F1

F1ファンに聞いた!各観戦席おすすめポイント
F1ファンの皆様に、鈴鹿サーキット公式Facebookで「各観戦席のおすすめポイント」をお聞きしました!

V1席

V1席
  • 全マシンが並ぶスタートは圧巻。ドライバーの表情やチームスタッフの作業も間近に見られ、ピット作業も見逃せません。レディース席は応援するドライバーのチームウエアやオリジナルグッズでとても華やかです。
  • なんといってもホームストレートを一番近くで観戦できる臨場感たっぷりのV1席です!スタート準備の時にはドライバーをすぐ近くで見ることができ、緊張感が伝わってくるほどです。声援を送ると手を振って答えてくれることもしばしば。レース前のイベント(前夜祭など)を一番近くで見られる特等席です。
  • 臨場感がハンパないです!
  • スタートの緊迫感、ピット作業の素早さ 迫力のバトルが味わえる贅沢な空間。※前夜祭狙いもOK
  • スタートの瞬間、ピットストップの作業も見る事が出来、スタートの前は観戦席に向けてメカニックなどが手を振ってくれるのでF1の観戦席としては最高です。
  • 上段のV2席よりコースとの距離が近いため、F1でしか味わえない迫力あるサウンドを間近で体感できる。あまりの迫力のためF1初心者は耳栓が必須。
  • V1席でしか見れない光景がたくさんです!なんといってもストレートは迫力!スタートの瞬間、興奮します(*≧∀≦*)
  • ここはもう…
    「迫力!!!」
    「ちかっ!!!」
  • 鈴鹿の空にF1サウンドが響くスタートの瞬間!
  • とにかくF1の迫力を一番近くで味わいたいなら。
  • フォーメーションラップからスタートにかけての緊張感が最高!
  • F1のエキゾーストノートは間近で聞くと凄すぎる!!

V2席

V2席
  • なんと言ってもスタートからゴール、またそこまでの過程、緊張感あるピットワークが観戦出来るのが最高です。 スタート前には戦闘態勢のドライバーの表情からマシンへ乗り込む際の気合の入る場面がなんともたまらないです。 そしてなんといってもあのストレートを最速で走る車の音とエンジンオイルの焼ける臭いが最高です。レースを全部、生でスタンド観戦すると確実に来年もずっとスタンドで観戦したくなる事間違い無し!
  • ここは一番の特等席です!スタートの緊張、ゴールの感動!全てが味わえますし、ビジョンもどの席よりしっかり見えます!イベントもすぐ真裏ですし、トイレも困りません!余裕を感じて観戦したいなら、ここしかありません!
  • ズラリと並んだF1マシンは圧巻の一言!シグナルが点ってF1マシンが一斉にスタートする瞬間は、例えようのない轟音ですが、一方でオーケストラを聞いているような心地よさを覚えます。2012年、可夢偉が表彰台に登った時にV2で観戦していましたが、あの時の可夢偉コールは感無量でした。観客の皆さんの一体感も一番味わえるのではないでしょうか。
  • V2席の魅力は何といってもスタートからゴールまでマシンを見守ることができるところですよね。タイヤを交換する時の音、エンジンスタート、そしてガレージから出るマシンを直接目の当たりにできることが魅力だと思います
  • スタンド席の中で一番の特等席です。一度経験するとやめられなくて2年連続V2席で観戦しています!!ピットまでをはっきりと肉眼で確認できるため、メカニックとドライバーのやり取りなど、普段はテレビでしか見られない光景をその目で見ることができるお勧め席です!
  • 2013年にここで観戦しました。スタートの瞬間に本当に鳥肌が立ちました。まだPUになる前、横の妻とは殆ど会話にならず(笑)
  • 表彰式を見るのはRブロックの方が近いです。
  • スタート時、だんだんエンジンの音が高まり最高潮になった時スタート!このわくわくドキドキ感は一度味わったらもう病みつきです。
  • レース状況がわかりやすい。ピットが観られる。屋根がある。トイレが行きやすい。3台並んでの攻防などが観られます。

A1席

A1席
  • コース上で最もマシンのスピードが出ている状態を見ることができるエリア。さらに鈴鹿サーキットで最もエキサイティングな1〜2コーナー進入時のバトルを目の当たりにできるため、「これぞサーキット!」という魅力あふれる席となる。マシンのスピードが高いため、迫力はあるもののじっくりとマシンを観察することができず、写真撮影も難易度が高い。しかしトップチームのピットの様子が良く見え、他マシンのピットアウトしていく様子もじっくり見ることができるため、ピット作戦における順位変動を自らの目で把握することができる。 チケットは決して安価ではないが、レーススタート後すべてのマシンが一斉に1〜2コーナーに飛び込んでいく様子を最も近い位置で見ることができるためこれだけでも充分価格に見合った経験ができる席
  • おすすめ観戦ポイントはA1です。金網が被らない場所であれば、最上段近くはピットを終えたマシンが写真取り放題です。しかも、スタート練習ならピントも合わせ放題と写真好きなら有りがたい場所です。また、1コーナー以外は2コーナー〜S字半分でマシンが見られますので、お気に入りドライバーを追うもよし、バトルをみるのも良しと、良いことづくめです。是非この席で観戦してみて下さい
  • ここのおすすめはやっぱりフルスピードでのコーナー進入の迫力です!やっぱりF1でこそ、このスピードと迫力が一番わかります!しかもスタートして最初のドキドキがダイレクトに味わえますよ!
  • ホームストレートが一望できてスピード感を味わうことができます。2回ほど鈴鹿で観戦しましたが、この席しか取ったことがないのでここしか知らないということもありますが(^_^;)
  • 毎年金曜日はA1席で観戦しています。GPエントランスからも一番近く、移動が一番楽チンだと思います。スタート練習しているドライバー等、気持ちの良いエンジンサウンド響かせてくれます。スタート練習している際は、カメラ撮影バッチリです
  • A1席のおすすめポイントは、1コーナーに向けた攻防を間近で見られることです。2016年にこの席で観戦しましたが、スタート直後はドライバー同士の駆け引き、2周目以降はトップスピードからの1コーナー侵入に向けた高速バトルを見られました。また、ピットロード出口に近いので、ピットインで順位が変わる瞬間も目撃できます
  • ホームストレートエンド!鈴鹿最高速をかなり間近で堪能出来るポイント。ブレーキングも含めて、音とスピード感はココでしか味わえない物がある
  • F1のトップスピードを感じたいなら!

B1席

B1席
  • このB1席は、ホームストレートを時速300km以上のスピードで駆け抜けて来たマシンが、フルブレーキングにて1コーナーへ侵入し、2コーナーを立ち上がるマシンの回頭性能の良し悪しが見られ、そこからフォーミュラマシンが空力性能を如何なく発揮する高速のS字(左〜右〜左)と逆バンク〜ダンロップコーナーまで駆け上がって行くまでの部分が見られるとても見応え十分(通好み)の席と言えるでしょう。S字コーナーは空力セットアップを失敗すると如実にタイムに影響する為、見た目でもこのマシンは速いとか遅いとかが判り易いと思います。又、ドライバーズパレードでは観客席に接近する箇所もあり選手達を間近に感じられるに違いありません。是非モータースポーツ観戦には、この席からデビューしては如何でしょう
  • ここは落ち着いて目線の高さで1コーナーバトルが見られるのが最高です!たまにクラッシュしたマシンが目の前に飛び込んで来るときの迫力はB2では味わえない迫力ですよ
  • 1、2コーナーを見渡すB1席は 定石のオーバーテイクポイント。順位争いはもちろんの事、周回遅れをパスするときもマシンが並んで飛び込んでくる姿は迫力モノです
  • この場所は、特にスタートでの混乱をしっかり見られる場所であり、オーバーテイクポイントであり、飽きずに観戦できると思います
  • ホームストレートから響き渡る轟音にわくわくしながら、1コーナーの攻防を覗いて、固唾を飲んでS字へ進むマシンの行方を見守る。そんな席
  • 轟音と共に迫ってくるスタート。DRSを駆使したパッシング。攻め過ぎてたまに飛び出す所も醍醐味の一つです

B2席

B2席
  • この席は他の方も言っていますが、オーバーテイクがよく見られる場所で、さらに長くマシンが走っている姿を見ることができます。もっと細くいうとB2-1 B、Cブロック辺りの上段がオススメです。オーバーテイクの時、マシン横からと並んだ瞬間が正面から見ることができます。そして、上段だと写真を撮るのにフェンスもなくマシンの色々な表情を撮れるのでいいです
  • ホームストレート〜1・2コーナー〜S字〜ダンロップ立ち上がりまで東コースをほぼ一望できる
  • ここのおすすめはやはり東コース全てが見渡せることと言っても過言ではありません!マシンの挙動や走行ラインなども落ち着いて見られますし!やはりスタートをどこよりも冷静に迫力も感じながら見られる席です!1コーナーは今のF1では一番の抜きどころですから!バトルの決着が見たいなら、間違いなくこの席がおすすめです!
  • おすすめポイントは、東コースを一望できるパノラマです。ホームストレートからS字までF1マシンを見ることができます。マシンが正面からやってきて去っていくので、観戦時の視線移動が少なくて済み、レースの流れが掴みやすいです。観戦エリアを出ることなく売店やトイレに行けるので、混雑をある程度避けられるのもポイント高いです
  • スタート直後の1コーナーへの侵入は鈴鹿サーキット一番の光景です!オーバーテイクも幾度となく見られ、周囲の山々、海の景色も最高です
  • 決勝でのスタート直後の激しい順位争いや、1コーナーでの迫力ある追い抜きシーンを観ることができます
  • 鈴鹿サーキットの中でも随一の攻防を見ることができます。視界も開けていて、見張らしも良いと思います
  • スタート直後の攻防が間近で観れる レース状況がわかりやすい。1番の魅力はオーバーテイクです

C席

C席
  • 最後のNAエンジン、レッドブルのワンツーフィニッシュとなった2013年、C席(JB応援席)で観戦しました。幼稚園児だったころから憧れたF1を初めて観たのがこのC席です。1コーナー突入までのアクセル全開のエンジン音と突入後のシフトダウンの音は今でも鮮明に思い出すことができます。この席の1番良いところは、スタート直後の1コーナーを見ることが出来ることだとおもいます。さらにそこからS字まで追いかけて観ることができるため、オーバーテイクのためやセッティングの違いによるライン取りの違いを楽しめます
  • この席のいいところは、1コーナーでのオーバーテイクシーンが観られることです。ライコネンのマクラーレン時代、あの怒涛の追い上げで優勝したレースは記憶に残っています。それに、F1だと、サーキットビジョンが設置されるので、スタートシーンや、ピットインの様子なども見ることができます
  • 何と言っても1コーナーからS字まで割と長い時間マシンを見ることができること。とくにスタート直後はポジションを争いながらのコーナリングで、ドキドキしますね。セッティングが決まっていると、S字をひらりひらりと曲がっていくのがよく分かります
  • 初めて観戦したのがC席でした!結構長い間マシンをみられるので、一緒に観戦していた友人に色々説明してもらい、一気にファンになりました(*≧∀≦*)思い出の場所です!
  • ここの迫力はいいですよ!2コーナーを回って方向を変えたマシンがこっちに向かって来るような勢いです!S字侵入までの鍔迫り合いがたまりません!
  • 2012年から今までずっとC席でした。スクリーンもあるしホームストレートから1コーナー、2コーナー、S字コーナーを見ることが出来ます。見どころは最高速から1コーナーに飛び込むところ、スタートの時混雑のなか誰が駆け抜けることができるか!
  • 最もC席で観戦した回数が多いです。スタートの轟音から、1コーナーの攻防、2コーナーへ進みS字入口〜出口付近まで、じっくりと観戦することが出来ます。チケットのお値段と満足感のバランスも良いと思います
  • C席のおすすめポイントは、周りの観戦者との一体感です。例年、何かしらの応援席が設定されるので、他の席よりもレース中の盛り上がり度が高いことが特徴です。人数が多い場所のため、人の出入りが激しい席でもあります。観戦に集中したい方は通路から近い席は避けたほうが無難です
  • 1コーナー、2コーナー、3コーナー、S字と微妙な加速と減速を繰り返す排気音のリズムが良いですね。障害物も少ないので広々とした光景が楽しめます

D席

D席
  • D5の上段は、1コーナーの終わりから2コーナーそれに続くS字まで見渡せる見晴らしのいい席です。鈴鹿ではいろいろな席で観戦してきましたが最近では写真を撮ることが多く写真もレース観戦も両方楽しめるこの席はおすすめです(^^)v
  • マシンのバランス(セッティングの出来)を確認するには持ってこいの場所!S字のアクセルの踏み方、振り返しを観ただけでマシンの違いが解ると思います
  • D席のおすすめポイントは、ドライバーの技量やマシンの出来が見られることです。ライン取りやアクセルの踏み方、シフトアップ・ダウンの違いがわかるので、ツウにとって面白いエリアです。高い場所に位置しているので見晴らしがよいですし、天気がいいと伊勢湾が見えます
  • 速く前に進みたいけど一筋縄ではいかない。ドライバーの葛藤とF1マシンの動力性能の高さを感じることが出来ます
  • うまく乗れてんなー的なとこが良く見えて大好きです
  • ドライバーの腕試しの場所!!

E席

E席
  • 左コーナーの内側に位置するため、眼の前を通過するマシンの様子は決して長い時間見ることはできないものの、ホームストレートに向かって帰ってくるマシンがシケインに進入する様子、最終コーナーを抜けてホームストレートへ下っていく様子、2コーナーの立ち上がりの様子を一瞬ながら垣間見ることができる。(席の位置によってはこの3つの要素のどれかが見られない場所もあるので注意)そしておまけ的要素ではあるがこのエリアからは予選や決勝が行われた後、多くのドライバーがピット裏へ帰ってくる通路が良く見え、何人ものドライバーが記者に呼びとめられて取材に応じている様子をじっくりと眺めることができる。これらの要素をあわせもちながら1万円台のチケット値段は破格です
  • 逆バンクからデグナーへの難しいコーナリングがマニアにはたまらない席。上の方の列を取れば、伊勢湾も1コーナーも見られるという、お得感満載の席です。さらにサーキットビジョンもあるので、見やすさ抜群
  • GPスクエアのアクセスも良く、オアシスも充実しています。ビジョンでレースの行方も良く分かって、価格もリーズナブル。初心者の方は一度ここで経験してみるのもありでは
  • ドライバーがピットへ帰るところが見られるので一番気に入っています
  • サーキットビジョンがあって見やすいです♪ファミリーで行く方や、初心者のかたといくならオススメです(*≧∀≦*)
  • カッコイイ写真も撮れて、サーキットビジョンも見られるので最高です!

I席

I席
  • ここ数年はI席から観戦しています. この席の魅力は何と言ってもスピードの落ちたマシンとドライバーを間近でじっくり観ることができることです。しかも立体交差下を通過時には正面を、ヘアピン進入時には左側面を、ヘアピン立ち上がり時には右側面を、まっちゃんコーナー進入時には後面をと全方向からマシンを観ることができます。また, ヘアピン進入前の緩い右カーブでのフルブレーキやヘアピンを立ち上がる時のフル加速はトリハダものです!ザウバー時代の小林可夢偉のような非力なマシンに乗るドライバーがブレーキングで勝負を仕掛けるには持って来いの場所で、毎年必ず見せ場があります!!
  • 私が鈴鹿サーキットで一番好きな所です。独身時代に10数回観に行きました。コースを自分の足で歩くとわかりますが、ヘアピンって、かなりの高低差がある急な坂なんすよね。さらに昔の前の方の席だとドライバーのステアリングさばきまで見えたので、昔のウイリアムズルノーは軽く操作しているのに、ミナルディなんかはカウンター当てまくりでせわしなく操作し続けてなんとかねじ伏せているな、とかが見れるのがとっても良い!とずっとヘアピンの席とっていました
  • 何度かヘアピンで観戦しました。お薦めは雨(^^;
    温度が低く、暗めの時は、ブレーキングでロータが真っ赤になって、とても綺麗です。
    ターンのコース取りも、ドライバーによって違うので、見所満載です。
  • この席のポイントは立体交差からヘアピンまでの突っ込み(ブレーキング勝負)が観れる所(^ ^)
  • メインスタンドからは結構歩きますが各ドライバーの腕が観れるので全然苦になりませんよ。
  • ここのポイントはなんと言ってもブレーキング&加速!デグナーからヘアピン入り口まではF1マシンの速さを楽しみ、ヘアピン入り口からはブレーキングと低速だからこそゆっくりみれるマシンを楽しみ、ヘアピン出口からはF1マシンだからこその加速を楽しむ。見える部分全てで、F1の多くの魅力を楽しむことが出来る、最高の観戦スポットです!
  • 車速が低くて、マシンが近くて、フェンスに遮られない。だから、シンプルに写真を撮りやすい。コンパクトカメラやスマホでもF1マシンを写真に収めることができますよ。
  • 決勝では、ハードブレーキングポイントなので、ドライバー同士のブレーキング勝負がダイナミックに見れる所が一番の見どころではないでしょうか。
    あとは、フリー走行時に200Rに向けての早めのシフトアップの余韻がどこのコーナーで見るよりも心地いい、エンジンサウンドが楽しめるところだと思います!(V10、V8時代の事なのでご了承ください笑)
  • この席はまずどの位置でもフェンスが視界に入らない、ハードブレーキングと目の前ではフルスロットルが楽しめるそして、この近さなので、写真を撮るのも、バズーカレンズじゃなくても容易に撮れます!おすすめです!
  • なんと言っても、可夢偉のオーバーテイクが観れる!!鈴鹿の抜きにくいレイアウトの中でも数少ないパッシングポイントです。低速でマシンが良く観れる事もグー。ヘアピンの進入なんてレイトブレーキングと全開加速が味わえるツウには絶妙なポイントです。
  • 今年で観戦6年目になりますが毎年ここで観戦しています!何と言ってもコースとの近さ、景色の良さ、一度ここで観たらやみつき間違いナシです。デグナー抜けて突っ込んで来る感じがたまりません!ドライバーズパレードも必見ですよ
  • デグナー立ち上がりからマシンの姿を捉えることができ、ヘアピン入口までの突っ込み、ブレーキングは格別です。時には、タイヤスモークを上げ、真っ赤に光るブレーキディスクが観られるのは、鈴鹿の中でもここだけです。
  • なんと言ってもヘアピンを立ち上がる全力のサウンドが最高だった!
  • 何と言っても、スピードが一番落ちる、邪魔なフェンスがない、近い、どんなカメラでも 良い写真が撮れそう。
  • マシンを近くでじっくり観ることができるお気に入りの場所です!最前列で観戦した時は、間近に感じられて最高でした!!
  • 高速から低速まで落ちるコーナーなので、シャッターチャンスが多く、ベストショットの撮りやすい場所です!
  • ヘアピンの入り口でブレーキングポインとなり、低速になるので写真撮影には絶好のポイント。
  • 抜きつ抜かれつの攻防を見ることが出来る数少ないコーナー。タイヤスモークを上げて減速するマシンを間近で見ることが出来ます。シャッターチャンスも沢山。
  • ヘアピン スピードが一番落ちて見るにはサイコーですが、メインスタンドからヘアピンに行くまでが、遠いかな

西エリアチケット

西エリアチケット
  • 全盛期、自由席と言えば、スプーンコーナー。奥に行けば、入り口から、バックストレートまで、広く見渡せます。あの頃は、サーキットビジョンもありませんでしたか、遠くから徐々に近づく爆音が最高でした!
  • スプーンカーブのある西コースチケットは最高です。雨が降ると地面がぬかるむのでヤバいですが(笑)。今年は天気にも恵まれ大いに楽しむことができました。スタンド席にはないアットホームさ、他のお客さまとの一体感も感じることができます。スプーンの特徴はフラットで障害物がなく広い範囲を見渡せること、複合コーナーでドライバーのテクニックやマシンの良し悪しがわかること、見所は予選アタック時にはスプーン1つ目のコーナー進入時のブレーキングで火花が上がること、2つ目のコーナー進入時に外側の縁石に乗りながら突っ込んでいくところです。カメラマンの自分には様々なアングルで撮影できること、西日が美しいことも大きな魅力です。遠いですが一押しですよ。
  • 先ず、時間を工夫して色々な席へ移動出来て、ここぞという所へ居座ることが出来ます。130R出口のシケイン寄りでは、ダンロップ出口からデグナーへ突っ込むマシンと130Rから飛び出してくるマシンを見ることが出来ます。二度美味しい
  • 2000年に一度しか行ってないんですが、スプーンの頂点よりは出口寄りに陣取って観戦しました。ヘアピンから出て来て、裏ストレートに消えて行くまで速度もゆっくり目でけっこう長めに観戦出来たしマシン&ドライバーもじっくり観れたんで良かった。
  • スタンド席になっていないポイントが多い西エリアは、レジャーシートを敷いて観戦が出来るので小さなお子さん連れのファミリーむけです。トイレも比較的混雑してないですしね。金曜日のスプーンは攻め過ぎて飛び出す車も多くてスリリングです。
  • マシンの挙動を見るなら東コース、スピードを感じるなら西コース、と思います。特に200Rからスプーンにかけてはマシンとの距離が近く、200Rではドライバーと同じ目線で観る事ができます。87年から皆勤で通っていますが、3日間のうち、1日は西コースで歩きながら観戦も良いものです。
  • 初観戦でしたが、非常に楽しめました!F1を様々な角度でみることのできる場所ですし、カーブへ進入していくマシンのサウンドも非常に迫力があり感動しました!
  • スプーンはテレビに映らないけど、ベテランの進入やオーバーテイクは見物!立ち上がりの難易度も高く、ドライバー毎に比べたら得手不得手を観る事が出来るレアなポイント。
  • 10年前、2006年に初めて鈴鹿観戦したのが西エリアの自由席でした。シューマッハ引退の年で、アロンソとのし烈なバトルが繰り広げられていました。西エリアでもその熱気は十分に感じられました。西エリアは広くコースを観戦できるので東エリアにはない魅力があります!
  • 以前はスプーン席として売っていましたね。スピードが緩くなる場所なので、素人の私でも一眼カメラで綺麗に撮れます!
  • ヘアピンからスプーン間の200R付近目隠しありますが一番コースサイドに近くスピードを体感出来ます。あとスプーン進入のブレーキポイントも見ものです
  • スプーンは進入速度が速く、素早くコーナリングして加速するので迫力満点です。各ドライバーによって走行ラインが異なるのも面白いです。
  • 最高速の出るバックストレートでこそF1がF1たることを見て、聞いて、感じられるのだ!
  • 自分だけのお気に入りのポジションを探すのもF1観戦の楽しみの一つかも?
  • お手頃価格に色々なポイントで観戦出来るので、家族連れ、長期滞在メンバ−には持ってこいのエリアです(^0^)

Q1席

Q1席
  • ここは個別シート席の割にお得な値段ですしシケインの攻防が見られるのが面白い。もちろん安全上の観点から金網が大抵被るんですがそんなことはどうでもいいくらい近いですし鬼加速が観れます笑
  • なんと言ってもシケインの進入〜最終コーナーの立ち上がりが観れるって事が一番!立ち上がりで1コーナーのオーバーテイクが予想出来たり、初心者にはピットに入るタイミングが分かり順位の変動が分かりやすいオススメのポイントです。
  • シケインからのたち上りにドライバーとマシンの一体感を感じるこのシート!観客の声援がきっとあと押しになるはず!イケー!!!
  • シケインのブレーキングとその進入攻防、そして立ち上がりのフル加速。やっぱりここでしょう。観るだけでなく、フル加速での音の余韻も興奮が残っていいですよ。この素晴らしい席が、意外とお得な料金で良心的です。
  • ここは、一番お得にシケインの迫力を味わえます!イベントも楽に味わいたくて、でもお金がない、というなら。ここしかないですね!
  • シケインの攻防やピットのタイミング、どう転ぶのかワクワクしながら観戦できます。
  • お得に迫力を体験できる場所です(*≧∀≦*)
  • 音がとにかくいい
  • 迫力があってとにかく大好きです!

Q2席

Q2席
  • シケインでのビッグブレーキングと加速!一度に二つのマシンの醍醐味が楽しめる点がお気に入りの観戦席です!また、ちょっと遠くに目を向ければ2コーナー・ダンロップコーナー・デグナーカーブ・130Rを疾走するマシンも見られると言ったモータースポーツファンにはたまらない観戦席でもありますよねd(^_^o)
  • 改装されてから毎年Q2で観戦してます。個別のシートはメインスタンドとQ2のみですし、正面ゲートからの距離も比較的近いです。1番のお勧めはやはり低速でマシンが見やすいことです。また、凄いスピードで地面に張り付いていく最終コーナーはF1の凄さが体感できると思います。
  • 減速と加速、ドライバーのテクニックが感じられる席だと思います!マシンの速度が速いと一瞬しか見れませんが、この席はわりとじっくり見れます。
  • この席のおすすめポイントは高い位置からのパノラマビュー!位置によっては、2コーナーや逆バンクにダンロップからデグナー侵入、130Rから目の前のシケイン最終コーナーと数多く楽しめます!レース後半になるとあちこちでマシンが見えるので忙しいですけどね
  • 速さだけがF1の魅力じゃない!130Rから高速で突っ込んでくるマシンを力でねじ伏せてる感じがたまりません。GPスクエアへの距離感もほどよいです。
  • ここのスタンドの良いところは、長椅子ではなく、個別のシートタイプになっているので、隣をあまり気にせずゆっくり座って観戦できるところがいい!何よりも勝負処、フルブレーキングからのフル加速でレースも見ごたえあって大好きなスポットです!
  • このエリアの良いところはシケインへの飛び込みが見れるのと、遠くにダンロップコーナーを立ち上がるマシンが見れて、なかなかお得な席だと思います!
  • フル減速 フル減速が観れる。鈴鹿で1番の迫力が味わえます。

R席

R席
  • 4年前にR席で観戦しました!シケインへの飛び込みで勝負を仕掛けるシーンが少し遠目ながら見えます。またそこからストレートに向けて加速してくるマシンの挙動を見ることでセッティングがはまっているかもわかるので、すごく楽しめる場所です。こちらも遠目にはなりますが、表彰式を見ることもできます。ちなみに当時はザウバーを駆る可夢偉選手が3位表彰台でした(^^)
  • シケインからストレート、コース向こうの逆バンクを見渡せますが、一つ難点、実況のスピーカーが割れて聞こえにくい、スクリーンもやや向きにより見難いのが難点。
  • 座席に寄っては1コーナーに進入していくマシンまで観ることができます。シケインから全開でストレートに向かっている最中の区間なので迫力抜群!またバックショットではありますが、メインストレートが少しだけ見えるのでスタートの瞬間も(座席によっては)観戦可能です。
  • シケインからの立ち上がり踏みたいけどマシンが決まってないとリアが滑っちゃうそんなドライバーとマシンの葛藤が観れる場所です
  • シケインでの攻防から、ドライバーによって微妙に違う加速ライン、アクセルワーク、から、ストレートの伸びにも影響し、Tコーナーへのバトルまでの駆け引き全てが観られる特別な席です。
  • シケインからホームストレートにかけてマシンが加速していく様は圧巻。ピットインの駆け引きも面白いです。

※鈴鹿サーキット公式Facebook「2016 F1日本グランプリ ドライバーサイン入りレプリカポスターが当たる おすすめ観戦席募集キャンペーン」でいただいたユーザーの皆様のコメントを掲載させていただいております。

※コメント内容は各ユーザーの皆様個人のご意見をご紹介させていただいたものであり、鈴鹿サーキットの公式発表ではございません。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ