F1

2017年 F1プレビュー

1950年に初めて開催されて以来、今年で67年目のシーズンを迎えるF1世界選手権シリーズ。F1はオリンピックやサッカーワールドカップと並ぶ世界3大スポーツイベントとも言われており、鈴鹿サーキットでは1987年の初開催以来、今年で29回目のグランプリを迎える。今シーズンは11チーム22名のドライバーが参戦し、ヨーロッパ、中東、アジア、南北アメリカなど世界20カ国を転戦してタイトルが争われる。

2016年はメルセデスのニコ・ロズベルグが初タイトルを獲得

  • 2016年はメルセデスのニコ・ロズベルグが初タイトルを獲得
  • 2016年はメルセデスのニコ・ロズベルグが初タイトルを獲得
2014年に大幅な車両規定変更が行われて以来、メルセデスAMGが圧倒的な強さを見せている。2016年もチャンピオン争いはメルセデスのルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグによる一騎打ちとなり、ロズベルグが最終戦でチャンピオンを決めた。ライバル勢は厳しい戦いの中でも、第5戦では参戦2年目の18歳、マックス・フェルスタッペンがトロ・ロッソからレッドブルに移籍した初戦で優勝する快挙。レッドブルは第16戦でもダニエル・リカルドが優勝し、メルセデスに一矢報いる活躍をみせた。

大幅な車両規定変更で、混戦が予想される2017年シーズン

  • 大幅な車両規定変更で、混戦が予想される2017年シーズン
  • 大幅な車両規定変更で、混戦が予想される2017年シーズン
2017年は車両の形が大きく変更される。タイヤは太くなり、マシン前後に取り付けられるウィングは大きくなる。これによりコーナーリング速度は大幅にアップ。これまで以上にエキサイティングなハイスピードバトルが展開される事になりそうだ。この大幅な車両規定変更で、これまでの勢力図も大きく変わることが予想される。

驚異の新人バンドーンとベテランアロンソのラインアップで飛躍に期待がかかるマクラーレン・ホンダ

  • 驚異の新人バンドーンとベテランアロンソのラインアップで飛躍に期待がかかるマクラーレン・ホンダ
  • 驚異の新人バンドーンとベテランアロンソのラインアップで飛躍に期待がかかるマクラーレン・ホンダ
2015年に名門マクラーレンとタッグを組み、7年ぶりにF1参戦を果たしたマクラーレン・ホンダは2016年、76ポイントを獲得するも、コンストラクターランキング6位でシーズンを終えた。しかし2015年に比べ信頼性は大幅に向上。上位争いを展開する場面もあり、2017年は大幅な車両規定変更も味方につけ大躍進が期待されている。さらには昨年フェルナンド・アロンソの代役で急遽スポット参戦した第2戦でいきなりの入賞をみせたストフェル・バンドーンがレギュラー参戦する。スーパーフォーミュラでは2016年開幕戦の鈴鹿で3位表彰台、最終戦鈴鹿の第2レースで優勝する活躍をみせており、シーズン全般での活躍とともに、鈴鹿凱旋レースとなる第16戦日本グランプリでの表彰台も期待される。

2017年グランプリ開催地

Rd. 決勝日 グランプリ名 開催地
1 3月26日 オーストラリアGP メルボルン
2 4月9日 中国GP 上海
3 4月16日 バーレーンGP サキール
4 4月30日 ロシアGP ソチ
5 5月14日 スペインGP カタルーニャ
6 5月28日 モナコGP モナコ
7 6月11日 カナダGP モントリオール
8 6月25日 アルゼンバイジャンGP バクー
9 7月9日 オーストリアGP シュピールベルク
10 7月16日 イギリスGP シルバーストン
11 7月30日 ハンガリーGP ブダペスト
12 8月27日 ベルギーGP スパ・フランコルシャン
13 9月3日 イタリアGP モンツァ
14 9月17日 シンガポールGP シンガポール
15 10月1日 マレーシアGP クアラルンプール
16 10月8日 日本GP 鈴鹿
17 10月22日 アメリカGP オースティン
18 10月29日 メキシコGP メキシコ
19 11月12日 ブラジルGP ブラジル
20 11月26日 アブダビGP ヤス・マリーナ

※2017年1月19日(木)現在

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ