F1

メルセデスAMGとフェラーリの力関係は五分と五分、鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリはベッテル逆転の可能性を秘めた重要な一戦

メルセデスAMGとフェラーリの力関係は五分と五分、鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリはベッテル逆転の可能性を秘めた重要な一戦
第14戦シンガポールGPからアジアシリーズ3連戦を迎えたF1。その3戦目となるのが10月の2週目、鈴鹿サーキットでの日本グランプリだ。

シンガポールGP終了時点でドライバーズランキングトップはルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)の263点、2位はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の235点。3位にハミルトンのチームメイト、バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)が212点で続いているが、実質、チャンピオン争いはハミルトンとベッテルの一騎打ちの状況に絞り込まれている。

アジア3連戦の初戦となるシンガポールGPは、戦前の予想でフェラーリが得意とされていたが、フェラーリは2台がスタートで同士討ちとなるクラッシュで自滅。そこでハミルトン&メルセデスAMGが飾った望外の一勝は、大きな意味を持つ勝利となった。
メルセデスAMGとフェラーリの力関係は五分と五分、鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリはベッテル逆転の可能性を秘めた重要な一戦
だが、今シーズンの残りは6戦あり、チャンピオン争いはまだまだ目が離せない。しかも、シンガポールGPでのフェラーリの敗戦はマシンのパフォーマンス差ではなくアクシデント。メルセデスAMGがフェラーリに完勝したわけではなく、両者の力関係は依然、五分と五分のままなのである。そのことは、ハミルトンも理解している。
メルセデスAMGとフェラーリの力関係は五分と五分、鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリはベッテル逆転の可能性を秘めた重要な一戦
「優勝したことは明らかに素晴らしい結果だが、ドライコンディションでは僕らは彼ら(フェラーリ)の敵ではなかったということを忘れてはならない。シンガポールは、おそらく僕らがもっとも苦手としているサーキットのひとつだ。シンガポールでは、僕らのマシンの良い部分と弱点がよく現れていた。だから、僕らは気を抜いてはならない。僕らのマシンが持っている長所を最大限引き出さなければならない」
メルセデスAMGのマシンが持っている強みと弱点とは何か。
メルセデスAMGとフェラーリの力関係は五分と五分、鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリはベッテル逆転の可能性を秘めた重要な一戦
長所は言うまでもなく、F1界で最強を誇るメルセデスPU(パワーユニット)のパワーを生かすことができる高速コースだ。そのことは、今シーズンここまでイギリスGP、ベルギーGP、イタリアGPの3つの高速コースすべてで勝利していることからもわかる。

逆にメルセデスAMGの弱点とは何か。それはメルセデスAMGの今季マシン、メルセデスW08が低速コーナーが多いコースを苦手としていることだ。モナコGPではアタック中に他車がクラッシュするという不運があったものの、今シーズン唯一のQ2落ちとなる予選14番手に終わった。さらに『ガードレールがないモナコ』とたとえられる、低速コーナーの多いハンガロリンクで行われたハンガリーGPでも優勝争いに絡むことができなかった。
メルセデスAMGとフェラーリの力関係は五分と五分、鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリはベッテル逆転の可能性を秘めた重要な一戦
これに対して、フェラーリはメルセデスAMGが苦手としている低速コースで予選ポールポジションを獲得しているように、パワーユニットの差が出づらいテクニカルなコースで圧倒的な強さを持っている。そして高速コースに関しても、メルセデスAMGにはかなわないものの、弱点といわれるような弱さもなく、フェラーリの今季マシン、SF70Hはオールマイティな特性を備えていると言っていいだろう。

では、鈴鹿サーキットで行われる日本グランプリでの両者はどうか?

コースレイアウト、そしてサーキット特性の面では鈴鹿はイギリスGPが行われているシルバーストンに近い。構成されているコーナーのタイプも似ており、シルバーストンにも鈴鹿サーキットのS字と同様、マゴッツ〜ベケッツ〜チャペルという高速S字コーナーがレイアウトの特徴となっている。

鈴鹿とシルバーストンが異なる点としては、シルバーストンは直線が多いことが挙げられる。ここ数年、メルセデスAMGがイギリスGPで強いのは、その直線でパワーユニットのアドバンテージに因るところが大きい。
メルセデスAMGとフェラーリの力関係は五分と五分、鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリはベッテル逆転の可能性を秘めた重要な一戦
一方の鈴鹿サーキットにはS字以外にも1コーナー、逆バンク、ダンロップ、スプーン、130Rという中〜高速コーナーがシルバーストンより多く、逆にストレート区間はメインストレートと西ストレートの2本。つまり、最高速を重視するのではなく、中〜高速コーナーでのダウンフォースが重要となってくる。

ハミルトンは次のように、日本グランプリを分析する。
メルセデスAMGとフェラーリの力関係は五分と五分、鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリはベッテル逆転の可能性を秘めた重要な一戦
「鈴鹿はハイダウンフォース・サーキットだ。苦手ではないが、僕らがもっとも得意とするサーキットでもない。だから、接近した戦いになるだろう。もしかすると、レッドブルも絡んでくるかもしれない」

中〜高速コーナーが多い鈴鹿の中でも、もっともチャレンジングでラップタイムへの影響が大きいと言われているのがセクター1だ。ここは1〜2コーナー、S字、逆バンク、ダンロップと7つのコーナーが連続する。そして、そのセクター1を愛して止まないのが、フェラーリのベッテルだ。
メルセデスAMGとフェラーリの力関係は五分と五分、鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリはベッテル逆転の可能性を秘めた重要な一戦
「鈴鹿の素晴らしさはセクター1だ。4〜5速で次から次へとコーナーが現れてくる。そんなセクターはほかのサーキットにはない。まさに神の手で作られたサーキットだよ」

ここ数年はメルセデスAMGが3連勝している日本GPだが、その前の5年間のうち4回はベッテルが優勝。今シーズン、再び戦闘力が上がったフェラーリのマシンを駆って、ベッテルが4年ぶりに鈴鹿を制してもまったく不思議はない。

また昨年、ルーキーだったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が2位に入っていることからわかるように、レッドブルも鈴鹿のセクター1を得意としている。ベルギーGP以降、高速区間でもレッドブルは速さを見せているだけに、タイトル争いを繰り広げている2チームにとってもあなどれない存在となっている。
メルセデスAMGとフェラーリの力関係は五分と五分、鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリはベッテル逆転の可能性を秘めた重要な一戦
そんな日本GPでもしフェラーリが完勝し、メルセデスAMGがレッドブルにも苦杯をなめるようなことになれば、現在のポイント差を大きく縮め、タイトル争いでベッテルの逆転の可能性が十分に高くなる。つまり、日本GPはタイトルのゆくえを占う上で、重要な一戦となるのだ。

そんな白熱した戦い予想される今年の日本GPを現地で観戦したいという方は、いまからでもまだ間に合う。今年はインディ500ウイナーの佐藤琢磨も駆けつけ、往年の名車であるHonda RA300をデモランする。歴史的な週末をその目に焼き付けよう。
AUTOSPORTweb

苦楽を共にしたマクラーレンとHonda。
過渡期となる今年、F1日本GP鈴鹿で上位進出を狙う

苦楽を共にしたマクラーレンとHonda。過渡期となる今年、F1日本GP鈴鹿で上位進出を狙う
日本のF1ファンにとって一大イベントである日本GPが、もうすぐ開催される。しかしその直前、ショッキングな事件が起きた。2015年からパートナーを組んできたマクラーレンとHondaが、今年いっぱいで提携解消することを正式に発表したのだ。すでに何カ月も前から観測記事として報じられていただけに、突然でビックリしたという人はそう多くないと思う。とはいえ衝撃のニュースであることに変わりはない。

1980〜90年代に圧倒的な強さを誇ったマクラーレン・ホンダ。これまでのF1日本GPを振り返れば、1987年の鈴鹿サーキットでのF1初開催以来、鈴鹿サーキットのF1はHondaと歩みをともにして今年、30年目を迎える。ここで簡単にこれまでの鈴鹿サーキットでのF1日本GPのハイライトを、Hondaの活躍を中心に振り返ってみよう。
苦楽を共にしたマクラーレンとHonda。過渡期となる今年、F1日本GP鈴鹿で上位進出を狙う
1987年:鈴鹿で初のF1日本GP開催。ウイリアムズ・ホンダのネルソン・ピケが3度目となるワールドチャンピオンを決定。この年、ロータス・ホンダからF1デビューを果たした中嶋悟が1コーナーをアウト側からオーバーテイクするパフォーマンスで6位入賞。

1988年:アラン・プロストとアイルトン・セナのコンビでマクラーレン・ホンダがシーズンを席巻。PPはセナが獲得し、レースでもスタートの失敗から大逆転で優勝。最終的にこの年のマクラーレン・ホンダは16戦15勝という伝説的なシーズンとなる。
苦楽を共にしたマクラーレンとHonda。過渡期となる今年、F1日本GP鈴鹿で上位進出を狙う
1989年:トップを争うマクラーレン・ホンダのセナとプロストが47周目のシケインで接触し、セナがトップでチェッカーを受けるも、シケイン不通過で失格。遺恨の残るレースに。

1990年:マクラーレン・ホンダのセナと、フェラーリに移籍してタイトルを争っていたプロストがスタート直後の1コーナーで接触して、両者リタイア。セナの2度目のF1ワールドチャンピオンが鈴鹿サーキットで決定。また、鈴木亜久里がランボルギーニV12エンジンを搭載したラルースで日本人初の3位表彰台を獲得した。
苦楽を共にしたマクラーレンとHonda。過渡期となる今年、F1日本GP鈴鹿で上位進出を狙う
1991年:マクラーレン・ホンダのセナと、ウイリアムズ・ルノーのナイジェル・マンセルのタイトル争いが鈴鹿サーキットで行われ、マンセルはリタイヤとなり、セナの3度目のチャンピオンが決定。また、この年限りで引退を表明していた中嶋悟はマシンのトラブルのため、レース途中でリタイアとなった。Hondaの第2期F1活動は翌92年で一旦終了するが、無限ブランドで2000年までエンジン供給が続いた。
苦楽を共にしたマクラーレンとHonda。過渡期となる今年、F1日本GP鈴鹿で上位進出を狙う
2002年:佐藤琢磨がF1レギュラードライバーとなり、ジョーダン・ホンダからデビュー。

鈴鹿サーキットでの日本GPは予選で佐藤琢磨が7番手に入る健闘を見せ、決勝でも自身F1初入賞となる5位フィニッシュ。鈴鹿は大歓声で琢磨を祝福し、優勝したフェラーリのミハエル・シューマッハーに「今回の主役は琢磨」と言わしめた。

2003年:BARホンダのジャック・ビルヌーブが欠場したことにより、リザーブドライバーの佐藤琢磨が日本GPに急きょ参戦。丸1年ぶりの実戦復帰にも関わらず、予選13番手から6位入賞し、またしても鈴鹿サーキットは琢磨への歓声に包まれた。
苦楽を共にしたマクラーレンとHonda。過渡期となる今年、F1日本GP鈴鹿で上位進出を狙う
2006年:HondaがBARを運営するBATから株式を取得してフルコンストラクターとして参戦。同時に、鈴木亜久里が立ち上げたF1チーム、スーパーアグリF1にもHondaはエンジンを供給。鈴鹿サーキットでの日本GPはジェンソン・バトンがHonda勢のトップとなる予選7番手から、決勝は4位入賞。その後、Hondaは2008年いっぱいで第3期のF1活動を終了。
苦楽を共にしたマクラーレンとHonda。過渡期となる今年、F1日本GP鈴鹿で上位進出を狙う
2015年:HondaがマクラーレンとともにF1に復帰。しかし、エンジンからパワーユニット(PU)に変わったF1に苦労し、鈴鹿サーキットでの日本GPもエースのフェルナンド・アロンソが予選14番手、決勝では11位が精一杯の結果となった。

以上のように、鈴鹿サーキットとHondaには数々の栄光と、そして苦い思い出が混在しているが、それも今となってはよき思い出。今年もF1復帰3年目で、マクラーレンと袂を分かつことになったが、それでも過去2年に比べてマクラーレンのシャシー、MCL32のパフォーマンスとともにHondaのパワーユニットRA617Hの出力は上がっており、入賞圏内を期待したいところ。
苦楽を共にしたマクラーレンとHonda。過渡期となる今年、F1日本GP鈴鹿で上位進出を狙う
特にHondaPUも最新スペックであるバージョン3.7の投入以降は、戦闘力、信頼性ともにかなりの進化を果たしており、フェルナンド・アロンソ、ストフェル・バンドーンふたり揃っての予選トップ10入りは、十分に可能と見る。となればレースでもし3強のいずれかが消えれば、マクラーレン・ホンダとしては今のところ最後となる鈴鹿で上位入賞を果たすこともできるはずである。

鈴鹿ではもうひとつ、来季からHondaの新たなパートナーとなるトロロッソの戦いぶりもじっくり見てほしい。トロロッソは前身のミナルディ時代を含めても、表彰台はセバスチャン・ベッテルによる優勝1回のみという、マクラーレンとはチーム規模も実績も比べ物にならない小さなチームである。
苦楽を共にしたマクラーレンとHonda。過渡期となる今年、F1日本GP鈴鹿で上位進出を狙う
だが、ビッグチームである程度完成された企業であるマクラーレンとは異なり、若くて勢いのある中堅チームのトロロッソは、まだまだ今後の可能性を秘めた魅力的な存在としてもF1界で知られている。

Hondaはすでに2015年からマクラーレン以外の複数供給の一環として、トロロッソとかなり突っ込んだ話し合いを行っており、さらにいえば、フランツ・トスト代表は、それ以前からHondaとの提携にずっと前向きだった。

そしてジェームズ・キー率いる技術部門のポテンシャルは、F1界で非常に高く評価されている。これまではおもに絶対的な予算不足で、せっかく素性のいいクルマを製作しても、その後に熟成させる開発資金が厳しく、シーズンが進むにつれて上位チームとのパフォーマンス差は開き、なかなか結果に結びつかなかった。

そのような経緯を見ても、来季からHondaのワークスチームとなることで、トロロッソは大きく飛躍する可能性が十分にある。美しいブルーとレッド、あの素敵なカラーリングのマシンに来季からHマークが付くことを想像しながら、トロロッソの鈴鹿の走りを観察するのも十分楽しいと思う。
苦楽を共にしたマクラーレンとHonda。過渡期となる今年、F1日本GP鈴鹿で上位進出を狙う
さらに、マレーシアGPから今季スーパーフォーミュラにTEAM MUGENから参戦していたピエール・ガスリーがダニール・クビアトに代わってF1デビューを果たすことが急きょ、トロロッソより発表された。まだ日本GPの参戦についての発表はないが、もしガスリーが日本GPに参戦することになれば、スーパーフォーミュラ出身のドライバーとして、日本のファンも親近感を持って応援しやすい。マクラーレンのバンドーンとの対決は、日本のファンならではの楽しみとなる。
AUTOSPORTweb

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ