2017 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース 4月22日(土) 23日(日)
SUZUKA 2&4レース>チケット一覧>初心者向けチケット購入ガイド
レースを見たい!だけど何をどうしたら良いのか分からない!?という方にチケット購入に関する基本情報をご案内いたします。

タイトルをクリックで詳細を表示  すべて表示 すべて隠す

  • 主なチケット販売場所
  • 料金一覧
  • チケットの説明
  • 自分の好きなメーカーやチームを応援しながら観戦

  • まず、レースのどこを見ればいいの?という方
  • 次に、レースなんだから追い抜くシーンをたくさん見たい!という方
  • レースを見るのは久しぶり、しかも子どもも一緒!という方
  • 選手に会ったり、マシンを目の前で見たい!という方
  • ゆったりと最高の環境で観戦したい!という方
  • 子どもがわいわい騒ぎながらもVIP気分でレースを楽しみたい!という方


主なチケット販売場所

鈴鹿サーキットのホームページ/プレイガイド/コンビニエンスストア

いろんなスポーツイベントやライブコンサート同様にいろいろなところで購入することができます。


料金一覧
(税込)

■前売券(税込) 観戦券(2日間有効)※4月21日(金)も入場可

  レース観戦(土・日)

ゆうえんちモートピアパスポート1日券付き
レース観戦のみ
大人 4,000円
(ゆうえんちモートピアパスポート1日券付き)
中・高校生 4,000円 1,700円
小学生 3,100円 800円
3歳〜未就学児 2,000円 600円

■当日券(税込)

観戦券
観戦券 4月22日(土)予選日 4月23日(日)決勝日
大人 ゆうえんち入園料
(1,700円)
4,300円
(ゆうえんちモートピアパスポート1日券付)
中・高校生 ゆうえんち入園料
(1,700円)
ゆうえんち入園料
(1,700円)
小学生 ゆうえんち入園料
(800円)
ゆうえんち入園料
(800円)
3歳〜未就学児 ゆうえんち入園料
(600円)
ゆうえんち入園料
(600円)

■グループチケット(税込)(2日間有効)※4月21日(金)も入場可※前売りのみの販売

3名10,800円(1名あたり3,600円) ゆうえんちモートピアパスポート1日券付
4名13,600円(1名あたり3,400円)
5名16,000円(1名あたり3,200円)

■ファミリーチケット(税込) (2日間有効) ※4月21日(金)も入場可

ファミリーチケット
<ゆうえんちモートピアパスポート1日券付>
ファミリーチケット料金
大人1名+小学生以下1名 5,700円(通常より最大1,400円お得)
大人1名+小学生以下2名 7,800円(通常より最大2,400円お得)
大人2名+小学生以下1名 9,500円(通常より最大1,600円お得)
大人2名+小学生以下2名 11,400円(通常より最大2,800円お得)

■VIPスイート・プレミアム<大人・子ども(3歳以上)共通> (2日間有効/観戦券込)

VIPスイート・プレミアム(3歳以上共通)
33,000円

■ホスピタリティラウンジ(2日間有効/観戦券込)

大人 (中学生以上) 3歳~小学生以下
25,800円 -

■ファミリーラウンジ(2日間有効/観戦券込)

大人 (中学生以上) 3歳~小学生以下
25,800円 8,300円

■パノラマルーム(2日間有効/別途観戦券が必要です)

パノラマルーム(1室料金) 4名様(+お子さま2名様)まで利用可・ピットウォーク券付き
43,000円

■パドックパス(2日間有効/別途観戦券が必要です)

パドックパス <大人(中学生以上)> パドックパスJr. <子ども(3歳〜小学生)>
7,200円 2,000円

■ピットウォーク券(各日 別途観戦券が必要です)

大人(中学生以上) 子ども(3歳〜小学生)
2,100円(各日) 無料

チケットの説明
観戦券 全席自由席なのでグランドスタンドをはじめ様々な場所でレース観戦を楽しむことができます。
※一部区画される席もございますので、予めご了承ください。
グループ券 3人以上で観戦すると割安になるお得なチケットです。
オプションチケット ピットウォーク お昼休みの約1時間の間にピットレーンが開放されます。そこに入ることができるのがピットウォークチケットです。
観戦券と組み合わせる必要があるので先に観戦券を購入して、当日ピットウォークチケットを買うかどうか決めることもできます。(前売りで完売の場合は、当日販売はございません。)
パドックパス すべてのチームがレース運営をしている現場がパドックです。そのパドックに入ることができます。マシンのパーツやタイヤ、チーム関係者がそこかしこに現れ、グランドスタンド側とは一変した景色が広がります。普段テレビでしか見られないドライバーもピットとパドックを行き来するのでお目当ての選手に会えるチャンスが広がります。ピットウォークもお楽しみいただけます。
VIPスイート、ホスピタリティラウンジ 屋内で観戦できるというのが最大の魅力です。
もちろん専用のテラス席も用意されているので生のエンジン音を聞きながら観戦することもできます。オプションチケットも最初からセットになっているので、あらゆる場所でレースを満喫することができます。ぜひ、2日間かけて楽しんでいただきたいチケットです。

自分の好きなメーカーやチームを応援しながら観戦

お気に入りのメーカー・チームをみんなで応援しながら観戦できるチケットです。白熱のピットを前にファン同士一丸となって盛り上がろう!
特典として、応援グッズが付いている場合があります。また、応援チケット購入者限定でイベント優先参加などの特典が付いている場合がございます。


まず、レースのどこを見ればいいの?という方
まず、レースのどこを見ればいいの?という方
ズバリ、スタートです。

 スーパーフォーミュラは日本最高峰のレースであるとともに、世界で見てもF1の次に速いと言われるマシンのレースです。
約20台のモンスターマシンが完全に静止した状態から、一斉に1コーナーへ向けて加速するシーンは圧巻の一言!
これさえ見れば、まずは初心者卒業ですね。

そんな貴方には、グランドスタンドでの観戦をオススメします。
特に1コーナー側、スタートライン付近がもっともスタートの迫力を感じることができるのではないでしょうか!


次に、レースなんだから追い抜くシーンをたくさん見たい!という方
次に、レースなんだから追い抜くシーンをたくさん見たい!とう方
ズバリ、シケインのあるQ席。しかも2階のQ2席です。

スーパーフォーミュラはマシンがみんな一緒。そしてエンジン性能もほぼ一緒。
ということで、そんなに簡単に追い抜きはできません!しかし、そんなスーパーフォーミュラでも追い抜くチャンスはあります。
それがシケインです。
かつて、アイルトン・セナとアラン・プロストがF1のシリーズチャンピオンをかけて名勝負を演じた1989年のF1日本グランプリ。
そこで2台のマシンが絡み合うように接触してしまうのですが、このシーンに象徴されるように鈴鹿サーキットのシケインは
まさに勝負を決するに相応しい場所なのです。
男と男の熱い勝負を見たいならシケインです。


レースを見るのは久しぶり、しかも子どもも一緒!という方
ズバリ、グランドスタンド最終コーナー側です。

レースを見る前に、お子様や奥さんが果たして退屈しないでいられるか!?これが心配ではないでしょうか?
つまり、レースの観戦環境を最優先することがポイントです。
まずグランドスタンドは大きな屋根があるので雨が降っても安心です。
そして、お子様優先トイレや喫煙ルーム、ファストフードショップも充実しています。
さらに、人気のレーシングシアターも徒歩3分の位置にあるのでお子様と一緒に遊びに行くこともできます。
グランドスタンドにいると、スタートは1コーナー側、レース中はシケインのQ席、ゴールまでには最終コーナー側の席に戻ってきて、表彰式を見る!といった移動しながらの観戦も楽しみやすいのです。


選手に会ったり、マシンを目の前で見たい!という方
選手に会ったり、マシンを目の前で見たい!という方
まずはピットウォークで雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか!

 初めての方は値段もお手頃のピットウォークチケットをオススメします。
お昼のインターバル中、約1時間の間に直前までマシンが走行していたピットレーンに入ることができるんです。
サッカーで言えば、ピッチサイドに入るようなことです。
チームはお客様のために選手のサイン会やキャンペーンギャルのフォトセッションなどを行いファンサービスを行います。

※枚数限定で人気もあるので前売券の購入をオススメします。


ゆったりと最高の環境で観戦したい!という方
ゆったりと最高の環境で観戦したい!という方
プレミアムエリアをご案内させていただきます。

限定販売のため、一般観戦券ではもちろん入ることはできません。
鈴鹿サーキットホテルの料理長による旬の素材をお楽しみいただけるスペシャルランチ(VIPスイート・プレミアム)をはじめ、様々な特典が付いた最高レベルの観戦環境にてレースを観戦することができます。エアコンの効いた屋内空間はもちろん、見晴らしの良い座席、モニターによる各種情報提供など一度体験すると他では満足できなくなるほどの贅沢を味わっていただけます。


子どもがわいわい騒ぎながらもVIP気分でレースを楽しみたい!という方
ファミリーラウンジがございます。

お子様連れのファミリー限定のラウンジがピットビル2Fにございます。
多少わいわい騒いでも、周りは全員お子様連れの家族ばかりなので、気兼ねなくレース観戦を楽しむことができます。


ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ