初めてでも大丈夫!8耐の過ごし方
鈴鹿8耐を2倍・3倍楽しむ方法!!
鈴鹿8耐を2倍・3倍楽しむ方法!!
鈴鹿8耐を2倍・3倍楽しむ方法!!

初めてでも大丈夫!
鈴鹿8耐を2倍・3倍楽しむ方法!

今年も7月27日(木)〜30日(日)に開催される"コカ·コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース第40回記念大会。毎年欠かさず通っていただいているファンの皆様は、見どころや楽しみ方を熟知されているかと思いますが、初めて行く方にとっては「現地での過ごし方・楽しみ方」がわからず、サーキットへなかなか足を踏み出せないのが現状だと思います。

でも、鈴鹿8耐は初めての人でも気軽に参加して楽しめるイベントが盛りだくさん!今回は現地での過ごし方を初心者ファン目線でご紹介!
鈴鹿8耐はゲートオープンから参加するのが楽しい!
鈴鹿8耐はゲートオープンから参加するのが楽しい!
鈴鹿8耐はゲートオープンから参加するのが楽しい!

鈴鹿8耐はゲートオープンから参加するのが楽しい!

まず、来場するファンを盛り上げてくれるのが朝のゲートオープン。実は鈴鹿サーキットでは開門時間を迎える前に、レース同様にカウンドダウンが行われます。
お馴染みのファンファーレとともに、レッドシグナルが点灯して行くようにカウントダウン。そしてゲートオープンになると、皆さんそれぞれの場所へ一目散に向かっていきます。「いよいよレースが始まるんだな!」とワクワク感が高まる瞬間でもあります!
少し朝早いのですが、もし機会があれば参加してみてください
ライダーに会える!『ピットウォーク』
ピットウォーク
ピットウォーク

ライダーに会える!『ピットウォーク』

鈴鹿8耐での恒例イベントの一つで、見逃せないのがピットウォーク。
普段は立ち入ることができないピットロードを解放し、各チームのピット前まで行くことができるイベントなのです。
ピットに行くとレースに向けてメンテナンスしているバイクを見ることができるほか、チームによっては暖機運転もしていて、迫力あるサウンドを間近で聞くことができます。
さらにレースクイーンも登場してバイクと一緒に撮影もできるほか、ライダー達も登場しサインをしてくれたり写真撮影も可能。お目当てのライダーにあって直接エールを贈ることができるチャンスでもあります。
そのほかにもピットウォーク限定のグッズを配布しているチームもあったり、観客席で観戦しているよりも、一歩近づいたレースの魅力に触れることができるイベントです。
※参加には観戦券とは別に ピットウォーク券が必要。(VIPスイートホスピタリティラウンジホスピタリティテラスパドックパスをお持ちの方は無料で参加できます)
全観客の視線が1台のマシンに・・・『トップ10トライアル』
トップ10トライアル
トップ10トライアル

全観客の視線が1台のマシンに・・・『トップ10トライアル』

決勝レースは30日(日)ですが、そのスタート順を決める公式予選は28日(金)からスタートします。特に見どころとなるのが、29日(土)に行われるトップ10トライアルです。
公式予選の上位10チームが参加し、1台ずつ1周のみのタイムアタックを行い、トップ10のスタートグリッド順を決め直すというものです。
サーキットにいる全ての関係者とファンがタイムアタックをする1台のバイクに注目する。他のレースでは、なかなか味わえない緊迫感がありますし、単純に1周のタイムが速い順で順位が決まるので、初めて観るという方にも分かりやすいルールにもなっています。

決勝レースへの興奮が高まる前夜祭
決勝レースへの興奮が高まる前夜祭
決勝レースへの興奮が高まる前夜祭

決勝レースへの興奮が高まる前夜祭

鈴鹿8耐の人気イベントのひとつとして毎年盛り上がるのが「前夜祭」。ゲストや参戦ライダーのトークショーや、往年のマシンによるデモラン、そして一足早く花火も打ち上がります。
いよいよ翌日に迫った決戦に向けて、より興奮と緊張感が高まって行く瞬間です。
前夜祭の後に行われる、
もう一つの注目イベントが「ナイトピットウォーク」
ナイトピットウォークイメージ

ナイトピットウォークイメージ

ナイトピットウォークイメージ

ナイトピットウォークイメージ

基本的に昼間にやっているピットウォークと、ほとんど変わらないのですが、各チームともナイトピットウォーク専用の催しをしたり、レースクイーンも専用コスチュームで登場したりと見どころ盛りだくさん!
バイクを展示してくれるチームもあれば、決勝に向けピット作業の練習をするチームもあり、それらも間近で見られます。
よく、鈴鹿8耐は「お祭り」と例えられることがありますが、それがよく分かるのが、このナイトピットウォークです。
みんなでスタートをカウントダウン!
みんなでスタートをカウントダウン!
みんなでスタートをカウントダウン!

みんなでスタートをカウントダウン!

いよいよ決勝スタート!各マシンがコースインしグリッドに整列し、徐々にコースから緊張感が伝わって来る瞬間です。
メインストレートに並ぶ70台のバイクと、70人のライダーに観客席にいるファン全員が注目。今まで当たり前のように鳴り響いていたバイクのエンジン音が消え、まさに"嵐の前の静けさ"という雰囲気になります。
そして、スタートはサーキットにいる全員でカウントダウン!
「5、4、3、2、1・・・スタート!」
ぜひ、この瞬間はグランドスタンドをはじめ各観戦エリアで一緒にスタートの瞬間を見守りましょう。
GPスクエア・BASE8耐ではイベント盛りだくさん!
GPスクエア・BASE8耐ではイベント盛りだくさん!
GPスクエア・BASE8耐ではイベント盛りだくさん!

GPスクエア・BASE8耐ではイベント盛りだくさん!

決勝レースは8時間と長丁場。最初から最後まで観るのも良いですが、少し休憩がてら場内へ遊びに行ってみるのもオススメです。
特にグランドスタンド裏の「GPスクエア」では、各メーカーがPRブースを出展していて、最新のバイクとか気になっていたスクーターも展示。もちろん実際にまたがってみることもできます。
サーキットにいるのに、ここだけモーターサイクルショーに来ているような感覚。「レースを観るだけの場所じゃない」というのを感じることができます。
BASE8耐イメージ

BASE8耐イメージ

BASE8耐イメージ

BASE8耐イメージ

交通教育センターエリアで展開しているのは「BASE8耐」。試乗会や用品ブース、びしょぬれFMXパフォーマンスから音楽ライブ「8フェス」など、盛り上がれるイベントが目白押しです。
レースを観ながらプールでも遊べちゃう!?
レースを観ながらプールでも遊べちゃう!?
レースを観ながらプールでも遊べちゃう!?
さすがに炎天下の中、8時間ずっと観客席に座ってレースを観ているのは大変。そこでゆうえんち内にある「アクア・アドベンチャー」へ。夏季限定営業で、ちょうど遊ぶチャンス!レース観戦もできて、プールでも遊べて。本当に夢のような1日です。
しかもプールサイドにモニターを設置され、レース映像や順位がリアルタイムで確認できますコースサイドにいなくても戦況を把握できてしまうのです!
いよいよゴール!鈴鹿8耐のフィナーレは・・・
いよいよゴール!鈴鹿8耐のフィナーレは・・・
いよいよゴール!鈴鹿8耐のフィナーレは・・・
日も暮れて、いよいよゴールのタイミング、ここまで来ると8時間もあっという間です。
様々なところで8耐を楽しんでいたかと思いますが、この時間はぜひ観戦席に戻りましょう。
この時ばかりは応援しているチーム・メーカーなど関係なく、今走っている全チームが無事に8時間を走りきってほしいという気持ちになります。
そして、19時30分。チェッカーフラッグが振られゴール。
真夏の長い戦いが終わった。全車がピットに戻ると、メインストレートが解放されますので、ぜひコースへ行って感動の表彰式や鈴鹿8耐のフィナーレに参加しましょう。
鈴鹿8耐の締めくくりは花火
鈴鹿8耐の締めくくりは花火
鈴鹿8耐の締めくくりは花火
長いようで短かった鈴鹿8耐。最後のイベントは「花火」です。これを見なきゃ8耐が終わらない!という人もいるほど、さまざまな人にとって思い出に残る特別な瞬間です。
きっとこの頃には、正直、帰るのは惜しいけど、来年また来よう!今度は、このレースをまだ知らない人も一緒に連れてこよう!と思っていることでしょう。
このように、鈴鹿8耐は、知れば知るほど楽しむことができるイベントなのです。
皆さんも、鈴鹿でしか叶えられない夏の思い出を、作ってみませんか?

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ