F.C.C. TSR Honda France 世界一へ王手!

1分で読めるEWC ドイツ戦レポート
世界一に王手をかけたF.C.C. TSR Honda France
世界一に王手をかけたF.C.C. TSR Honda France

正念場のドイツ・オーシャーズレーベン8時間

■1ポイント差で迎えたドイツ・オーシャーズレーベン8時間
2017-2018 EWC第2戦ル・マン24時間を制してチャンピオンシップのポイントリーダーに立ったF.C.C. TSR Honda France。第3戦スロバキア8時間でもF.C.C. TSR Honda Franceは3位表彰台を獲得して気勢が上がる。だが、開幕戦ボルドール24時間で優勝し、スロバキア8時間で2位に入ったGMT94 YAMAHA Official EWC TeamがチャンピオンシップポイントでF.C.C. TSR Honda Franceに1ポイント差に迫っていた。

最終戦"コカ·コーラ"鈴鹿8耐を前にしたシリーズ第4戦ドイツ・オーシャーズレーベン8時間。両チームともライバルに対して少しでもポイント差を広げて鈴鹿8耐に臨みたいという思いから、より重要なレースとなった第4戦。予選ではGMT94 YAMAHA Official EWC Teamがポールポジションを獲り、F.C.C. TSR Honda Franceは2番手だ。

■セーフティカー・ピット戦略・転倒...波乱の決勝レース
その決勝レースは、序盤でセーフティカーが2度もコースに入る波乱の展開となったが、これを契機にF.C.C. TSR Honda Franceは一人のライダーが最大限に周回数を稼ぐ戦法をとる。他チームとは違うタイミングでのピットインにより順位は不規則に変動するが、F.C.C. TSR Honda Franceは常に上位でのレースをキープしていく。

その後、上位陣のYART YAMAHA Official EWC Teamが転倒で戦線を離脱。一方、ストップ&ゴーのペナルティを受けてポジションを落としたGMT94 YAMAHA Official EWC Teamは、レース中盤以降で主導権を握ったF.C.C. TSR Honda Franceを懸命に追い上げ、そのF.C.C. TSR Honda Franceはレース最終盤に一度、燃料補給だけのピットインに備えていた。

しかし、チェッカーまで残り20分となったところでの転倒車により3度目のセーフティカーが介入。これで全体の走行ペースが下がると、F.C.C. TSR Honda Franceは6回ピットで8時間を走り抜け、今季2勝目をマークした。一方、F.C.C. TSR Honda Franceとチャンピオン争いをするGMT94 YAMAHA Official EWC Teamは、土壇場でTEAM SRC Kawasakiにパスされて3位。これでF.C.C. TSR Honda Franceはシリーズポイントを146に伸ばし、GMT94 YAMAHA Official EWC Teamに10ポイント差をつけたポイントリーダーとして2017-2018 EWC最終戦"コカ·コーラ"鈴鹿8耐を迎えることになった。

F.C.C. TSR Honda Franceにとって、日本チームとして初のEWCチャンピオンがかかる最終戦・鈴鹿8耐。歴史的瞬間を現地で目撃しよう!

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ