スーパーフォーミュラ最終戦 JAF鈴鹿グランプリ
スーパーフォーミュラ最終戦 JAF鈴鹿グランプリ>注目情報>初めてでも大丈夫!JAF-GPを2倍・3倍楽しむ方法

初めてでも大丈夫!JAF-GPを2倍・3倍楽しむ方法

初めてでも大丈夫!JAF-GPを2倍・3倍楽しむ方法
 今年も10月21日(土)・22日(日)に2017全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦「第16回JAF鈴鹿グランプリ」が開催されます。

いよいよ“日本一速い男”が決まる1戦。特に今年は毎レース勝者が入れ替わり、誰が勝ってもおかしくないほどの接戦が続くシーズンとなっています。

そんなスーパーフォーミュラの最終戦。毎年欠かさず通っていただいているファンの皆様は、見どころや楽しみ方を熟知されているかと思いますが、初めて行く方にとっては「現地での過ごし方・楽しみ方」がわからず、サーキットへなかなか足を踏み出せないのが現状だと思います。

でも、JAF-GPは初めての人でも気軽に参加して楽しめますし、F1日本GPをはじめ、他のレースとは違った楽しみ方ができるのも大きな魅力です。

今回は現地での過ごし方を初心者ファン目線でご紹介していきます!

グランドスタンドだけじゃ勿体ない!各コーナーに出かけてみよう!

初めてでも大丈夫!JAF-GPを2倍・3倍楽しむ方法
 JAF-GPではグランドスタンドが自由席になるので、普段は見られないスタートシーンやピットでの作業風景も必見なのですが、現在のスーパーフォーミュラの魅力は何と言ってもコーナリングスピード!

特にコース前半のS字コーナーは、F1に匹敵するほどのスピードを発揮します。ほとんど減速せずにコーナーを駆け抜けていく姿は、迫力満点です。

実際に、スーパーフォーミュラで発揮される迫力あるコーナリングが好きで、S字や逆バンクスタンドへ観戦に行くというファンも非常に多く、4月に行われた開幕戦も賑わっていました。

今年はホスピタリティラウンジパドックパスをお持ちの方は、パドックエリアからS字へ直通するトンネルも開通したので、かなりアクセスが便利になっています。

F1では、なかなか入れないパドックに行ってみよう!

初めてでも大丈夫!JAF-GPを2倍・3倍楽しむ方法
 F1では、ごく限られた人しか入れないと言われているパドックエリア。しかし、スーパーフォーミュラでは、観戦券とは別に「パドックパスが必要になりますが、パドックへ行くチャンスは十分にあります。

GPスクエアからパドックへつながるトンネル。その先が実際にどうなっているのか?ぜひ、この機会に体験して見てください。

もちろん、F1の時とは違って各チームのトランスポーターが並び、少し狭く感じる印象はありますが、各チームの前線基地となっている場所。コースサイドのスタンドでは感じられない緊迫感を味わうことができます。

さらに、ドライバーやチーム監督もいるため、チャンスがあればサインをもらうこともできますが、基本的にレースの準備でチームスタッフとともに忙しくしているため、マナーを守って行動しましょう。

レースがない時間はゆうえんちで遊んじゃおう!

初めてでも大丈夫!JAF-GPを2倍・3倍楽しむ方法
 今回のJAF-GP観戦チケットには、ゆうえんちの遊び放題券「モートピアパスポート」が1日分付いています。これを機にマシンの走行がない時間帯などを見つけて、遊びに行ってみましょう。

鈴鹿サーキットにはお子様向けのアトラクションはもちろん、大人の方でも楽しめるアトラクションも満載!特に人気なのが、鈴鹿サーキットでのレースを疑似体験できる「レーシングシアター」。グランドスタンドからも近いので、気軽に行くことができます。

もちろん、観覧車「サーキットホイール」にも乗ることができます。東コースを一望できる景色を楽しむことができるので、フリー走行などスーパーフォーミュラのセッションに乗ってみるのもいいかもしれませんね!

※アドバンスカートなど、一部モートピアパスポートの対象外となっているアトラクションもありますので、ご注意ください。

ドライバーに会える!『ピットウォーク』

初めてでも大丈夫!JAF-GPを2倍・3倍楽しむ方法
 各レースで大人気のイベントといえば、ピットウォーク!このJAF-GPでも土・日の2日間で開催予定です。

観戦券とは別に「ピットウォーク券」や「パドックパス」などのチケットが必要になりますが、普段は立ち入ることができないピットロードが解放され、各チームのマシンが間近でみられます。とはいっても、両日とも予選や決勝に向けてメンテナンスしている真っ最中。そう行った緊迫したシーンも必見です。

さらに、レースクイーンも登場しますし、もちろんドライバーもファンサービスのためにピット前に姿を現してくれます。ただし、レース前で多忙であるため、ピットウォーク中の全ての時間で対応してくれるわけではありません。サイン会の列に並んでいても、サインがもらえない場合もあるので、ご了承ください。

また、予選日の夕方には中学生以下のお子様と、そのご家族を対象にしたキッズピットウォークも開催されます。特に小さなお子様と一緒に来場しているご家族は、混雑するお昼のピットウォークを避ける方も少なくなかったですが、キッズピットウォークは比較的余裕があるのに加え、入場は無料!ぜひ参加してみてください!

一番の見どころはスタート!Race1

初めてでも大丈夫!JAF-GPを2倍・3倍楽しむ方法
 いよいよ決勝日。午前中にはRace1が行われます。ここでは、途中のピット作業もなく、スタートからゴールまで19周(30分強)のスプリント勝負になります。

見どころは、やはりスタート!シリーズ開催コースの中では、比較的オーバーテイク(前の車を抜く)の機会が多いと言われている鈴鹿サーキットですが、それでも19周勝負になるとチャンスは限られます。なので、各ドライバーともスタートで順位をあげようと1コーナーまでに激しいポジション争いを繰り広げます。

グランドスタンドで、スタートのシーンを観戦するのも良いですが、1コーナースタンドから観戦しても19台が一気に1コーナーを目指してくるとところは迫力満点です!

いよいよ最終決戦!Race2

初めてでも大丈夫!JAF-GPを2倍・3倍楽しむ方法
 午後になると、運命の最終決戦。Race2がスタートします。2017年シーズンも、ここでチャンピオンが決まる最後の大一番。サーキット全体がこれまでにない緊張感に包まれます。

このRace2では、Race1よりも長い36周のレースです。途中にタイヤ交換の義務が発生するため、各チームともにどのタイミングで入るか?という戦略も分かれてくるため、Race1よりも順位が大きく変動するレースが楽しめます。

そして、このレースで2017年のシリーズチャンピオンが決定。今年も大激戦となっているシリーズを、果たして誰が制するのか?チャンピオン決定の瞬間を、その目に焼き付けましょう。

シーズンの締めくくりは、みんなでパーティー!

初めてでも大丈夫!JAF-GPを2倍・3倍楽しむ方法
 Race2終了後には、今年もシーズンエンドセレモニーが開催予定。全ドライバーが登場し、1年間応援してくれたファンの皆さんに感謝の挨拶をします。これで今シーズンも終了…なのですが、スーパーフォーミュラでは、最終戦が終わった夜に、こちらも全ドライバーが出席する「シーズンエンドパーティー」が開催されます。

これは、ホスピタリティラウンジの2階で開催される毎年恒例のイベントで、ドライバーとファンの距離が一番近いのも魅力的。さらに参加者の中から抽選で、各ドライバーが持ち寄ったスペシャルプレゼントも当たる可能性があります!

このパーティーは観戦券とは別に参加チケットが必要になりますが、ビュッフェ形式で美味しい料理も堪能できるイベント、ぜひ参加してみてください!

F1とは違って、ドライバーやチームとファンとの距離が近く、そしてF1に負けないくらいの速さを誇るマシンで0.001秒単位の接戦が繰り広げられるスーパーフォーミュラ。鈴鹿サーキットで開催される4輪の国内ビッグレースイベントは、これが最後となるため、“2017年のレース観戦納め”のためにも、鈴鹿サーキットに足を運んでみませんか?
JAF会員はお得!
チケット情報はこちら

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ