはスタート直後の激しいポジション争いはもちろん、追い抜きシーンなども期待できる。特にDRS(可変リアウイング)の導入により1コーナーでの追い抜きが非常に増えただけに、今年も大興奮のバトルが繰り広げられるだろう。

さらにメインストレートにあるリーダーボードも確認できるだけでなく、A2席専用の大型ビジョンも完備。場所により角度的に見えにくい席はあるものの、基本的に遠くて画面が見えないということはない。

席周辺の環境

A2席は1コーナーのすぐ手前になってしまう分、GPスクエアから少し離れてしまう。しかしA1、2席専用の通路があるため比較的スムーズに移動できる。また、席周辺には売店や仮設トイレも多いが、A2席専用ではないので、混雑する場合もある。観戦ビューのことを考えるとレース時はA2席に来て、それ以外はGPスクエアへというスケジュールも十分に可能だ。

またA2席裏にある1コーナーゲートを活用することができる。付近の駐車場を利用するお客様や鈴鹿サーキット稲生駅(伊勢鉄道)から歩いて来場されるお客様は、メインゲートに行かなくても直接1コーナーゲートからA席へ向かうことができ、大幅な時間と移動距離の短縮になる。

座席表

座席表

座席表

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ