WSBK王者 ジョナサン・レイ参戦!

ワールドスーパーバイク3連覇を達成したジョナサン・レイ選手
ワールドスーパーバイク3連覇を達成したジョナサン・レイ選手

Kawasaki Team GREEN 悲願の優勝へ

スーパーバイク世界選手権で史上初の3連覇を達成したKawasakiのエース、ジョナサン・レイの"コカ·コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース(7月29日決勝)参戦が決定!!
チームはKawasaki Team GREENで、パートナーはこれまでの鈴鹿8耐で素晴らしいパフォーマンスを発揮しているレオン・ハスラムと、昨年のJSB1000クラスでランキング3位となった渡辺一馬。そしてチームの指揮を執るのはJSB1000クラスの釈迦堂利郎監督だ。
以前から釈迦堂監督は「Kawasakiにはエースのジョナサン・レイ選手がいます。Kawasakiファンからも鈴鹿8耐にレイ選手を起用してほしいという声が上がっていたことは知っています。ただ、レイ選手を起用するからには勝てるチーム体制を確立することが必要なんです」と語っていたが、13年ぶりに鈴鹿8耐に復帰した2014年以降、チームは確実にポテンシャルを上げ、2016年、2017年には優勝チームと唯一の同一ラップで2位のチェッカーを受けている。そう、釈迦堂監督の語るチームの土台は完成し、いよいよトップを獲るためにエースのレイをチームに呼び寄せたと言える。
ジョナサン・レイ選手
ジョナサン・レイ選手

レイの新次元の走りとKawasakiが目指す25年ぶりの優勝

レイはHonda時代の2007年に鈴鹿300kmレースでパートナー清成龍一とともに優勝し、秋吉耕佑と岡田忠之とのチームで2012年の鈴鹿8耐を制している。だが、当時ももちろん素晴らしい速さを見せつけていたのだが、スーパーバイク世界選手権でKawasakiに移籍した2015年からは圧倒的な速さをもって世界の王者に君臨し続けている。現在のレイは、日本で活躍していた当時とは次元の違う速さを身に着けていることは明確で、そのパフォーマンスが期待される。

ヨーロッパでの耐久レースの歴史のなかで数々の栄光の記録を残してきたKawasaki。鈴鹿8耐では1993年にスコット・ラッセルとアーロン・スライトで挙げた1勝のみだが、世界王者のレイ、2017年ブリティッシュスーパーバイク総合3位のハスラム、2017年JSB1000クラス総合3位の渡辺一馬の3人による戦いは、日本のKawasakiファン、そして世界に広がるKawasakiファンにとって、忘れることのできない夏になるはずだ。
Kawasaki Team GREENライダーカード
Kawasaki Team GREENライダーカード

イベントへ来場して限定カードをもらおう!

WSBKの王者、ジョナサン・レイを擁するKawasaki Team GREENのチームと監督の限定カードが、対象レース・イベントでもらえる!内容をチェックして、会場でゲットしよう!
  • カード種類
    ジョナサン・レイ選手
    レオン・ハスラム選手
    渡辺一馬選手
    釈迦堂利郎監督
    ※対象日毎に配布するカードは異なります。
  • 配布対象イベント
    3月25日(日) 東京モーターサイクルショー2018
    4月21日(土)・22日(日) 2018 NGKスパークフラグ鈴鹿2&4レース
    4月28日(土) BIKE!BIKE!BIKE!2018
    7月26日(木)〜29(日) "コカ·コーラ"鈴鹿8耐
  • 対象者
    各イベント先着300名様
  • 配布場所
    各レース・イベント Kawasakiブース

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ