パドックパス

センターハウスでレジェンドマシンを展示

センターハウスでレジェンドマシンを展示

ピットウォークイメージ

ピットウォークイメージ

激感エリアイメージ

激感エリアイメージ

ピットウォークイメージ

ピットウォークイメージ

パドックパス (2日間有効 ※別途観戦券が必要)

パドックパスを使って鈴鹿サーキットをまるごと楽しもう!

パドックパスがあれば観戦席に加え、激感エリア、ホスピタリティテラス、パドックエリアで観戦が可能!
パドックでライダー、キャンペーンギャルに間近で会えたり、ピット裏でのチームの作業を見たりと、思う存分にレースをお楽しみいただけます。特典として、レースの迫力を体感できる「激感エリア(1コーナー手前イン側・2コーナーイン側・S字コーナー・逆バンクイン側・最終コーナーイン側)」へのご入場、またピットウォークへのご参加もいただけます。また、ピットビル3階のホスピタリティテラスにもご入場いただけます。
  • パドックパス
    <大人(中学生以上)>
    4,200円
  • パドックパスJr.
    <子ども(3歳〜小学生)>
    無料
ご入場可能エリア

・ホスピタリティテラス(ピットビル3階)

・パドック

・激感エリア

・S字トンネル通行可

購入特典をみる

●センターハウスにレジェンドマシンが集合!!
『パドックパスがあれば歴代最高峰のマシンが間近で見られる!!』
展示マシン:1984年 YZR500(0W76)

1984年 YZR500(0W76)
1984年 YZR500(0W76)
※その他の車両は決定次第、ご案内いたします

●ピットウォークへのご参加

注意事項をみる
※パドックパスのご購入には観戦券が別途必要です。
※ホスピタリティラウンジ(ピットビル2階)にはご入場いただけません。
※前売りパドックパス完売の場合、当日パドックパスは販売いたしません。
※特典のピットウォークはスケジュールの都合で予告なく変更または中止となる場合がございます。

パドックパス フル活用のススメ

普段行けない場所から観戦できたり、移動もラクだったり、イベントに参加できたり…パドックパスがあれば何倍も楽しめる!パドックパスをフル活用する方法をご紹介!

(1)S字トンネルでらくらくD席にアクセス

今まで行くのがすごーく大変だったD席方面(GPエントランス・センターハウスから約20分)がS字トンネルを使うとGPエントランスから約8分。センターハウスからはなんと約5分で移動が可能!S字トンネルはあなたの観戦スタイルを劇的に変える魔法のトンネルだ!

※S字トンネルは階段があり車椅子やベビーカーでのご通行はできません。

S字トンネルでらくらくD席にアクセス

C席・D席・E席の魅力(S字コーナー〜逆バンク・ダンロップ)

【1】ドライバーとメカニックの腕が試されるS字・逆バンクを一望できるエリア。
C席・D席は2コーナーからS字・逆バンクまでの一連の流れを観ることができる。鈴鹿サーキット攻略で最も難しいと言われているチームやマシンの実力差、ドライバーの腕の差がタイムに現れるコーナーだ。
C席からのビュー(S字進入)

C席からのビュー(S字進入)

C席からのビュー(2コーナー方面)

C席からのビュー(2コーナー方面)

D3席からのビュー

D3席からのビュー

D2席からのビュー(逆バンク正面)

D2席からのビュー(逆バンク正面)

D5席のビュー(S字方面)

D5席のビュー(S字方面)

C席・D席・E席はF1でカメラマンエリアがたくさん出来るエリアだからシャッターチャンスもいっぱい!

(2)特別な場所で観戦【激感エリア】

パドックから直接アクセスできる5つの激感エリア。そこは走行中のマシンを至近距離で観戦できる大迫力の特別な場所だ!

※激感エリア設置場所:1コーナーイン側、2コーナーイン側、S字コーナーイン側・逆バンクイン側・最終コーナーイン側


激感エリアの移動に役立つ強い味方となるのが無料シャトルバス【パドックシャトル@激感】。
激感エリアの移動にはもちろんのことS字トンネル・センターハウスへの移動にも使うことができる。

※運行は11月4日(日)の走行開始〜走行終了までとなります。

※パドックシャトル@激感乗車場所:センターハウス、SMSC事務所、Cパドック、Eパドック

激感エリアイメージ

激感エリアイメージ

パドックシャトルイメージ

(3)プレミアムエリアで観戦【ホスピタリティテラス】

ピットビルディング3階からの眺望は抜群!さらに観戦席1,600席完備でゆったり観戦できます。

ホスピタリティテラスの魅力

【1】ホームストレートを駆け抜けるマシン...興奮のスタート、感動のゴールシーンを間近で体感できる!
【2】1コーナーから2コーナー・S字コーナー、逆バンクからダンロップ進入までのバトルや駆け引きまで見渡せます!
最終コーナー側からの眺め(イメージ)

最終コーナー側からの眺め(イメージ)

ホームストレート正面(イメージ)

ホームストレート正面(イメージ)

1コーナー方面の眺め(イメージ)

1コーナー方面の眺め(イメージ)

(4)ピットウォークに参加可能

予選、決勝の各日お昼に設けられるピットウォークは選手やチームのファンサービスタイム!普段は入ることのできないピットレーンに入れるだけでなく、各チームのマシンを間近に見られたり、ファンサービスに参加できるなど見所だらけ!ファンサービスの内容はマシンへの乗車、サイン会、チームグッズ配布など選手やチームによって特徴があるので、色々なピットをまわって楽しもう!
ピットウォークイメージ ピットウォークイメージ

(5)パドックビジョンとFREE Wi-Fiで観戦環境UP!

パドックビジョンとRACE NOWの登場でパドックエリアにいながらもレース状況がバッチリ把握できる!
パドックビジョンイメージ パドックビジョンイメージ
RACE NOW(イメージ)

RACE NOW(イメージ)

RACE NOW(イメージ)

RACE NOW(イメージ)

RACE NOW(イメージ)

RACE NOW(イメージ)

利用者の操作で見たい情報を絞り込んで表示することが可能!
見たい順位(〇位〜〇位)や見たい選手(No.〇とNo.〇)または、見たいクラスなどの絞り込み表示が可能です。
コース図の上をゼッケンが動くことで、コース上の車両位置を確認できる!
画像(アニメーション)でレース状況を分かりやすく表現。トップ車両・ピットイン車両など走行状態別でゼッケンアイコンを色分けして表示し、見易さを追求しました。
管制メッセージ表示機能
レースコントロール(管制)からのコメントを見ることができる機能。これまでは施設が設置しているモニターにのみ表示されていたコメントが表示されます。例)T2イエロー、No.〇ドライブスルーペナルティなど

(6)関係者気分が味わえる場所【パドックエリア】

レース期間中、パドックはチーム関係者にとって「楽屋」のような場所。ピット裏にはトランポと呼ばれる大型トレーラーがズラッと並び、その光景は圧巻!トランポで出待ちをしていれば、お気に入りの選手のサインをゲットすることも可能。なんといっても、普段見られないレースの世界を覗けることで、非日常を味わうことができる。
パドックエリアイメージ パドックエリアイメージ

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ