津田、ブルックス、ギュントーリで2009年以来のタイトル獲りへ!!
ヨシムラスズキMOTUL
ヨシムラスズキMOTUL 津田、ブルックス、ギュントーリで2009年以来のタイトル獲りへ!!
ヨシムラスズキMOTUL 津田、ブルックス、ギュントーリで2009年以来のタイトル獲りへ!!
"コカ·コーラ"鈴鹿8耐に参戦するヨシムラスズキMOTULのライダー体制が決定した。ヨシムラは、1978年の鈴鹿8耐第1回大会での優勝チームとして知られ、その後の第3回大会、そして2007年、2009年と計4回の優勝経験を持つ強豪チームで、これまでの39回大会のすべてに出場しているチームでもある。

そしてこのヨシムラスズキMOTULのライダー体制は、全日本JSB1000クラスを戦う津田拓也と、BSB(ブリティッシュスーパーバイク)を戦うジョシュ・ブルックスと、そしてシルバン・ギュントーリをチームに迎えての3人体制だ。
2年連続参戦となるジョシュ・ブルックス選手
2年連続参戦となるジョシュ・ブルックス選手
今年、SUZUKI GSX-R1000はフルモデルチェンジされ、津田によれば「電子制御をはじめとしてすべてが異次元の進化を遂げている」とのこと。そしてその津田は「全日本シリーズの前半戦は、鈴鹿8耐用のマシンを作りながらの戦いになる」とも語っており、新型マシンのポテンシャルを引き出すために懸命だ。

ブルックスは、昨年に続いてヨシムラからの参戦となるが、速さはもちろんだがレースに向き合う姿勢なども高く評価されている。また、今年新たに加わるフランス人のギュントーリは、2014年のWSBKチャンピオンで、過去にはMotoGP™参戦経験を持つ。なお、今年のMotoGP™第5戦フランスと第6戦イタリアには負傷中のアレックス・リンスの代役としてTeam SUZUKI ECSTARから出走し、フランスでは15位に入りポイントを獲得している。

エース津田がチームを牽引し、レースを熟知したブルックスとギュントーリがサイドを固める体制は、ライバルに威圧感を与えるヨシムラらしい布陣と言える。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ