SUZUKA 10 HOURS
SUZUKA 10 HOURS>イベント情報>鈴鹿モータースポーツフェスティバル

鈴鹿モータースポーツフェスティバル

「鈴鹿10時間耐久レース(SUZUKA 10H 8月26日決勝)」に先立ち、8月23日(木)に、イオンモール鈴鹿と鈴鹿市道加佐登鼓ヶ浦線(通称サーキット道路)を舞台に、「鈴鹿モータースポーツフェスティバル」を開催!
日時 8月23日(木)10:30-16:00 ※予定
場所 イオンモール鈴鹿(鈴鹿市庄野羽山4丁目1-2)
鈴鹿市道加佐登鼓ヶ浦線(通称サーキット道路)
主催 鈴鹿市
協力 イオンモール鈴鹿、鈴鹿サーキット
協賛 本田技研工業株式会社、住友電装株式会社、株式会社NIPPO、株式会社トーエネック Honda Cars三重北、株式会社オートモール、JAF(一般社団法人日本自動車連盟)、イケダアクト株式会社、中日新聞 鈴鹿・亀山販売店会、NPO法人 鈴鹿モータースポーツ友の会 他

タイムスケジュール

※イベントは天候などの状況により、予告なく中止・変更などが発生する場合がございます。

〜交通安全を世界へ〜 鈴鹿10H レーシングカーパレード

日時 8月23日(木)11:30-12:15頃 ※交通規制時間:8月23日(木)11:00-12:30 ※予定
場所 鈴鹿市道加佐登鼓ヶ浦線(通称サーキット道路)
区間 鈴鹿サーキット モータースポーツゲートから、イオンモール鈴鹿の往復
距離 約6.6km(往復)

SUZUKA 10Hに出場するレーシングマシンが、鈴鹿サーキットのモータースポーツゲートを出発し、イオンモール鈴鹿を目指し、通称サーキット道路をパレード走行!

〜交通安全を世界へ〜 鈴鹿10H レーシングカーパレード
参加車両・ドライバー(PDF306KB)

8月23日(木)鈴鹿10Hレーシングカーパレード開催にあたり、周辺道路で交通規制が実施されます。
・鈴鹿モータースポーツフェスティバル公道パレード 交通規制ご協力のご案内(PDF:1,212KB)
・鈴鹿市役所ホームページ

SUZUKA 10Hレーシングカープレゼンテーション

場所 イオンモール鈴鹿 第2駐車場内特設会場
公道パレードに参加した全車両が、イオンモール鈴鹿第2駐車場内特設イベント広場にて、それぞれの車両を紹介するイベントを開催。パレード車両に参加した車両のうち、一部車両はイベント広場にて展示され、公開車検に加え、参戦ドライバーによるサイン会も実施されます。

公開車検対象チーム

#00 Mercedes-AMG Team GOOD SMILE (Mercedes-AMG GT3)
#06 AUDI SPORT TEAM WRT (Audi R8 LMS)
#07 Bentley Team M-Sport (Bentley Continental GT3)
#10 Honda Team MOTUL (Honda NSX GT3)
#018 KCMG (NISSAN GT-R NISMO GT3)
#37 Callaway Competition with BINGORACING (CORVETTE C7 GT3-R)
#44 Strakka Racing (Mercedes-AMG GT3)
#58 Garage 59 (McLaren 650S)
#88 JLOC (LAMBORGHINI HURACAN GT3)
#911 Manthey-Racing (PORSCHE 911 GT3R)

Made in SUZUKA レーシングマシン展示

場所 イオンモール鈴鹿 第2駐車場内特設会場
モータースポーツが文化として栄える街。そんな鈴鹿市内に拠点を構える2輪・4輪チームのマシン展示や、エンジン始動や、タイヤ交換デモンストレーションなど、体験コーナーを実施!

クロスバイク ビッグジャンプ パフォーマンス

場所 イオンモール鈴鹿 第2駐車場内特設会場
フリースタイルモトクロス(FMX)のハイパーパフォーマンス。空中で繰り広げられる、アクロバティックなパフォーマンスは、圧巻。この必見のチャンスを見逃すな!

鈴鹿モータースポーツフェスティバル ご協賛各社

本田技研工業株式会社
住友電装株式会社
株式会社NIPPO
株式会社トーエネック
Honda Cars三重北
株式会社オートモール

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

ページトップへ

モータースポーツ

(c) Mobilityland Corporation All Rights Reserved.
Kochira (Kochira family) is an original character of MOBILITYLAND designed by Mr. Osamu Tezuka. (c)TEZUKA PRODUCTIONS

ツインリンクもてぎ