世界へ向けたステップアップクラスとしてアジアのロードレースを牽引

アジアにおけるオートバイロードレースの頂点として1996年にシリーズ戦がスタートし、鈴鹿サーキットでは2013年から連続開催されている。
最高峰クラスのSS600(スーパースポーツ600)、2015年に新設されたAP250(アジアプロダクション250)、UB130に代わるUB150(アンダーボーン150)の全3クラスが開催される。
2018年シリーズは、3月2日〜4日の タイ・チャン・インターナショナル・サーキット で開幕。第2戦は4月19日〜22日に初開催となるオーストラリア・ベンド・モータースポーツ・パークで、第3戦となる日本ラウンドは6月1日〜3日に開催される。そして日本ラウンド以降に、第4戦マドラス・モーター・レース・トラック(インド)(8月3日〜5日)、第5戦セントゥール・インターナショナル・サーキット(インドネシア) (10月12日〜14日)、そして最終戦となる第6戦が11月30日〜12月2日に再びチャン・インターナショナル・サーキット(タイ)で開催される。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ