SUZUKA 2&4レース

スーパーフォーミュラ開幕戦は300kmにレース距離延長。2スペックタイヤとあわせピット戦略はどう分かれる?

スーパーフォーミュラ開幕戦は300kmにレース距離延長。2スペックタイヤとあわせピット戦略はどう分かれる?
 4月21日(土)〜4月22日(日)に鈴鹿サーキットで開催される全日本スーパーフォーミュラ選手権の2018年シーズン開幕戦。2018年シーズンの勢力図が明らかになる大事な初戦である。注目点はもちろんチャンピオン争い、そしてドライバー同士の戦いになりがちだが、今回は少し違った点から開幕戦の見どころを紹介したい。
 
 スーパーフォーミュラをはじめ、全日本F3選手権やF1などのフォーミュラレースはドライバー同士の腕が物を言うドライバーズレース。2017年シーズンを戦い抜いたベテラン勢に、松下信治や福住仁嶺といった“海外武者修行組”がどう挑むのかが気になるところ。

 今年はドライバー以外でも注目どころが多く、そのなかでも今回注目したいのは第1戦鈴鹿の『レース距離』とシーズンを通して採用される『2スペックタイヤ制』だ。

 2018年シーズン開幕戦となる鈴鹿では今年、レース距離の延長が発表された。2017年シーズンの開幕戦は約203km、周回数にして35周だったのに対し、2018年シーズンは300kmに延び、52周の周回数で争われる。

 レース距離が伸びれば、各チームがピットに入るタイミングにも差が生まれ、レースに動きが生まれやすくなる。加えてレース展開に大きな影響を及ぼす要因が、2018年シーズンから全大会で導入される『2スペックタイヤ制』だ。

 スーパーフォーミュラのタイヤは2016年からヨコハマタイヤのワンメイク。これまでレースウィークで使えるタイヤは基本的に1種類だったが、2016年の第4戦もてぎ、2017年の第4戦もてぎと第5戦オートポリスで試験的にソフトとミディアムというスペックの異なるタイヤが供給されている。

 その2種類のタイヤが予選からチームの戦略を分け、レースを盛り上げた。2016年の第4戦もてぎでは予選Q1でソフトタイヤを温存した関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がポール・トゥ・ウィンを飾っている。

 そして翌2017年の第4戦もてぎ。2018年シーズンからF1ドライバーとなったピエール・ガスリーの初優勝が注目を集めたが、その一方で見事なオーバーテイクショーを披露し観客を沸かせたのがREAL RACINGの塚越広大だった。

 多くのチームが1ピット作戦をとるなか、塚越は2スペックタイヤ制を活用して2ピット作戦を敢行。この戦略が見事的中し、スタートミスにより最後尾から追い上げる展開だったにもかかわらず、塚越はオーバーテイクを連発して最終的に9位まで順位を上げてみせた。

 さらに第5戦オートポリスでは、SUNOCO TEAM LEMANSのフェリックス・ローゼンクヴィストと大嶋和也が驚きのピット戦略を披露した。54周の周回数のなかでローゼンクヴィストが4周終了時点、大嶋が5周終了時点でピットインしてタイヤをミディアムからソフトに交換。

 この時点では2ピットストップ作戦かと思われたが、そこから残り約50周をソフトタイヤで走り切り、フェリックス・ローゼンクヴィストが2位、大嶋が3位表彰台を獲得してみせたのだ。

 ソフトタイヤで50周以上という周回数は、ライバルの想定を大きく上回るもの。ドライバーのスキルはもちろんだが、この周回数を走りきれると判断したチームの力が発揮されたレースでもあった。

 このように1スペックタイヤ制に比べて、2スペックタイヤ制はチームが採る戦略の選択肢が大幅に増えるため、レースの展開にも大きな動きが生まれる。レース距離の延長と2スペックタイヤ制というふたつの要素が重なる、2018年シーズン開幕戦鈴鹿大会は、これまで以上に中身の濃いレースが展開されるだろう。

 2018年スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿は、昨年の開幕戦とはひと味違った興奮が味わえるに違いない。各ドライバーが演じるコース上での戦いはもちろん、ピットインのタイミングや回数にもぜひ注目して観戦してはいかがだろうか。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ