F1

2017年F1日本グランプリ 来場ゲスト

来場ゲスト一覧

  • デイモン・ヒル氏
    デイモン・ヒル氏
  • 佐藤 琢磨選手
    佐藤 琢磨選手
  • 小林 可夢偉選手
    小林 可夢偉選手
  • 横山 剣(CRAZY KEN)氏
    横山剣(CRAZY KEN)氏
  • ジェンソン・バトン選手
    ジェンソン・バトン選手

※その他のゲストは決定次第ご案内いたします。

デイモン・ヒル氏

デイモン・ヒル
1962年BRMで、1968年ロータスで2度のF1チャンピオンに輝いた名ドライバー、グラハム・ヒルを父に持つ。若い頃はロックバンドのギタリストとして活躍したが、やはり血は争えないのか、デイモンもまた、偉大な父の後を追うようにモータースポーツの世界に入る。2輪レースを経て23歳で4輪レースデビュー。そしてフォーミュラ・フォード、F3、国際F3000を経て1992年にブラバムからF1デビューした。1993年名門ウイリアムズF1チームに移籍すると父譲りの才能が開花。1994年には日本グランプリでこの年6勝目を記録する。しかしミハエル・シューマッハ(ベネトン)に1ポイント差に迫って迎えた最終戦で両者が接触し共にリタイア、悔しいランキング2位に終わった。その後も常にトップ争いを続け1996年、ジャック・ビルヌーブとチームメイト同士の激しいタイトル争いを展開した末、最終戦の日本GP、予選2位からスタートでトップに立つと、シューマッハ(フェラーリ)の追撃を最後まで押さえ込む完璧なレースを展開。一度もトップの座を譲ることなくフィニッシュし、この年8勝目を飾りドライバーズチャンピオンを獲得した。親子でチャンピオンに輝いたのはF1史上初めてのことだった。その後1997年アロウズに移籍。1998年ジョーダン無限ホンダチームに移籍すると第13戦ベルギーGPで雨の中を快走。ジョーダンチームに初優勝をもたらし、1999年限りでF1を引退した。英国紳士な立ち振る舞いで母国イギリスで愛され、そして日本でも多くのファンに愛されたドライバーでもある。

2017年F1日本グランプリには、自身が1993年から1996年所属し、1996年にはドライバーズチャンピオンを獲得した、今年40周年を迎えるウイリアムズF1チームのイベントの一環で来場が決定した。デモラン予定のFW11は、ヒル氏が初めてドライブするHondaターボエンジン搭載のF1マシン。

登場予定イベント

10月7日(土)
○F1トークショー(場所:GPスクエア、パドッククラブTM、VIPスイート・プレミアム)
>>パドッククラブTMの詳細はこちら
>>VIPスイート・プレミアムの詳細はこちら
○Williams レジェンドF1デモンストレーションラン※FW11(場所:国際レーシングコース)
>>Williams レジェンドF1デモンストレーションランの詳細はこちら
○F1日本グランプリ前夜祭(場所:グランドスタンド前)
>>F1日本グランプリ前夜祭の詳細はこちら
○F1日本グランプリ前夜ファンミーティング
>>F1日本グランプリ前夜ファンミーティングの詳細はこちら
10月8日(日)
○F1トークショー(場所:GPスクエア、パドッククラブTM、VIPスイート・プレミアム)
>>パドッククラブTMの詳細はこちら
>>VIPスイート・プレミアムの詳細はこちら
○Williams レジェンドF1デモンストレーションラン※FW11(場所:国際レーシングコース)
>>Williams レジェンドF1デモンストレーションランの詳細はこちら
10月9日(月・祝)
○F1日本グランプリファンミーティング(場所:グランドスタンド前)
>>F1日本グランプリファンミーティングの詳細はこちら
  • ※イベントの内容は変更・中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ※日時等は決定次第ご案内いたします。

佐藤 琢磨選手

佐藤 琢磨選手
SRS-F(鈴鹿サーキットレーシングスクールフォーミュラ)出身。現在でも鈴鹿サーキットとは、2016年に登場した国際レーシングコースを走るEVアトラクション『Circuit Challenger』のプロジェクトアドバイザーを務めるなど繋がりは強い。

2001年にイギリスF3チャンピオンを獲得し、国際F3レースのマルボロマスターズ、マカオGPをも制し2002年にジョーダン・ホンダからF1デビュー。2004年のアメリカGPでは日本人2人目となる3位表彰台を獲得。ミハエル・シューマッハらと上位争いを演じるなど、多くのファンを魅了するレースを繰り広げた。インディカー・シリーズに舞台を移してからは2013年のロングビーチで日本人初優勝を果たすなど、常にトップドライバーとして活躍。そして遂に2017年、インディアナポリス500マイルで日本人として史上初優勝を成し遂げた。

登場予定イベント

10月6日(金)
○F1トークショー(場所:パドッククラブTM、VIPスイート・プレミアム)
>>パドッククラブTMの詳細はこちら
>>VIPスイート・プレミアムの詳細はこちら
10月7日(土)
○F1トークショー(場所:GPスクエア)
○Honda RA300デモンストレーションラン(場所:国際レーシングコース)
>>Honda RA300デモンストレーションランの詳細はこちら
○F1日本グランプリ前夜祭(場所:グランドスタンド前)
>>F1日本グランプリ前夜祭の詳細はこちら
10月8日(日)
○F1トークショー(場所:GPスクエア、グランドスタンド前)
○Honda RA300デモンストレーションラン(場所:国際レーシングコース)
>>Honda RA300デモンストレーションランの詳細はこちら
10月9日(月・祝)
○F1日本グランプリファンミーティング(場所:グランドスタンド前)
>>F1日本グランプリファンミーティングの詳細はこちら
  • ※イベントの内容は変更・中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ※日時等は決定次第ご案内いたします。

小林 可夢偉選手

小林 可夢偉選手
9歳でレーシングカートレースにデビューして以来、優勝やシリーズチャンピオンなど次々に好成績を収める。15歳で限定ライセンスを取得し自動車レースにデビューすると早くからヨーロッパでのレースに挑み、19歳になる2005年にはフォーミュラルノーのユーロとイタリアの両シリーズ戦でチャンピオンを獲得し、2009年にはGP2アジアシリーズで日本人初のチャンピオンとなる。同時にトヨタのテストドライバーを務め、2009年の日本グランプリで金曜日フリー走行に出走。その後レギュラードライバーの怪我による代役として出場した終盤の2戦でも非凡な才能をみせ、最終戦では6位に入賞。その功績が認められ、2010年はザウバーのレギュラードライバーとしてF1にフルシーズン参戦を果たした。その年の日本グランプリではヘアピンで5度のオーバーテイクを決め、日本のみならず世界のファンを魅了。ザウバー3年目の2012年、ついに日本グランプリで3位表彰台を獲得し、鈴鹿サーキット中が大歓声に包まれた。翌年はフェラーリドライバーとしてWEC(世界耐久選手権)に参戦。2014年はケータハムから再びF1に参戦した。現在でもスーパーフォーミュラ、WECなど様々なトップカテゴリで活躍を続けている。

登場予定イベント

10月7日(土)
○F1トークショー(場所:VIPスイート・プレミアム)
>>VIPスイート・プレミアムの詳細はこちら
○F1日本グランプリ前夜祭(場所:グランドスタンド前)
>>F1日本グランプリ前夜祭の詳細はこちら
10月8日(日)
○F1トークショー(場所:GPスクエア、グランドスタンド前、パドッククラブTM
>>パドッククラブTMの詳細はこちら
  • ※イベントの内容は変更・中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ※日時等は決定次第ご案内いたします。

横山 剣(CRAZY KEN)氏

横山 剣(CRAZY KEN)氏
1960年横浜生まれ。1997年に結成したクレイジーケンバンドのコンポーザー兼ボーカル&キーボード。「音楽ジャンルからの解放」をモットーとする全方向型音楽で、幅広い年齢層からも人気を博す。また、数多くアーティストへの楽曲提供、2007年刊行した初の自叙伝『マイ・スタンダード』の執筆や、ラジオDJなど、活動は多岐にわたる。

2017年はクレイジーケンバンド結成20周年イヤーとなり、6月にはメンバー総出演の映画『イイネ!イイネ!イイネ!』を公開、8月には3枚組のオールタイムベストアルバム『愛の世界』、さらにライブ&アーカイブ映像を3枚のDVDに収めた『20/20 Video Attack! Live at 神戸』をリリース。9/2には横浜赤レンガ野外特設ステージにて結成20周年のアニバーサリーライブを開催し1万人を動員、9/23からは全国ツアーを展開。これまでにも増して「攻め」の姿勢で邁進する。

>>クレイジーケンバンド OFFICIAL WEB SITE(外部サイト)

横山剣さんのコメント

クレイジーケンバンドの横山剣でございます。私は6歳(1966年)の時に「グランプリ」という映画を観て以来、モータースポーツ、とりわけフォーミュラワンの世界の虜となりました。この度のF1日本グランプリ決勝レース前セレモニーで国歌独唱を行うという大役をいただく事となり、シンガーとして、また一人のモータースポーツ・ファンとしてこの上ない喜びを噛み締めているところでございます。モータースポーツファンの皆さま、そして本大会を支える全ての関係者の皆さまに感謝申し上げるとともに、このF1日本グランプリが素晴らしいレースとなりますよう心より祈念申し上げます。
イイネ!イイネ!イイネ!

登場予定イベント

○F1日本グランプリ決勝レース前セレモニー国歌独唱(場所:国際レーシングコース)
>>F1日本グランプリ決勝レース前セレモニー国歌独唱の詳細はこちら
○横山剣 トークショー(場所:GPスクエア スペシャルステージ)
>>横山剣 トークショーの詳細はこちら
  • ※イベントの内容は変更・中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ※日時等は決定次第ご案内いたします。

ジェンソン・バトン選手

ジェンソン・バトン選手
イギリス出身のレーシングドライバーで2000年にウイリアムズからF1デビュー。そのデビュー年から2014年までF1日本グランプリで全て完走という記録を持つ。2009年にはブラウンGPから参戦しF1ワールドチャンピオンを獲得したほか、F1決勝レース出走回数で306戦、歴代2位タイという記録も持っている。2016年限りでF1レギュラードライバーを引退。2017年はマクラーレン・ホンダのアンバサダー兼リザーブを務めており、5月28日(日)にはフェルナンド・アロンソの代役としてF1モナコGPに参戦した。またF1レギュラー参戦の後は様々なレースカテゴリに興味を示しており、8月にはTEAM MUGENからSUPER GT "SUZUKA 1000km THE FINAL"にスポット参戦を果たすなど精力的に活動を続けている。

登場予定イベント

10月6日(金)
○F1ドライバーズトークショー
>>F1ドライバーズトークショーの詳細はこちら
10月7日(土)
○F1日本グランプリ前夜ファンミーティング
>>F1日本グランプリ前夜ファンミーティングの詳細はこちら
○F1ドライバーズトークショー
>>F1ドライバーズトークショーの詳細はこちら
10月8日(日)
○F1ドライバーズトークショー
>>F1ドライバーズトークショーの詳細はこちら
  • ※イベントの内容は変更・中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ※日時等は決定次第ご案内いたします。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ