盛り上がりを見せるアジアレースシーンが再び日本上陸!2年目を迎える『SUZUKA Race of Asia』

2017 SUZUKA Race of Asia- ブランパンGTシリーズ・アジア Race1スタートシーン
2017 SUZUKA Race of Asia- ブランパンGTシリーズ・アジア Race1スタートシーン
2017年から、世界屈指のコースである鈴鹿サーキットを舞台にスタートしたのが『SUZUKA Race of Asia』。近年大きな盛り上がりをみせるアジアのモータースポーツを肌で感じることができるレースだ。

メインレースとなるのは、同じく17年からスタートした『ブランパンGTシリーズ・アジア』。日本ではSUPER GT GT300クラスや、スーパー耐久ST-Xクラスで使用されるFIA-GT3カーによるレースだ。このFIA-GT3カーを使って、ヨーロッパではブランパンGTシリーズというレースが開催されており、毎戦50台以上ものエントリーを集める人気となっているが、ブランパンGTシリーズ・アジアはこのアジア版として始まったもの。

初年度となる2017年から中国や台湾、香港、マレーシアといった地域のジェントルマンドライバーたちを擁するチームが参戦を開始しはじめたが、彼らはヨーロッパのGT3カーを製作する自動車メーカーのバックアップを受けつつ、非常に高いレベルのレースを展開してきた。また、これまでアジアのレースで見られがちだった曖昧なジャッジも、ヨーロッパ基準のものが採用され、こちらもレベルが高まっている。

特にそのレベルの高さを感じさせたのが、2017年の『SUZUKA Race of Asia』。このレースと、それに続く富士スピードウェイでのレースでは日本チームがスポット参戦したが、ヨーロッパ基準に合わせたハイレベルなレースに、ひと筋縄ではいかない戦いを強いられた。もちろん日本チームのレベルも高いのは間違いないのだが、アジアの舞台で戦うにはある意味での"慣れ"が必要であることを痛感させたのだ。

2018年はすでにマレーシア・セパンサーキットでの第1戦が行われており、このレースには29台のGT3カー、そして近年そのコストのリーズナブルさで続々と台数が増えるGT4カーがエントリーした。シリーズの主役と言えるのは、昨年もチャンピオンを獲得したメルセデスAMG GT3を走らせるGruppeM Racing Team。メルセデスの力が入れられた強力なラインアップで、昨年も『SUZUKA Race of Asia』で1勝を飾っているほか、2018年第1戦でも2勝を挙げている。
2018 ブランパンGTシリーズ・アジア 第1戦 セパンRace1スタートシーン
2018 ブランパンGTシリーズ・アジア 第1戦 セパンRace1スタートシーン
これに対抗すると思われるのが、アウディR8 LMSを走らせるPhoenix Racing AsiaやAbsolute Racing、OD Racing Team WRT、ランボルギーニの強力なバックアップを受けるFFF Racing Team by ACM、フェラーリを走らせるHubAuto Corsa、ポルシェのアジアにおける主要カスタマーであるCraft-Bamboo Racingといったところか。いずれも各自動車メーカーのファクトリードライバーが乗り込むことが多く、鈴鹿の経験不足などまったく感じさせないスピードは必見だ。もちろん、迎え撃つ日本勢も黙ってはいないだろう。アジア最強を決める一戦は見逃すことができない。 レースフォーマットも1時間レース×2回ということもあり、スプリントならではの激しい戦いが展開されるはず。また、コントロールラインを通過しないとオーバーテイクができない日本のレースとは型式が異なり、グリーンシグナルが点いた瞬間に追い抜きができるスタートも注目で、同じGT3を使うSUPER GTとはまったく異なる迫力あるシーンが楽しめるはずだ。
2016 LAMBORGHINI SUPER TROFEOレースシーン
2016 LAMBORGHINI SUPER TROFEOレースシーン
また、今回はブランパンGTシリーズ・アジアの他にも、LAMBORGHINI SUPER TROFEO、GLOBAL MX-5 CUP JAPANといった世界に繋がるレースが開催される。LAMBORGHINI SUPER TROFEOは、世界中で開催されている世界最速のワンメイクレースのひとつ。甲高いエキゾーストノート、カップカーとは思えぬ戦闘力をもつマシンが鈴鹿を駆ける様は見逃せない。特に今シーズンは、新たに開発されたウラカン・スーパートロフェオEVOが使用されるが、日本でのレースはこれが初めてになるはずだ。

GLOBAL MX-5 CUP JAPANは、日本でもおなじみマツダMX-5(日本名ロードスター)を使い、世界統一のマシンレギュレーションで戦うレース。2017年はベテランの山野哲也がチャンピオンを獲得し、アメリカで開催された世界一決定戦に駒を進めたが、今季は第1戦を制した堤優威を中心にシリーズが展開されそうだ。同時開催のFIT 1.5 チャレンジカップや、VITAクラブマンスポーツ等も激しいレースが予想される。『SUZUKA Race of Asia』では、世界を感じる週末を過ごせるのは間違いないだろう。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ