交通教育センタートップバイクとクルマのスクールクルマのスクールHonda Sports Driving Meeting TOPHonda Sports Driving Meeting-K当日の流れ

≪当日の流れ≫

受  付
開 講 式
昼  食
特別講師
レクチャー2
閉 講 式

特別講師レクチャー

ドライビングについて豊富な経験を持つ特別講師からセーフティドライビングの基礎知識を学びます。レクチャーといっても堅苦しいものではなく、排気量やボディサイズに制限のある軽自動車ならではの特性。FF、FR、MRのクルマの挙動。路面状況やタイヤの状態による走行変化など、普段使いから高速走行、さらにサーキット走行まで、愛車のポテンシャルを引き出して、安全に走らせる楽しさをお話します。

ブレーキング

愛車でフルブレーキングを体験したことはありますか?そのときのクルマの挙動を覚えていますか?ここでは、ドライビングの基本である「素早く、安全に、確実に止まる」を実践。時速60〜80kmのフルブレーキングにはじまり、目標とする位置に対して一定の踏力コントロールで停止する「目標制動」を繰り返し行います。これにより公道では決して練習することの出来ないドライビングの基礎的技術を磨いていきます。

スキッド走行

スキッド走行は、雪道と同じくらい滑りやすい路面を使ったプログラム。クルマの挙動とタイヤの限界を感じながら、速度を上手にコントロールして滑らないように走ることが目標です。タイヤの滑りに対してもハンドルやアクセル・ブレーキを丁寧に操作して滑りをコントロールするということも確認します。

レーシングコース走行

<南コース>(同乗走行&先導走行)
講師の先導でグループ走行を行います。走行前のレクチャーでは、一般道とサーキットの構造の違いにはじまり、コース図を参照しながらブレーキやハンドル操作のポイントなども丁寧に解説されるので、初めての方でも安心です。低い速度域で走行ラインを覚えていただき、徐々にスピードを上げて本格的な中高速コーナリングの習得に移ります。
※ご同伴の方の同乗は出来ません。見学をされる場合は関係者のご案内した場所でお願いいたします。

開催日別タイムスケジュール

Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、左記リンク先よりダウンロード(無償)してください。
※上記の内容は、進行例です。開催日程及び天候により順序等が変更となる場合がございますので、予めご了承ください。
  • ※必ず参加対象車種をご確認の上、お申込みください。
  • ※ご参加の際、現地にて走行に関する誓約書にご署名をいただいております。予めご了承ください。
  • ※メニュー内容は開催各会場・各コースで異なる場合がありますので、詳しくはお申し込みの際にご確認ください。
  • ※開催スケジュールは都合により変更となる場合がございます。

このイベントに関するお問い合わせは、鈴鹿サーキットまでお願いいたします。
鈴鹿サーキット TEL : 059-378-0387 / FAX : 059-378-1471

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ