F1

金曜日券、車いす観戦エリア券Other tickets

金曜日券

F1日本グランプリのフリー走行が行われる金曜日にパドック内・VIPスイート・V1・V2席・カメラマンエリアを除く、お好きな席で観戦できる。各種イベントが行われる10月4日(木)も金曜日券で入場可能だ。さらに、木曜日・金曜日利用可のモートピアパスポートもセットされお得になった。

料金

6,200円〜

※大人の場合の料金になります。

  前売り
大人 6,200円
大学生・高校生 4,100円
中学生 3,000円
小学生 3,000円
3歳〜未就学児 2,000円

レースチケット補償保険

■金曜日観戦券の駐車オプション料金

金曜日観戦券のオプションとして前売駐車券(P9)をご用意いたしました。台数に限りがございます。予めご了承ください。

販売エリア 有効期間 価格 路面状態 駐車場出入り口より
最寄ゲートまでの参考距離
P9(正面駐車場) 10月5日(金)1日間 5,000円 舗装 メインゲート(約900m)

>>金曜日のみ有効のP9(正面駐車場)駐車料金詳細はこちら

  • ※前売駐車場のご利用時間は、10月5日(金)0:00〜20:00まで。出入り自由です。
  • ※ご利用いただける車両は大きさ5m×2.5mまでとなります。また、駐車場は指定エリアとなります。駐車位置番号はございません。
  • ※この他、「ご購入に関するご注意」「販売に関してのご注意」「マナーアップ」等ご確認ください。

車いす観戦エリア券

2018年 F1日本グランプリレースでは、車いすご利用の皆様に、快適にご観戦いただけるよう、車いす専用観戦エリアを下記のとおりご用意させていただきます。観戦エリアはグランドスタンドV1席・V2席・B1席・B2席およびR席エリアを設定いたしました。各エリアとも数量限定での販売のため、先着順による販売とさせていただきます。また、併せて鈴鹿サーキット メインゲート前車いす専用駐車場もセット販売いたします。
今年は7月末までにお申し込みいただけますと、パスカラー(チーム別のカラー)がお選びいただけます。8月以降はパスカラーは鈴鹿オリジナルカラーのみとなります。

3日間通し車いす券 料金表

※印は車いす専用駐車券セット料金です。(税込)

  大人 高校・大学生 3歳〜中学生
V1席(グランドスタンド下段) 32,400円 10,000円 3,000円
※42,700円
V2席(グランドスタンド上段) 78,700円 45,300円 3,000円
※89,000円
B1席(第1コーナースタンド下段) 44,800円 30,900円 3,000円
※55,100円
R席(最終コーナースタンド) 23,200円 3,000円
※33,500円
  • ※介助同伴者(V1席・V2席・B1席大人子供合わせて2名様まで、R席は4名様まで)も上記料金となります。
  • ※V1席・V2席・B1席の介助同伴者は弊社準備の簡易イスでのご観戦となります。
  • ※V2席エリアへは、専用エレベーターをご利用いただきます。
  • ※V2席・B1席のみ屋根がありますが、雨等で濡れる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ※駐車券は各席枠ごとに1枚までのご購入となります。

お申し込み

●ご対象者
・身体障害者障害程度等級1級・2級・3級で下肢、体幹の不自由な方
・不随意運動・失調などにより歩行に制限があり車いす利用を必要とされる方
・介助、同伴の方については2名様迄とさせていただきます。(R席は4名様まで)。
※当日、車いすでの利用と身体障害者手帳及び学生証を確認する場合がございます。
●購入方法
ローソンチケット電話受付にて販売
電話予約…0570-000-732(10:00〜20:00)
●販売期間
2018年7月15日(日)10:00より販売開始(完売となり次第終了)
●駐車場
・車いす専用駐車場は1枠1枚限定で大人券とセット販売いたします。
(駐車場の場所は鈴鹿サーキット メインゲート前P1となります)
●お問い合わせ
【お問合せ先】
〒510-0295 三重県鈴鹿市稲生町7992
株式会社モビリティランド 鈴鹿サーキット モビリティーステーション課
TEL 059-378-1100(10:00〜17:00)
FAX 059-378-8018

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ