F1日本グランプリや鈴鹿8時間耐久ロードレース、Super GTなど国際レーシングコースのイメージが強い鈴鹿サーキット。でも、園内、コース、宿泊施設など随所にファミリーや女性同士にやさしい&嬉しい施設やサービスが用意されているんです。 そこで、ファミリーや女性に嬉しい施設、サービス、ポイントなどを徹底研究。 これを知っていれば、鈴鹿サーキットが120%楽しめます!

  • vol.1 これは心強いね!

    お手洗いや、パウダールームに大満足〜!

  • vol.2 グルメだって大満足!

    美味しさがさらにUP。リゾート気分も味わえる!

  • vol.3 誰だってレーサーに?

    キッズでも女性でも“なりきり”レーサーで楽しめる!

  • vol.4 幅広い年代で楽しめる!

    “みんなが”楽しめる、だから嬉しい!家族のためのプランも充実!

  • vol.5 宿泊もできる!

    ゆうえんちから、便利なアクセス!鈴鹿ならではの個性的な客室にも注目!

vol.1 これは心強いね!

お手洗いやパウダールームに大満足〜!

09年のグランドスタンド新設を機に、進化を続けている鈴鹿サーキット。それと同時にお手洗いや授乳室、パウダールームなどもより快適に生まれ変わりました。子ども用のお手洗いや授乳室、広々パウダールームなど、“あったらうれしい”スペースなどが随所に用意されています。プライベートスペースが快適だと、気持ちよく一日を過ごせますよね!

お手洗いやパウダールームに大満足〜!

01
ゆうえんちエリアから、コースに向かうと現れるのがこの09年に新しくなったメインゲート。F1日本グランプリなどレース時には、たくさんの人で賑わいます。
02
グランドスタンド席1階にある女性トイレ内。お手洗いのほかに、パウダーコーナーもしっかりあるので、清潔な雰囲気の中、ゆったりと使うことができます。
03
個室の授乳室が園内随所にあるほか、メインインフォメーション横や、レーシングシアター内のお手洗いなどには給湯室も完備されています。またメインインフォメーションでは、紙オムツ、粉ミルク、ベビーフードなどの取り扱いも。乳幼児連れでも、これなら安心。
04
ここは「レーシングシアター」の女性トイレ内にある、子ども用コーナー。使いやすさはもちろん、レーシングコースをイメージさせるデザインもカッコイイ!
05
インフォメーションをはじめ、子ども用トイレ、授乳室、給湯室などはわかりやすいピクトマークで表示されているのも親切。これなら子どもでもすぐに理解できそう!
06
こちらは、レーシングシアター内の女性用トイレ。女性用だけでなく、男性用のお手洗いにも子ども用トイレを完備。オムツ替えシートがついたトイレももちろんあります!
07
“環境への取り組みを楽しく学ぼう!”と、チララのハローガーデン内設置された「ブンベツカルテット」。もっとも身近な取り組みの一つであるゴミの分別について、個性的なロボットたちが教えてくれます。こうして園内の清潔も保たれています。

vol.2 グルメだって大満足!

美味しさがさらにUP!リゾート気分も味わえる!

世界のVIPをもてなす本格派レストランから、手軽に立ち寄れるファストフードショップまで、園内随所にはグルメスポットがたくさん! 雰囲気も味も、そのときの気分に合わせて選ぶことができます。キッズや女性に嬉しいメニューもたくさん揃っていますよ。“美味しい”時間が、休日の想い出をさらにアップさせます!

詳しくはこちら

美味しさがさらにUP!リゾート気分も味わえる!

01
シェフが腕によりをかけた料理がビュッフェスタイルでずらりと並ぶのは、「S-PLAZA」内にある「そら・たべよ」。
02
「そら・たべよ」の窓の外にはホテルへと続くガーデンが広がります。お料理はもちろん、ガーデンの景色や開放感たっぷりの雰囲気を味わえるのもここの魅力の一つ。
03
サラダをはじめ、“身体にやさしい”メニューも多く揃う「そら・たべよ」。ビュッフェ内容は、前菜からお肉やお魚のメイン、そしてパスタやピザ、デザート、ドリンクバー…と、とにかく豊富!
04
キッズや女性に嬉しいパティシエ手作りのスイーツも充実しています。
05
リゾートのような気分を味わえる「S‐PLAZA」。ここには「そら・たべよ」のほか、洗練されたイメージの「オーガニックカフェ Sunpo」や、選び抜かれた素材を優雅な空間の中で楽しめる「エンターテイメントグリル&バー SHUN」もあります。
06
園内各所にも、グルメスポットはたくさん。がっつり満腹になれるお食事メニューから、手に持って食べられるファストフード、パンケーキなどのスイーツなども揃います。
07
主要レース開催日のみオープンする、グランドスタンドやGPスクエアのフードコート。四日市名物「トンテキ」や伊賀市で有名な「松阪牛すじカレー」など、地元・三重の名物を中心に、全国から訪れる人を“食”で満たしています。

vol.3 誰だってレーサーに?

キッズでも“なりきり”レーサーで楽しめる!

レースは観戦するもの、そう思っていませんか? いえいえ、鈴鹿サーキットには、キッズから大人までそれぞれの年代で楽しめる“なりきり”スポットがたくさん用意されています。一度チャレンジしてみれば、その面白さにハマってしまいそう! あなたもぜひチャレンジを!

コチラレーシングの詳細はこちら

キッズでも“なりきり”レーサーで楽しめる!

01
レースファンはもちろん、レースビギナーでもまず訪れて欲しいのはこの「レーシングシアター」。1階には実物のフォーミュラマシンやバイクも展示されていて、その大きさや迫力を間近で感じることができます。ドライバーやライダーは「こんなに大きいマシンを操っているんだ!」と実感するだけでもグンと、レースが身近になりますよ!
02
実際にマシンに乗り込んでみることもできて、テンションはアップ!メインシアターでは、あっと驚く仕掛けもあるバーチャルなレース体感も楽しめます。女性からも人気が高いんですよ。
03
歴代のドライバーやライダーたちが実際に使っていたヘルメットやバイクが壁一面にずらり。本物を間近で見ると、レースへの興味も湧いてくるはず。
04
キッズバイクをはじめ、ゆうえんち内には3歳から“自分で操る”ことのできるのりものがいっぱい。単に“乗る”だけでなく、自分で“できた”“操れた!”という能動的な喜びを味わえるのがポイントですね!
※「キッズバイク」は、自転車が補助輪なしで乗れるお子さまに限られますが、自立式オートバイ「ピンキーバイク」では、転倒の心配知らずで楽しむことができます。
05
プッチパレードやでんでんむしなど、中学生以上の同伴者がいれば、0歳から乗れるアトラクションも!
06
本格的な走りを体感できるレーシングカートも。この「コチラレーシングカート」はのりものパスポートで、小学3年生(身長130cm以上)から乗車できます。
07
コチラたちもレーシングチーム「コチラレーシング」を結成して、イベントやレースなどでモータースポーツの楽しさを教えてくれるよ!
>>コチラファミリーについてはこちら
08
ここはレースの指令本部となるコントロールルーム。本来は一部の関係者しか入れませんが、レーシングコースのウラ側を見られる「レーシングコース バックヤードツアー」で見学も可能なんです。開催しているのは、平日やビッグレースの開催されない週末。ファミリーでの参加もできますよ!

vol.4 幅広い年代で楽しめる!

“みんなが”楽しめる、だから嬉しい!家族のためのプランも充実!

国際レーシングコースやゆうえんちだけでなく、天然温泉、花や緑もいっぱいの鈴鹿サーキット。幅広い年代で訪れても“みんなで楽しめるのも魅力の一つです。またファミリーや女性向けのお得な割引プランもあるので、お見逃しなく!

モートピアの詳細はこちら

みんなが”楽しめる、だから嬉しい!家族のためのプランも充実!

01
3世代でモビリティの楽しさを感じられるように、主要レースでは家族で座れる座席も用意。まわりも家族連れなので、“子どもが迷惑をかけないか心配”という人も、気兼ねなく子どもたちと一緒に観戦を楽しむことができます。また家族で楽しめるイベントも盛りだくさん!
02
「天然温泉クア・ガーデン」は、豊かな自然に囲まれたリラクゼーションスペース。園内に湧いた天然温泉が楽しめる浴場ゾーン、水着で楽しめる温水プールなどのアクティブゾーンがあります。レース観戦やゆうえんちで遊んだ後は、リフレッシュへここに。
03
リラックスルームの中央には、モータースポーツテイストのキッズスペースを用意。くつろぎながら、子どもたちが遊ぶ姿を見守ることが。
04
「S‐PLAZA」内にはキッズルームもあり、子どもたちを自由に遊ばせることができます。
05
園内には緑や花がいっぱい。色とりどりの自然が、ムードを一層盛り上げます。

vol.5 宿泊もできる!

“ゆうえんちから、便利なアクセス!鈴鹿ならではの個性的な客室にも注目!

併設の「鈴鹿サーキットホテル」は、園内から徒歩3分のロケーション。宿泊者専用のゲートがあり、一般開園よりも15分早く入場できたり、遊んでいる途中でもホテルに戻って休憩できるのが魅力。また鈴鹿サーキットならではのデザインを取り入れた、3つのコンセプトルームにも注目です!

鈴鹿サーキットホテルの詳細はこちら

ゆうえんちから、便利なアクセス!鈴鹿ならではの個性的な客室にも注目!

01
West館にあるファミリールームは、キッズに優しいこだわりの詰まった部屋。靴を脱いでくつろげる清潔なクッションフロアで、ハイハイもOK。低めで角のないテーブルやベッドなど、小さなお子様連れでも安心して過ごせる家具を採用しています。
02
パジャマや歯ブラシはキッズ用も準備。またベビーベッド、ミルク用ポットの貸し出しなどもしています。
03
壁に掛けられたパネルで、コチラを探す視覚探索による“遊び”もできます。
04
East館にあるファミリールームは、サーキットデザインがかっこいい!タイヤ型ヘッドボードやスパナ型の枕など、クルマ好きのキッズがワクワクする魅力がいっぱいです。
05
ここは鈴鹿サーキットホテルNorth館にある客室「レーシングルーム」。シート型チェアやレースの写真など、モータースポーツの世界に包まれる空間を体感できます。
06
隣接にはファミリーキャンプ場も。テントはセッティング済みで、キャンプに必要な基本用品も揃っているから、キャンプデビューにもぴったり。滞在期間中は、ゆうえんちの入場無料や駐車場料金無料、温泉・温水プールの利用無料など、お得な特典も付いています。
  • ※内容は予告なく変更となる場合がございます。
  • ※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ