SUZUKA 10 HOURS
SUZUKA 10 HOURS>イベント情報>#鈴鹿でリア10 5分で読めるSUZUKAビギナーズガイド

#鈴鹿でリア10
5分で読めるSUZUKAビギナーズガイド

「泡トラ」、「SUZUKA 10H」興味あるけど、鈴鹿サーキットってどんなところ?
そんな疑問を解決する #鈴鹿でリア10 5分で読めるビギナーズガイドを大公開
その1 なんといっても「#泡トラ」

泡とデコトラをコラボレーションした前代未聞の夏フェス。昼間は青空の下で、夜はデコトラの光を加えて、新たなフェスとして開催!SNS映え間違いなし!
詳しくはこちら

その2 一度見たらハマっちゃう?「#SUZUKA 10H」

音、スピード、匂い、振動。五感で楽しめる「非日常のレース」。しかも、走るのは世界の高級車をベースとしたレーシングカー。
詳しくはこちら

その3 食事もフェス級 しのぎを削るもう一つの戦い「FF1グランプリ」

腹が減っては楽しめない。イベント会場の真横にファストフード店舗が多数出展。ご当地グルメから、定番メニューまで品ぞろえ豊富!

その4 SNS映え確実 デカ盛りメニュー

夏にぴったりのデカ盛りクールダウンメニューをご用意。みんなで食べれる約10人前のかき氷にスイカを丸ごとのせたジャンボかき氷登場!食べる前にスイカ割り必須!他にも4玉の麺にかき氷を盛付けたデカ盛りつけ麺も。
詳しくはこちら

その5 プールでクールダウン

レーシングコースから徒歩で5分。もっとクールダウンしたい人におススメ、鈴鹿サーキットのプール「アクア・アドベンチャー」。お子さま連れにはピッタリ!
詳しくはこちら

その6 運動不足解消にはもってこい。一石二鳥レース見ながらウォーキング

イベント広場(GPスクエア)が面している東コースエリアだけでも、約2.2km。歩きながら、色んな観戦席でレースを観るのも、一つの観戦スタイル。水分補給は忘れずに!
詳しくはこちら

その7 新たなチャレンジ「レースの撮影」

カメラ男子・カメラ女子必見。レースの撮影は難しい。没カットばっかりでも、上手く撮れた時の感動は一生モノ。メモリの確保と、上手く撮れた写真はSNSに投稿することを忘れずに!
鈴鹿サーキット公式Instagramはこちら(外部サイトに移動します)

その8 大人も楽しいゆうえんち「モートピア」

世界でも類を見ないゆうえんちが併設されているサーキット。「モートピア」には子どもだけではなく、大人でも楽しい機種もある!おススメは、DUEL GP、レーシングシアター、サーキットホイール!
詳しくはこちら

その9 実は公共交通機関で行きやすい

実は電車とバスの組み合わせで、簡単に行ける鈴鹿サーキット。近鉄名古屋線白子駅からの、臨時バスがおススメ。みんなで移動するなら、タクシー相乗りもアリかも?
詳しくはこちら

その10 これだけ楽しめてお値段ナント・・・

泡トラに参加できて、レースも見れて、食事も楽しめて、ゆうえんちで遊べて、写真も撮れて、運動もできて、最高の思い出を作ることができる、前売観戦券は大人5,700円。みんなで誘い合ってグループでの来場であれば、もっとお得に。
詳しくはこちら

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ