SUZUKA 2&4レース

Enjoy Honda 2018 スペシャルコンテンツ

なりきり!MotoGPTMライダー

MotoGPTMマシンにまたがり、臨場感あふれるハングオン走法を体感!

バイクレースなどでカーブを走行する際、旋回力を高める独特の姿勢ハングオン。会場には、MotoGPTMと同じ約60度まで傾けた状態のRC213Vを設置。応援するライダーの姿勢を再現したり、自分だけのハングオンを決めたりと、記念撮影のイチ押しポイントです。

参加方法 当日、実施場所にて先着順でご参加いただけます。
※開催時間の都合により、ご参加いただけない場合がございます。
参加条件 身長130cm以上の方に限ります。

トライアルバイクショー

目の前で繰り広げられるダイナミックなバイクトリックに大興奮!

プロライダーが専用のマシンを手足のごとく操り、人間の背丈ほどもある障害物を駆け上ったり、飛び越えたり!前輪を大きく持ち上げるジャイアント・ウィリーや、後輪を浮かせるジャックナイフなど、究極のバイクテクニックを次々に披露します。

参加方法 当日、どなたでもご覧いただけます。
参加条件 制限なし

なりきり!トライアルライダー

トライアルバイクにまたがりプロライダーの凄技を体感しよう!

そびえ立つ岩の上を舞い、土の急斜面を駆け上がる二輪マシンの戦いトライアル。中でも高難易度といわれるテクニック、前輪を大きく持ち上げるウィリーと、後輪を高く跳ね上げるジャックナイフを、実物のトライアルバイクにまたがって体験できます。来場記念の撮影ポイントにもってこい!

参加方法 当日、実施場所にて先着順でご参加いただけます。
※開催時間の都合により、ご参加いただけない場合がございます。
参加条件 身長130cm以上 / 体重100kg以下の方に限ります。ブーツまたはスニーカー(サンダルやハイヒールなどは不可)でご参加ください。
※写真撮影のみ、身長130cm以下のお子様もご参加いただけます。

ストライダー de レース体験

ストライダーを使った模擬レースが楽しめます!

足で地面を蹴って進む全く新しいコンセプトのランニングバイク「ストライダー」。 そんなストライダーを使った模擬レースが楽しめるのが「ストライダー de レース体験」です。乗り始めのお子さまから気軽にご参加いただけます。

参加方法 当日、実施場所にて先着順でご参加いただけます。
※開催時間の都合により、ご参加いただけない場合がございます。
※当プログラムは個人のストライダーでのご参加は出来ません。事務局にてご参加に必要な道具一式をレンタルいたします。
参加条件 2歳以上〜5歳以下のお子様が対象です。動きやすい服装でご参加ください。
※ヘルメット・ひじパッド・ひざパッド・グローブをレンタルいたしますので必ず装着のうえ、ご参加いただきますようお願いいたします。
※必ず保護者(高校生以上)の方とお子様、二人一組でご参加ください。
※事前に誓約書へのご記入が必要です。
※誓約書は、Enjoy Honda 「ストライダー de レース体験」ページにてダウンロードください。

ストライダー試乗会

2歳から乗れる!子どもたちに大人気のランニングバイク試乗会

ストライダー試乗会を実施いたします。幼児期から楽しめる、自分の足で地面を蹴って進む、まったく新しいランニングバイク「ストライダー」にチャレンジしよう!

参加方法 当日、実施場所にて先着順でご参加いただけます。
※開催時間の都合により、ご参加いただけない場合がございます。
※当プログラムは個人のストライダーでのご参加は出来ません。事務局にてご参加に必要な道具一式をレンタルいたします。
参加条件 2歳以上〜5歳以下のお子様が対象です。動きやすい服装でご参加ください。
※ヘルメット・ひじパッド・ひざパッド・グローブをレンタルいたしますので必ず装着のうえ、ご参加いただきますようお願いいたします。
※必ず保護者(高校生以上)の方とお子様、二人一組でご参加ください。
※事前に誓約書へのご記入が必要です。
※誓約書は、Enjoy Honda 「ストライダー試乗会」ページにてダウンロードください。
ファミリーイベントの他にも楽しいイベントが盛りだくさんの「Enjoy Honda 2018」。 詳しくは、バナーをチェック! Enjoy Honda 2018

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ