"コカ·コーラ"鈴鹿8耐のライダーラインアップを発表!!
Kawasaki Team GREEN
Kawasaki Team GREEN "コカ·コーラ"鈴鹿8耐のライダーラインアップを発表!!
Kawasaki Team GREEN "コカ·コーラ"鈴鹿8耐のライダーラインアップを発表!!

Kawasaki Team GREEN
"コカ·コーラ"鈴鹿8耐の
ライダーラインアップを発表!!

今シーズンの開幕前、"コカ·コーラ"鈴鹿8耐の開催発表会席上で、Kawasaki Team GREENの釈迦堂利郎監督からレオン・ハスラムの昨年に続いての参戦が発表されたが、改めて今年の鈴鹿8耐にハスラム、渡辺一馬、そしてアズラン・シャー・カマルザマンの3人で臨むことが正式発表された。

ハスラムは、昨年の鈴鹿8耐でTeam GREENを2位へと導く原動力となったライダー。全日本最終戦JSB1000にもスポット参戦してレース1、レース2ともに2位。フル参戦するBSB(ブリティッシュスーパーバイク選手権)での2016年ランキングは2位で、今年は第3戦を終えた段階でポイントリーダーに立っている。

渡辺一馬は、昨年はEWC(世界耐久選手権)に参戦して安定した速さを披露。今年からKawasaki Team GREENに移籍してJSB1000を戦うが、初めてのマシンにも高い順応性を示して開幕戦の鈴鹿2&4レースでは5位、スポーツランドSUGOでは3位と好調だ。

そしてアズラン・シャー・カマルザマンは、2011年鈴鹿4耐勝者であり、2013年の鈴鹿8耐では6位入賞している。また、Moto2™クラスへのフル参戦経験を持ち、2016年にKawasaki系チームからARRC(アジアロードレース選手権)SS600に復帰してランキング3位。今年のARRCのSS600では2戦を終えてポイントリーダーに立っている。
レオン・ハスラム選手

レオン・ハスラム選手

渡辺 一馬選手

渡辺 一馬選手

アズラン・シャー・カマルザマン選手

アズラン・シャー・カマルザマン選手

「鈴鹿8耐制覇はチームの目標のひとつ。レオンとアズランは鈴鹿サーキットを熟知しているし、とても速くて安定したライダーなので、チームメイトとして戦えるのはとても楽しみだし心強い。マシンは、昨年の鈴鹿8耐で2位の実績があるので、信頼性、ポテンシャルともに高いことは立証済みです。あとはチーム一丸となって戦うのみです。そして鈴鹿8耐で勝って、みんなで歴史に名前を刻みたい」と、渡辺一馬。
柳川 明選手
柳川 明選手

Kawasaki系チームの参戦体制は?

なお、Kawasaki系チームでは、昨年の鈴鹿8耐2位の牽引者である柳川明がチーム阪神ライディングスクールから、渡辺一樹がTEAM JP・DFR & RS-ITOHからそれぞれエントリーしている。柳川は「EWCクラスではなく、ほぼ市販車状態のSSTクラスでの戦いになるので、しっかりと気持ちを切り替えて臨みます」と語り、渡辺一樹は「今年、日本での唯一のレースになるので、WSS(スーパースポーツ世界選手権)を戦って成長した姿を日本のファンのみなさんにお見せしたいです」と抱負を語る。渡辺一樹のチームメイトは、昨年の鈴鹿8耐のTOP10トライアルに進出した実績のあるマーク・アチソンとベテランの新庄雅浩だ。また、EWCにフル参戦しているEVA RT Webike TRICKSTARもKawasakiマシンを駆る有力チーム。ル・マン24時間、ボルドール24時間、オーシャズレーベン8時間を戦い終えた段階でランキング9位だが、スロバキア8時間、そして"コカ·コーラ"鈴鹿8耐での結果次第では、上位に躍進する可能性を秘めている。

Kawasakiマシンが鈴鹿8耐を制すれば、それは1993年のスコット・ラッセルとアーロン・スライト以来となるが、その可能性が大いに高まったと言えるだろう。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ