【インタビュー】サンプラザ中野くん@<8フェス>by BARKS

「“走る走る 俺たち♪”ですからね。暑苦しく歌いますよ」
サンプラザ中野くん
サンプラザ中野くん

レースと音楽との親和性

7月28日(土)&29日(日)に開催される<"コカ·コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース>のイベントエリア「BASE8耐」特設ステージで、音楽イベント<8フェス>が開催される。

<8フェス>は、バイクレースと音楽イベントを同時に楽しむという、新しい観戦スタイルを提供するイベントとして昨年からスタートした音楽フェスだ。全12アーティストが出演、熱きパフォーマンスを繰り広げる2daysとなるが、スピード感とスリル、ほとばしるエネルギーと爆音…と、レースと音楽との親和性は高い。そんな<8フェス>に向け、登場アーティストはどんなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。

7月28日(土)のステージに登場するサンプラザ中野くんに、<8フェス>への思いを聞いた。

取材・文 / BARKS編集長 烏丸哲也、撮影 / 鳥居洋介

「子供の頃からバイクに憧れてたんです。」

──サンプラザ中野くんもバイクに乗っていたんですか?

サンプラザ中野くん:大型に乗っていたんです。BMWの1200cc。

──凄い。ガチじゃないですか。

サンプラザ中野くん:いや、それが全然ダメで、30歳過ぎてから乗り出したんです。一番最初はこれなら転ばないだろうということで、ピザ屋バイク…Hondaのジャイロキャノピーが最初のバイクでした。

──バンドマンって時間も金もないので、バイクの免許を取るのも大変で。

サンプラザ中野くん:そうですね。大型解除できたのも30歳代後半ですよ。そもそも『ワイルド7』という漫画とか観ていて、子供の頃からバイクに憧れてたんです。

──スピード感、ドライブ感…ロックとモータースポーツって親和性が高いですよね。

サンプラザ中野くん:そうですよね。子供の時に観た映画『イージー・ライダー』とか漫画『ワイルド7』、そもそもクールスのLPも家にあって聴いていましたから。あとダウン・タウン・ブギウギ・バンドとかね。そして横浜銀蝿、漫画でいうと『750ライダー』。

「とにかくバイクが好きだったんです。」

──革ジャンやジャンプスーツって、ロックとバイクをつなぐ象徴的なアイテムでしたね。

サンプラザ中野くん:とにかくバイクが好きだったんです。でも運動神経が良くなかったから「あんたはバイクに乗るな」って親からも言われていたんですけど、あきらめられなくて、転ばない3輪のキャノピーを買ったんです。遅いなりに楽しかったんですけど、ある時Hondaのフュージョンがカッコいいと思いまして、それに乗るために中免(中型二輪免許)を取りました。

──いよいよ本気になっていく。

サンプラザ中野くん:バイクじゃなくてフュージョンというところが甘々なんですけど(笑)、人気が出る前だったんで「なんでこんなの乗ってんの?」ってよくバカにされてました。2年くらい経ってフュージョン・ブームが来た頃、大型に乗りたいなと思って。

──順当に歴史を重ねていますね。

サンプラザ中野くん:最初はハーレーに乗りたいと思ったんですけど、教習所でもすごい下手で、急制動(急ブレーキ)でコケたんですよ。「これは怖い」と思って、ABS(アンチロック・ブレーキシステム)付きならばいけるのではないかと。当時ABSがついているのはBMWくらいしかなくて。

──なるほど。それでBMWを買ったわけだ。

サンプラザ中野くん:ええ、で、最初のBMWは買って3ヶ月で盗まれまして、二台目を買ったんですけど、それが本当に重くて街中でよく転んでいました。

──だんだんエピソードが情けなくなってきた。

サンプラザ中野くん:転んで「あぁ、もう起こせない」と絶望すると、サラリーマンがササッと集まってきてさっと立ててくれるんです(笑)。で、「ありがとうございます」って言う間もなく去っていく。

──バイカー、かっこいい。

サンプラザ中野くん:ある時、西麻布の交差点の手前でコケたときは誰もいなくて、「だれか助けてくれないかな」って思っていたら、ぐうぜん寺岡呼人くんが歩いてきてね。それまで特に話をしたこともなかったんですけど「やあ、寺岡くん、サンプラザ中野です」「あ、どうも」「バイクが倒れちゃったんで起こすの手伝ってください!ニコニコ」って(笑)。

──エピソードのカッコ悪さも研ぎ澄まされてきた。

サンプラザ中野くん:起こしてもらったら話すこともなくなっちゃって、「どうもありがとうございました。またよろしく」って(笑)。結局、でかすぎたのと重すぎたのが理由で、乗る回数が減っていって、「コケて死んではいかん」ということで、最後にコケたのをきっかけに卒業しました。

──なかなかひどいバイク歴でした(笑)。

サンプラザ中野くん:でもね、BMWはスピードが乗ってくると非常に気持ち良いバイクでね、「本当に気持ちいいものだな」というのは大型に乗って初めてわかりました。揺れる感じはスノーボードの気持ちよさに通じるところもあって。

──「気持ちよさ」という点は、音楽とも似ていますね。

サンプラザ中野くん:ありますね。リズムとシンクロしていくと気持ちいいですよね。あまり努力しないけど"ゾーンに入れる"みたいな。
当日は名曲「Runner」で盛り上げる!
ロックフェス 8フェス
ロックフェス 8フェス

サーキットでのロックフェス 8フェス

開催2年目となる「8フェス」はイベントエリア「BASE8耐」で行うロックフェス!バイクレースとロックフェスが融合した空間で #ハンパない!夏を飾ろう!

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ