SUZUKA Sound of ENGINE 2017

Group C

MAZDA 767B Red Bar

1989

MAZDA 767B

 マツダが1988年に全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)参戦用に開発し、4ローター630馬力エンジンを搭載。ル・マン24時間レースにも参戦し7位を記録。マシンは後に787Bへと進化し、1991年のル・マン24時間レースで日本車初の、そして2016年まで日本メーカーとして唯一の総合優勝を飾った。

NISSAN R86V Red Bar

1986

NISSAN R86V

 NISSANがル・マン24時間レース制覇を視野に全日本耐久選手権シリーズ(後のJSPC・スポーツプロトタイプカー選手権)に投入したのがR86V。V型6気筒3000ccツインターボ、680馬力以上のVG30ETエンジンを搭載。この年星野一義/松本恵二/鈴木亜久里が参戦したル・マン24時間も含め優勝はなかったが、全日本では3戦で予選1位・2位、フロントロウを独占する速さを見せた。

NISSAN SILVIA TURBO C Nichira March 83G Red Bar

1983

NISSAN SILVIA TURBO C Nichira March 83G

 1983年からスタートした全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)シリーズに合わせてニッサンが投入したシルビア・ターボC。1983年の鈴鹿1000kmでは星野一義が耐久王者ポルシェ956が持つコースレコードを一気に7秒以上も短縮する驚異的なタイムで予選ポールポジションを獲得するなど、存在感を見せつけた。

ADVAN alpha Nova 962C Red Bar

1989

ADVAN alpha Nova 962C

 1983年から始まった全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)はポルシェ956、962Cが圧倒的な強さを見せシリーズを席巻。1989年は打倒ポルシェに燃えるトヨタ、日産のマシンがいよいよ反撃開始。トヨタ89C-Vが強さを見せたもののポルシェの牙城は崩せず、台風で延期となり最終戦として開催された鈴鹿1000kmを制したADVAN alpha Nova 962Cの高橋国光/スタンレー・ディケンズ組が逆転でシリーズチャンピオンを獲得した。

MCS・Guppy Red Bar

1985

MCS・Guppy

 数々のレーシングカーを制作してきたムーンクラフトが1983年の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)に参戦させたマシン。大パワーターボエンジンのC1クラスに対し自然吸気エンジンのC2クラスマシンだったが、1983年の鈴鹿1000kmではポルシェ956、トヨタ83CなどのC1マシン相手に総合3位に入る大健闘を見せた。

Porsche 962LM Rothmans ver. Red Bar

1986

Porsche 962LM Rothmans ver.

 1982年から世界耐久選手権(WEC)が始まるのに合わせてポルシェは956を投入。1984年にはアメリカの耐久シリーズIMSA、世界耐久選手権(WEC)用に962、962Cを開発。IMSAでは1985年から3年連続マニュファクチャラーズとドライバーズのダブルタイトルを獲得する大活躍。同時にル・マン24時間レースにも参戦し、1986年ジャガーやザウバーとの戦いを制して1-2フィニッシュを飾った。

TOYOTA TOM'S 85C-L Red Bar

1985

TOYOTA TOM'S 85C-L

 1983年からグループCマシンによるJSPC(全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権)がスタートし、トヨタは83Cを投入。シリーズは初年度からポルシェが強く956、962Cと進化しシリーズを席巻したが、1985年トヨタは85Cを投入し5チームが参戦。ポルシェ勢と互角以上の戦いを披露した。この年はトムス、童夢チームが85C-Lでル・マン24時間レースに参戦。トムスの中嶋悟、関谷正徳、星野薫組が総合12位に食い込み、日本車として初めてのル・マン24時間完走を果たした。

NISSAN R90CK #27 FROM A Red Bar

1990

NISSAN R90CK #27 FROM A

 1990年ニッサンがル・マン24時間制覇を視野にWSPC(世界スポーツプロトタイブカー選手権)に投入したのがR-90CK。同年のル・マン24時間ではマーク・ブランデルのドライブで見事予選ポールポジションを獲得。同型ながらR-90CP名で参戦したJSPC(全日本スポーツプロトタイプカー選手権)でも大活躍。星野一義/鈴木利男組が鈴鹿1000kmで優勝。長谷見昌弘/アンデルス・オロフソン組が国産車初のシリーズチャンピオンを獲得。翌91年には名門チームのノバがポルシェからニッサンにスイッチしJSPCで活躍した。

MAZDA 787B #202 JSPC仕様車 Red Bar

1991

MAZDA 787B #202 JSPC仕様車

 1991年のル・マン24時間レースで総合優勝を飾った#55がミュージアム入りとなった後、国内の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)レースに参戦するため、ル・マン後に急遽製作された787B-003号車。国内レース専用マシンとして製作されたため、シャシーやカウル類には軽量化が施された。外観上はル・マン仕様には不可欠な高照度ヘッドライトがなく、レナウンカラーのグリーンとオレンジの配置が逆転されているのが大きな特徴となっている。

NISSAN R92CP Red Bar

1992

CALSONIC NISSAN R92CP
YHP NISSAN R92CP

 1990年のJSPC(全日本スポーツプロトタイプカー選手権)でニッサンR90CP(長谷見昌弘/アンデルス・オロフソン組)がシリーズチャンピオンを獲得。翌年はR91CPの星野一義/鈴木利男組がタイトル奪取。R92CPは1992年のJSPCを席巻し、YHPカラーの24号車長谷見昌弘/ジェフ・クロスノフ/影山正彦組が開幕戦で優勝すると、第2戦からカルソニックカラーの1号車、星野一義/鈴木利男組が驚異の5連勝を飾り、2年連続のチャンピオンに輝いた。

TOYOTA TS010 Red Bar

1992

TOYOTA TS010

 1985年からル・マン24時間レースに参戦を開始したTOYOTAは、規定変更に伴い1992年からV型10気筒3500cc自然吸気エンジンのTS010を投入し、SWC(世界スポーツカー選手権シリース)に参戦。その開幕戦でいきなりジェフ・リース/小河等組が優勝を飾った。SWC第3戦となったル・マン24時間レースでは雨に翻弄され、さらにはエンジントラブルも抱えたが、その苦難を乗り切り総合2位でチェッカーを受けた。

Lancia Ferrari LC2 Red Bar

1986

Lancia Ferrari LC2 #9 (マルティニカラー)

 ポルシェ956、962が引き続き強さを見せる1986年のWSPC(世界スポーツ・プロトタイプカー選手権)に参戦したのが、フェラーリのV8・2.6Lツインターボエンジンをミッドシップに搭載したランチアLC2。ポルシェ勢の牙城を崩すことはできなかったが、第1戦で2位入賞、2度の予選ポールポジションを獲得するなどキラリと光る速さを見せた。ランチアはエンジンを替えながら1991年まで参戦し、通算3勝を記録した。(※写真は同型車)
※Lancia Ferrari LC2 #9 (マルティニカラー)は、整備上の都合により急遽参加がキャンセルとなりました。ご了承ください。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ