2017 NGKスパークプラグ 鈴鹿2&4レース 4月22日(土) 23日(日)
SUZUKA 2&4レース>注目情報>レースビギナーが行く!『鈴鹿2&4女子旅☆』

レースビギナーが行く!『鈴鹿2&4女子旅☆』

いよいよモータースポーツシーズン到来!4月22・23日は鈴鹿サーキットへ!

今年も鈴鹿サーキットのシーズン到来を告げるビッグイベント「NGKスパークプラグ鈴鹿2&4レース」が4月22・23日に行われます。

通常、モータースポーツイベントは4輪と2輪が別々に行われますが、今回は同日開催!ここ数年は、4輪の国内最高峰レースのひとつである「スーパーフォーミュラ」と、2輪の国内トップカテゴリー「全日本ロードレース選手権 JSB1000クラス」がメインイベント!

サーキットでの観戦は、移動も大変だし難しい…というイメージがあるかと思いますが、意外と簡単にアクセスできます!

<<鈴鹿サーキットへのアクセス方法はこちら>>
http://www.suzukacircuit.jp/access_s/

また、最近は2人のように女性同士でサーキットに来て観戦している姿もよく見かけます。現地での楽しみ方も様々。お気に入りの選手を追いかける人もいれば、カッコイイ写真を撮るべくカメラを片手にサーキットを走り回る人も。ゆうえんちもあるため、1日思う存分楽しむことができます!

ぜひ4月22・23日は鈴鹿サーキットへ!

<<鈴鹿2&4レースのチケット情報はこちら>>
http://www.suzukacircuit.jp/2and4/ticket/index.html

鈴鹿2&4レースについてもう少し知りたい方は、こちら!(外部サイト)

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz
【サーキットでしか味わえない魅力がいっぱい!】

野球やサッカーの会場も広くて、その景色に圧倒されますが、サーキットだって負けていません!

特に鈴鹿サーキットのグランドスタンド最上段のV2席は、最終コーナーから1コーナーまで見渡すことができるので、その景色に圧倒される人もいるかもしれませんね。

そして、サーキット観戦の魅力といえばエンジンサウンド!両カテゴリーともに初めて観戦する人にとっては迫力満点です。

さらに「レースの現場を身近に感じてみたい!」という方にはパドックパスがオススメ!

パドックとはピットガレージ裏の各チームの活動拠点となっているエリア。ガソリンの匂いやタイヤの匂い、オイルの匂いなども漂っていますし、同時にレースに向けて忙しく動き回るメカニックの姿など、緊張感が伝わってきます。

これらは絶対にテレビでは100%感じることができないポイントです!

<<鈴鹿2&4レースのチケット情報はこちら>>
http://www.suzukacircuit.jp/2and4/ticket/index.html

鈴鹿2&4レースについてもう少し知りたい方は、こちら!(外部サイト)

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz
【レース観戦以外にも楽しいアトラクションがいっぱい!】

「サーキット=レースをする場所、レースを観る場所」というイメージをお持ちの方も多いでしょう。でも、鈴鹿サーキットはレース以外にも、ついつい行きたくなってしまうスポットがたくさんあります。

まずは、ゆうえんち「モートピア」。よくテレビ中継でも登場する観覧車『サーキットホイール』をはじめ、レーシングドライバーの気分をバーチャル体験できる『レーシングシアター』をはじめ、ファミリーで楽しめるアトラクションから大人の方が楽しめるものまで種類も様々です。

なんと!NGKスパークプラグ鈴鹿2&4レースの観戦チケットには「モートピアパスポート」が1日分付いています。つまり、皆さんがお持ちのチケットで、そのままゆうえんちも遊び放題(1日分)なのです!

ぜひ、この機会を利用して空いた時間に遊びに行きましょう!

さらに鈴鹿サーキットは「グルメを楽しむ」という点でも魅力的な場所。GPスクエアを中心に数多く出店しており、フードの種類も豊富。また国際レーシングコースからは少し離れますが、サーキットホテルへ行くと『ナチュラルビュッフェ そら・たべよ』『SHUN』などレストランも充実しています。

そして、女性の皆さんに人気なのが、『ぶんぶんのパンケーキやさん』。サーキットにいながら、美味しいパンケーキと一緒にカフェタイムを楽しむこともできちゃうのです。

モートピア内のジョイフル広場にあり、レーシングコースからも少し離れているので、エンジンサウンドがうるさくて会話が聞こえない…ということもありません。

もちろん、レース観戦がメインですが、ちょっと時間を見つけて立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

<<鈴鹿2&4レースのチケット情報はこちら>>
http://www.suzukacircuit.jp/2and4/ticket/index.html

鈴鹿2&4レースについてもう少し知りたい方は、こちら!(外部サイト)

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz
【ドライバーやライダーにも会えるイベント盛りだくさん!】

サーキットには、レースの魅力を知ることができるイベントが盛りだくさん!

グランドスタンド裏のGPスクエアでは、ドライバーやライダーが登場してのトークショーを開催。普段はなかなか聞けない話や、プライベートな話も飛び出すなど、参加すると結構面白いです。

こちらは、イベント広場のトークショーに関しては無料で観覧可能。ぜひチェックしてみて下さい!

また土日に開催されるピットウォークも必見!

この「ピットウォーク」とは、普段絶対に立ち入ることができないピットロードが解放され、各チームのメンテナンスしているガレージ前まで行けるというイベント。

整備中のマシンも見られる滅多にないチャンス。このタイミングでマシンを撮りに行こうと、入場待ちをする熱心なファンもいるほどです。

各チームのレースクイーンも登場。彼女たちに会えるのも、サーキットだけ。実際に女性ファンや子供たちもカメラを持って一生懸命撮影している姿をみます。ぜひアナタも挑戦してみては?

そして、参戦ドライバーやライダーもファンサービスで登場し、サインをもらえたり一緒に写真撮ってもらえたり、直接「頑張ってください!」と声をかけられるタイミングです。

チームによって登場スケジュールが異なったり、長蛇の列になって時間切れでサインがもらえない可能性もありますが、お目当ての選手に会える滅多にないチャンスです!

<<鈴鹿2&4レースのチケット情報はこちら>>
http://www.suzukacircuit.jp/2and4/ticket/index.html

鈴鹿2&4レースについてもう少し知りたい方は、こちら!(外部サイト)

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz
【今年の2&4は両レースとも200km勝負!】

レースが始まる前にJSB1000、スーパーフォーミュラのルールを簡単におさらいしておきましょう。

まずはJSB1000。通常はグリッドスタートのスプリントレースなのですが、今回は7月末に行われるコカ・コーラ鈴鹿8時間耐久ロードレースのトライアウトも兼ねているため、通常より200kmのセミ耐久戦になります。

スタートも、7月の本番と同じ「ル・マン式スタート」。コースの反対側からライダーが走ってバイクに駆け寄りスタートをするというものです。

さらに途中には給油などピット作業もあるなど、鈴鹿8耐でも見られるようなシーンも展開されます。

いつもより長いレースになるだけに、ペース配分や戦略なども異なってくるため、各チーム・ライダーの駆け引きも注目です!


そしてスーパーフォーミュラ。今回も鈴鹿サーキットがシリーズ開幕戦の舞台となりました。

いつもは250km以上の距離を走り切るよう周回数設定がされていますが、いつもより“短い”200kmの設定。さらに途中1回のタイヤ交換義務規定が設けられています。

その分、追い抜きを仕掛けるチャンスも少なくなるので、最初から白熱したバトルが見られること間違いなし!

途中1回のタイヤ交換義務があるため、これをどのタイミングで行うかによってレース展開も大きく変わってきそう。今回も最後まで目が離せないバトルになりそうです!

いよいよメインイベントであるレースが始まりますよ!観客席へ急げ!

<<鈴鹿2&4レースのチケット情報はこちら>>
http://www.suzukacircuit.jp/2and4/ticket/index.html

現地観戦の魅力についてもう少し知りたい方は、こちら!(外部サイト)

クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア

Motorz
3月某日、東京都内のオシャレなカフェ。2人の女の子たちが、週末に旅行に行こうと計画している模様。今流行りの「女子旅」ってやつですね。よくよく内容を聞いてみると、行き先は…鈴鹿サーキット?鈴鹿2&4レースを観に行く??ちょっと詳しくみてみましょう!
レースビギナーが行く!『鈴鹿2&4女子旅☆』
  • そうだ!サーキット行こう!!

    そうだ!サーキット行こう!!

  • やって来ました!鈴鹿サーキット!

    やって来ました!鈴鹿サーキット!
  • 遊園地やグルメも楽しめちゃう!

    遊園地やグルメも
    楽しめちゃう!
  • イベントも要チェック!

    イベントも要チェック!

  • ズバリ☆レースの見どころは!?

    ズバリ☆レースの見どころは!?

作者プロフィール

名前:大山美保 三重県出身の元レースクイーン。
現在はモデル活動をしながらイラストレーターとしても活動中。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ